学府博士前期(修士)課程

カリキュラム

特色あるカリキュラム

ネットワーク型教育

  専攻する分野の主科目、輪講、特別研究を通じた研究指導を受けますが、他分野の主科目も3科目以上履修し、副科目や関連科目として本学の他研究科の授業科目も履修するなど、様々な専門分野の知見を得ることによって総合的視点での問題発見能力、問題解決能力を身に付けることができます。
  また、北里生命科学研究所のプロジェクト研究に参加して、研究の最前線を経験することによって実践的研究能力を育むことができます。

基本技術講座

  微生物、分子生物、生体機能分子、細胞生物、実験動物、活性物質、コンピュータ利用法に関し、入学者全員が7日間の特別演習を受講します。
  また、コンピューター・ネットワーク説明会、図書館の利用説明会、安全講習会(化学物質取扱、微生物等の取扱)も、両コース(感染制御・免疫学履修コースと創薬科学履修コース)の入学者全員が受講します。

感染制御科学特別講義

  全ての主科目について、担当教授がオムニバス形式で、「抗感染症薬を始めとする医薬品の開発-探索から臨床評価まで-」、「感染症の歴史と未来へのchallenge」をテーマに最新の知見を講義します。 専攻に関わらず感染制御・免疫学履修コースと創薬科学履修コースとも、必ず受講します。

特別講義 (特別講演会、シンポジウム、セミナー)

  北里生命科学研究所・感染制御科学府が主催、または北里大学等が開催する、第一線で活躍している国内外の研究者によるシンポジウムやセミナー、各種講演会を特別講義として積極的に取り入れ、これらの聴講を通じて最新の科学情報を提供するとともに、討議を通じて国際感覚の涵養を図ります。

中間発表会

  1年目の3月上旬頃に、特別研究の中間発表会を行います。

講義アンケート

  平成15(2003)年度より、感染制御科学府の専任及び非常勤教員を対象とした 「授業改善のためのアンケート」 を実施しております。
 履修した大学院学生が、その講義を担当した教員に対し、講義の判りやすさ、プレゼンテーションや配布資料の内容等について、意見、感想、改善希望等を記す方式で行っています。
 この結果は、任期制教員の教員評価に反映されると共に、担当教員のポテンシャルや講義の改善等にもつながります。

単位認定・修了要件

履修方法・単位認定

  • 履修方法
    (1) 指導教員の指導を受けて履修しようとする授業科目を選定し、指導教員の承認を得て履修登録を行います。
    (2) 履修すべき32単位以上は、主科目、輪講 I、特別研究 I、特別講義(感染制御科学特別講義)、特別演習(基本技術講座)の外、副科目と関連科目から選択します。
    詳細は 「大学院感染制御科学府学修要領」 を参照してください。
    (3) 特別な事情がある場合、指導教員の承認を得て北里大学各学部の授業科目を履修することができます。
    ただし、課程の修了要件単位には加算せず、上乗せ認定単位となります。

  • 単位認定
      授業科目を履修し、当該授業科目の試験に合格した者は、感染制御科学府の定めるところにより所定の単位を与えます。

  • 試験及び成績評価
      履修した授業科目の試験は、所定の期間内に行う。 ただし、平常の成績をもって試験の成績に代えることができる。
      成績は、授業科目の「シラバス」の評価基準の項に記載した方法を適用して評価し、優(100点~80点)、良(79点~70点)、可(69点~60点)、不可(59点以下)の4段階とし、不可を不合格とします。

修了要件

  博士前期(修士)課程に2年(転入学、再入学の場合は在学すべき年数)以上在学し、30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、感染制御科学府の行う修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
 ただし、在学期間に関しては、「優れた業績をあげた者については、博士前期(修士)課程に1年以上在学すれば足りるものとする」 ことができます。

  • 学位論文の審査
      学位(修士)論文の審査その他学位に関する事項は、北里大学学位規程によります。

年間予定

標準スケジュール

  博士前期(修士)課程における、2年間の標準的なスケジュールです。

  主な行事
1年目 4月 健康診断、オリエンテーション、説明会
基本技術講座
感染制御科学特別講義
4月

6月
講義、輪講開始 (講義は前期に集中して行います)
特別研究テーマ (論文テーマ)の決定、特別研究 開始
中間報告 (輪講で特別研究テーマの報告を行います)
3月 中間発表会 (特別研究(修士論文)テーマの中間発表)
2年目 2月 修士論文発表会、判定会議
3月 修了証書授与 (学位記授与式)

修士課程特別研究中間発表会

演台の登壇者
プレゼンテーション風景
聴衆の様子
発表を聴く学生たち
客席からの質問
舞台上の発表者

学位授与・進路

学位授与

  博士前期(修士)課程は、修士(感染制御科学)、修士(生命科学)の学位を、2017年度までに計277名に授与しています。

修士論文発表会

客席に座る学生たち
司会進行者
舞台上で発表する学生たち
聴衆の集合写真
プレゼンテーションを聴く学生たちと先生
質問者と発表者

学位授与者の進路

進 路 主な就職先(進学)
進学・留学  大阪大学大学院、北里大学大学院、筑波大学大学院、東京大学大学院
  東京医科歯科大学大学院、長崎大学大学院 など
製薬・化学系企業  アステラス製薬株式会社、味の素株式会社、栄研化学株式会社
  大塚製薬株式会社、株式会社明治、株式会社ツムラ、株式会社シノテスト
  株式会社ミノファーゲン製薬、杏林製薬株式会社、参天製薬株式会社
  大鵬薬品工業株式会社、武田薬品工業株式会社、田辺製薬株式会社
  東レ株式会社、東京化成工業株式会社、ライオン株式会社、シミック株式会社
  北里第一三共ワクチン株式会社、日本たばこ産業株式会社、テルモ株式会社
  協和発酵工業株式会社、曽田香料株式会社、デンカ生研株式会社 など
公務員・病院等  亀田総合病院、九州大学病院、慈恵会医科大学付属柏病院
  筑波大学附属病院、東京都赤十字血液センター
  (独)医薬品医療機器総合機構、(独)理化学研究所、(財)結核予防会
  厚生労働省検疫所、群馬県・川崎市・松本市職員 など

※ 順不同