北里生命科学研究所・感染制御科学府の歴史

今日までの歴史

1914年(大正 3年)

  • 北里柴三郎博士、北里研究所創立

1918年(大正 7年)

  • 北里研究所、社団法人として認可

1962年(昭和37年)

(社)北里研究所、創立50周年記念事業として 「学校法人北里学園」 を創立し、「北里大学」 を設置

1972年(昭和47年)

  • (社)北里研究所、所内に 「東洋医学総合研究所」 を開設

1991年(平成 3年)

  • (社)北里研究所、研究部抗生物質グループを「生物機能研究所」として改組

1993年(平成 5年)

  • (社)北里研究所、研究部を 「基礎研究所」 に改称
    技術部(ワクチン製造)を 「生物製剤研究所」 に改組し、北本市に移転

2000年(平成12年)

  • 3月
    (社)北里研究所と(学)北里学園が共同で、「北里大学付置研究所・大学院学府設置準備協議会」 を設置
  • 7月
    同協議会を 「北里生命科学研究所・大学院学府開設準備室」 に改組

2001年(平成13年)

  • 4月
    ・北里大学付置研究所として北里生命科学研究所を開設
    (初代所長 : 大村 智)
    ・(社)北里研究所 基礎研究所、生物機能研究所、東洋医学総合研究所 より、北里大学北里生命科学研究所に研究員と研究機器を移籍・移管
    ・開設準備室を 「北里大学大学院感染制御科学府開設準備室」 に改組

2002年(平成14年)

  • 4月
    大学院感染制御科学府 感染制御科学専攻博士前期(修士)課程を開設
北里大学北里生命科学研究所棟
  • 9月
    ・北里大学北里生命科学研究所棟
    ( I 号館)完成
    ・文部科学省 21世紀COEプログラム採択
    テーマ 「天然素材による抗感染症薬の創製と基盤研究」 (生命科学分野 : 2002年度~2006年度)

2004年(平成16年)

  • 3月
    大学院感染制御科学府 感染制御科学専攻博士前期(修士)課程完成
  • 4月
    大学院感染制御科学府 感染制御科学専攻博士後期(博士)課程を開設

2007年(平成19年)

  • 3月
    大学院感染制御科学府 感染制御科学専攻博士後期(博士)課程完成
  • 9月
    北里大学感染制御研究機構を設立

2008年(平成20年)

2009年(平成21年)

  • 4月
    基礎研究所を統合
  • 8月
    文部科学省教育研究高度化のための支援体制整備事業「世界的感染制御教育研究拠点の強化整備事業」採択

2017年(平成29年)

  • 10月
    AMED 医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)「薬剤耐性(AMR)菌感染症治療薬を目的とした創薬研究」(代表機関:大日本住友製薬、共同研究先:北里大学)採択