北里大学大学院感染制御科学府

北里大学 北里生命科学研究所 大学院 感染制御科学府


  • トップ
  • 研究所概要
  • 研究室紹介
  • セミナー・講演会
  • 学府長メッセージ
  • 学府概要
  • 学府入試案内
  • 学府専門分野

学府長メッセージ

トップ 大学院感染制御科学府 学府長メッセージ

ノーベル生理学医学賞 受賞おめでとうございます

 大村 智 先生

   2015ノーベル生理学・医学賞の受賞、本当におめでとうございます。

   大村 智先生は、社団法人北里研究所の基礎研究所を中心に、感染症、創薬、ワクチン及び和漢薬などの研究部門を統括し、北里大学の附置研究所として設立する準備を始められ、平成13(2001)年に北里生命科学研究所を設立後は、初代所長を務められました。 レベルの高い基礎研究とこれに基づく応用研究を展開できるように、研究に専念できることを設立の趣旨・理念としてスタートした北里生命科学研究所は、1914年に北里柴三郎先生が創設された北里研究所の DNAを引き継いでいます。
   大学院感染制御科学府は、これらの研究に基づく大学院教育を行うために、平成14(2002)年に開設され、大村 智先生は初代学府長として、21世紀COEプログラムの採択と実施にご尽力されるなど、北里生命科学研究所と大学院感染制御科学府の礎を築かれました。

   大村先生は、受賞のコメントとして「イベルメクチンの発見は幸運で微生物に感謝します。」と述べられています。
   ローベルト・コッホ先生、北里柴三郎先生と並ぶルイ・パスツール先生は、ジェンナーの種痘の偉業をたたえる会で、“Where observation is concerned, chance favors only the prepared mind.” と言われたとのことです。(努力している人にのみ幸運は訪れると訳すればいいのでしょうか) 。
   この幸運に、サイエンスの基盤を与えてきた大村 智先生とその研究グループに敬意を表します。
   往々にして近視眼的に基礎研究の成果が求められる時代ですが、北里生命科学研究所と大学院感染制御科学府は、基礎研究の楽しさ、感動を伝えて行きたいと思います。

 大学院感染制御科学府 学府長
 北里生命科学研究所 所長   森川 裕子

学府長・所長あいさつ

 感染症の制圧をめざして

   北里生命科学研究所と大学院感染制御科学府は、1914年に「近代医学の祖」である北里柴三郎先生が設立された北里研究所を受け継いだ直系の研究・教育組織です。北里先生の理念である「報恩」や「叡智と実践」すなわち「研究を世の中のために役立てる」という伝統を継承し、感染症を制圧するための基礎研究や開発研究を行いながら、次世代の研究者を育成しています。感染病原体の解析やその感染現象を明らかにし、知識を社会に還元すべく感染予防のためのワクチンの開発研究や治療のための創薬研究を展開しているのです。こうして感染症制圧に一貫して取り組んできた中で、2015年に嬉しい出来事がありました。北里生命科学研究所と大学院感染制御科学府を設立し、その初代所長に就任し学府教員をも務められた大村智先生が、抗寄生虫薬エバーメクチンの発見とイベルメクチンの合成で「ノーベル生理学・医学賞」を受賞されたのです。大村先生が自ら示されたように「幸運は努力する人にのみ訪れる」のであり、それは北里柴三郎先生の偉業を継承するものです。

   北里生命科学研究所では、病原体の感染機構や病原性の発現メカニズムの解析、標的分子の解明と治療薬の創製、流行疫学調査と予防ワクチンの設計開発、組換えウイルスベクターの開発や物質生産のための放線菌の遺伝子改変など、感染症制御に関する多彩な研究を行っています。大学院感染制御科学府では、「問題解決型の研究姿勢と広い視野をもつ研究者の育成」を目標として、北里生命科学研究所を研究現場とした「研究と教育の相互乗入れシステム」を取っています。学府生は講義で専門分野や関連分野の専門知識を学ぶだけでなく、生命研の研究に参加することで研究ノウハウや世界の最先端技術を習得していきます。また、生命研の擁する熱帯病研究センターや微生物資源センター、感染制御研究センターとの連携も大学院教育に厚みを与えています。

   北里研究所は、私達は紀元前の時代から感染症の驚異に曝され、翻弄されてきました。エジプトのピラミッドから発掘されたミイラには天然痘の跡が残っています。我が国でも平安時代以来、麻疹やインフルエンザ、コレラの大流行が繰り返し襲っています。現代ではこれらに加え、AIDSやノロウイルスといった今までになかった新興感染症や薬剤耐性細菌も登場してきました。一方、海外に目を向けると、東南アジアにおける高病原性鳥インフルエンザ、西アフリカにおけるエボラ出血熱、韓国におけるMERS、南米でのジカウイルス感染症と、枚挙に暇がありません。グローバルな社会で生きる私達はこのような感染症にも注意を払い、その予防と治療対策を準備しておかねばなりません。国内外の研究機関との共同研究はもとより、北里の伝統である「世の中ために」という精神に基づき、国際貢献としての海外研究協力を行っています。

   北里先生、大村先生に続くさらなる飛躍を目指して、大学院感染制御科学府で学び、共に感染症制圧の研究に邁進しましょう。私達教職員は全力でサポートします。

 大学院感染制御科学府 学府長
 北里生命科学研究所 所長   森川 裕子