北里大学大学院感染制御科学府

北里大学 北里生命科学研究所 大学院 感染制御科学府


  • トップ
  • 研究所概要
  • 研究室紹介
  • セミナー・講演会
  • 学府長メッセージ
  • 学府概要
  • 学府入試案内
  • 学府専門分野

感染制御科学府 概要

トップ 大学院感染制御科学府 学府概要感染制御科学府 概要

人材養成目的

  感染制御科学府は、感染症と関連重要疾病の制御及び創薬に関する教育と研究を行うため、学際的な体制と高度技術を備え、特に予防と治療法に焦点をあてた学術研究と人材育成を目的とする。
そのための教育研究上の目的は、

(1) 病原微生物の感染機構及び感染症の病因・病態の解明
(2) ゲノム解析に基づく感染症の診断・予防・治療の標的分子の解明
(3) 先端工学を応用した診断・予防・治療方法の確立
(4) 微生物・植物等の天然物由来生物活性物質の探索
(5) 有機化学合成等を利用した構造活性相関の解明と予防・治療薬の創製
(6) 感染制御に関わる調査研究
としています。

教育基本方針 (カリキュラム・ポリシー)

  教育基本方針は、生命科学分野における感染症と関連重要疾病の制御及び創薬を目指し、学際的で高度技術を備え、問題解決能力を持った、専門家の育成を目的とします。
そのため、教育課程編成は 「ネットワーク型教育」 の展開を基軸とし、

≪修士課程≫

(1) 専門分野の知識を習得し、生命科学にかかわる分野の研究能力と高度な専門性を必要とする職業を担うための能力を身につけることを目的とします。
(2) 指導教授の指導の下、輪講、特別研究を通じ修士論文を完成し、生命科学にかかわる分野の自己の研究成果、意義について客観的に把握する能力を身につけることを目的とします。

≪博士後期課程≫

(1) 専門的研究者として自立できる能力と、指導的な高度専門職業人としての能力を身につけることを目的とします。
(2) 指導教授の指導の下、博士論文の完成に向け、綿密な研究計画書、研究報告書を提出し研究を計画的に進め、生命科学にかかわる分野のエキスパートとしての能力を身につけることを目的とします。

学位授与方針 (デュプロマ・ポリシー)

感染制御科学府は、感染症と関連重要疾病の制御及び創薬に関する教育と研究を推進し、生命科学分野における社会の要請に資する専門家の育成を組織的に行っている。
そのため、

≪修士課程≫

豊かな人間性を有し、感染症と関連重要疾病の制御及び創薬に関する学術研究を理解すると共に、幅広い専門知識と技能及び応用力を身につけていることを重視する。
そのための学位授与方針は、国際的視野で物事を考え、社会の要請に対応できる能力を持つこととする。

≪博士後期課程≫

豊かな人間性を有し、感染症と関連重要疾病の制御及び創薬に関する学術研究を推進すると共に、幅広い高度専門知識と卓越した技能及び応用力を身につけていることを重視する。
そのための学位授与方針は、独創的な研究展開を行うと共に、他の領域の研究者とも交流し、国際的視野で物事を考え、国際社会の要請に対応できる能力を持つこととする。

入学希望者の方へ

 【 博士前期(修士)課程 】

 

 【 博士後期(博士)課程 】

博士前期(修士)課程

  入学直後に、「基本技術講座」 を受講し、特別研究を行う上で基礎となる実験技術についての演習を行います。 さらに、主科目を担当する教授のオムニバス形式による担当分野に関する最新の知見について、「感染制御科学特別講義」 を受けます。

  副科目や関連科目として、本学の他研究科の講義科目も履修する等、様々な関連専門分野の知見を得ることによって、総合的視野での問題発見能力、問題解決能力を養います 。

  感染制御・免疫学履修コースと創薬科学履修コースの2コースがあります 。

履修コース 主 科 目
感染制御・免疫学履修コース  ワクチン学 I、 分子ウイルス学 I、 分子細菌学 I
 病原細菌学 I、感染症学 I
創薬科学履修コース  微生物創薬科学 I、 生物有機化学 I、 和漢薬利用科学 I
 細胞機能制御科学 I、 微生物機能科学 I

修士課程特別研究中間発表会

  

  

博士後期(博士)課程

  入学直後に、コンピューター・ネットワーク説明会、図書館の利用説明会、安全講習会(化学物質の取扱、微生物等の取扱)を受講します。
学府以外からの進学者で希望する場合は、特別演習(基本技術講座)を受講することができます。

  感染制御・免疫学履修コースと創薬科学履修コースの2コースがあります 。

履修コース 主 科 目
感染制御・免疫学履修コース  ワクチン学 II、 分子ウイルス学 II、 分子細菌学 II
 病原細菌学 II、感染症学 II
創薬科学履修コース  微生物創薬科学 II、 生物有機化学 II、 和漢薬利用科学 II
 細胞機能制御科学 II、 微生物機能科学 II

日本学生支援機構

  日本学生支援機構の「第一種奨学金(無利子貸与)」「第二種奨学金(有利子貸与)」の2種類があり、感染制御科学府の設立以来、平成23年度(2011年)までに、計107名の学生が貸与されています。

奨学金貸与者
博士前期 (修士) 課程 91名
博士後期 (博士) 課程 16名

日本学術振興会 (特別研究員)

  日本学術振興会の特別研究員制度(DC1、DC2、PD)を利用し、感染制御科学府の設立以来、平成23年度(2011年)までに博士後期(博士)課程修了者を含め、計11名が採用されています。

DC1 DC2 SPD
博士後期 (博士) 課程  3名 5名 3名 11名

注: SPDは在学生以外も含みます。

北里大学奨学金制度

  主たる家計支持者の失職、死亡又は災害による家計急変その他経済的理由により、学費の支弁等に支障を生じた学生に対する、学業継続を目的とした支援制度です。

  給付型奨学金による支援制度です。

  貸与型奨学金で、奨学生が修了1年後から、貸与された奨学金の全額を、月賦又は年賦により返還する支援制度です。

長期履修学生制度

  博士後期(博士)課程には、働いているために勉強時間の確保が困難などの事情がある場合は、入学から修了までの期間を最高5年間に設定して履修することが可能な、長期履修学生制度があります。

TA(ティーチングアシスタント)・RA(リサーチアシスタント)

  大学院の教育研究の充実新興、学部教育の充実、後継者の育成を図るため、ティーチング・アシスタント(TA)制度を設けています。 対象は、博士後期(博士)課程の在籍者です。

  研究活動の効果的推進、研究体制の充実及び若手研究者の研究遂行能力を育成するため、リサーチ・アシスタント(RA)制度を設けています。

  対象は、博士後期(博士)課程の在籍者で、北里生命科学研究所等における公的研究費や受託研究費等の研究に、研究補助者として参画します。

人権侵害(ハラスメント)防止への取り組み

  北里大学は、すべての学生が個人として尊重され、適正で快適な環境のもとで学業に専念できるよう、人権侵害行為の防止と対策に取り組んでいます。

  本学のこの姿勢は、『人権侵害防止宣言』 および 『人権侵害(ハラスメント)防止のためのガイドライン(指針)』 において表明しています。

  人権侵害と思われる行為を受け悩むような場合は、人権侵害防止相談員や学生相談室に相談してください。

                         【 人権侵害防止宣言

  学校法人北里研究所は、ここに集い、教育・学習、研究、医療等の諸活動に携わる全ての学生および職員等が、個人として尊重され、いかなる人権侵害も受けることなく、適正で快適な環境のもと、個性と能力が発揮できる権利を保障します。
  この目的を達成するために、本法人は、人権侵害の防止と対策に万全の配慮を行い、学内環境の維持と向上に最善を尽くすことを宣言します。

 平成23年 4月 1日                                  学校法人 北里研究所

健康安全への対応

  感染制御科学府の学生は、入学年度から毎年4月、定期健康診断を受けなければなりません。
就職や進学の際に必要な「健康診断証明書」は、定期健康診断の結果に基づいて作成いたします。
遺伝子組換え実験等を行う場合に必要な健康診断は、秋の健康診断の際に行います。

  充実した学生生活をすごすには、まず心身の健康が基本ですが、時には健康を損ねることや、自分だけでは解決できない悩みが生じることもあるかもしれません。
そんな時の助けとなるように、健康管理と健康相談については保健室・健康管理センターが、また個人的な悩みについては学生相談室が設けられ、専任のカウンセラーや職員が対応します。
また、保健室等で対応できない怪我等の場合は、学校法人北里研究所の北里研究所病院や大学病院に受診することができます。

  北里大学は、公益財団法人日本国際教育支援協会の学生教育研究災害傷害保険制度に加入しており、教育研究活動中、課外活動中あるいは通学途中の不慮の事故等に備え、その程度に応じて見舞金が支払われる等、学生教育研究災害補償にを行う体制を整えております。

学 位 授 与

  博士前期(修士)課程は、平成27年度までに、修士(感染制御学)、修士(生命科学)の学位を、計251名に授与しています。

  博士後期(博士)課程は、平成27年度までに、博士(感染制御学)、博士(生命科学)の学位を、計39名に授与しています。

学位授与者の進路

  感染制御科学府の修了者には、感染制御と創薬に関する高度専門技術者や研究者として、次の分野での活躍が期待されています。

・ 医薬品、バイオ、化学、食品等の企業における製造技術者、開発担当者や研究者
・ 医学、医療保健系、生物化学、生命科学分野等の学術研究機関における研究者や専門技術者
・ 生命科学分野の大学、短期大学等の教職員
・ 医療機関、行政機関や国際機関等の専門職

進 路 主な就職先(進学)
進学・海外留学  北里大学大学院、東京大学大学院、University of Pennsylvania
  The Scripps Research Institute. Scripps Florida など
製薬・化学系企業  アステラス製薬株式会社、住友化学株式会社、栄研化学株式会社
  大塚製薬株式会社、武田薬品工業株式会社、中外製薬株式会社 など
企業・病院 など  東レ株式会社、明治グループ、味の素株式会社、ライオン株式会社
  筑波大学附属病院、亀田総合病院、東京都赤十字血液センター など