菌塚

微生物応用化学研究室

  • 研究の概要
  • メンバー

研究の概要

 微生物の生産する抗生物質に代表される生物活性物質は、医薬品開発の素材としてのみならず生物の有する未解明な機能を解析するバイオプローブとしても利用されてきた。
本研究室ではこの微生物資源から薬剤耐性菌、寄生虫、ウイルスなどによる感染症に有効な生物活性物質を探索することを研究の柱としている。そのため、新しい生物活性物質探索のための評価系の構築、その評価系を利用したスクリーニング、微生物代謝産物の化学構造の解析と生物活性物質の薬効評価を試みる。さらに生物活性物質の標的分子の同定研究を行い、創薬につなげることを目標としている。

微生物由来生物活性物質の探索とその標的分子の解明

  1. 微生物由来の抗感染症薬(薬剤耐性菌、寄生虫、ウイルスやそれらを媒介する衛生害虫に作用する物質)の探索研究
  2. 微生物由来の生物活性物質(抗がん活性物質など)の探索研究
  3. 有用生物活性物質の構造解析
  4. 有用生物活性物質の標的分子の解明
  5. 生物活性物質を利用した生体・細胞機能の解析
微生物培養液のスクリーニングから活性物質の単離まで

教職員・大学院学生

教員

浅見 行弘
教授
  • 君嶋 葵
    講師
  • 本間 颯太
    特任助教
  • 本庄 雅子
    特任助手

職員

  • 藤澤 圭
    企業研究員
  • 野中 健一
    講座研究員
  • 近藤 直純
    日本学術振興会特別研究員

大学院生

  • 亀谷 太一
    感染制御科学府 博士後期(博士)課程
  • 根上 颯太
    感染制御科学府 博士前期(修士)課程
  • 丸山 世莉乃
    感染制御科学府 博士前期(修士)課程
  • 西冨 あつか
    感染制御科学府 博士前期(修士)課程
  • 加藤 聡
    感染制御科学府 博士前期(修士)課程
  • 寺井 純世
    感染制御科学府 博士前期(修士)課程
  • 田口 和樹
    感染制御科学府 博士前期(修士)課程
  • 平林 咲也子
    感染制御科学府 博士前期(修士)課程
  • 鈴木 里名
    感染制御科学府 博士前期(修士)課程