北里大学生命科学研究所・感染制御科学府

北里大学 北里生命科学研究所 大学院 感染制御科学府


  • トップ
  • 研究所概要
  • 研究室紹介
  • セミナー・講演会
  • 学府長メッセージ
  • 学府概要
  • 学府入試案内
  • 学府専門分野

北里生命科学研究所 概要

トップ 北里大学生命科学研究所 研究所概要北里生命科学研究所 概要

概  要

北里大学生命科学研究所

  北里生命科学研究所は、生命科学領域の基礎研究・応用研究と高度専門教育に取り組み、各種重要疾病の原因・予防・治療法に関する研究と教育を通じ、学術研究の発展と人類の健康増進に貢献します。

  その第一段階として、感染制御とそれに関連する探索医療領域に特化した研究を行い、感染症の感染機構を解明して予防と治療法に関わる技術を開拓します。

  研究の方向性は、「感染制御」、「生体機能賦活」、「生物活性物質探索」、「サーベイランス」をキーワードに、基礎的・応用的研究を行います。さらに北里大学大学院各研究科と連携して基礎的研究を応用発展させ、優れた研究者や高度専門技術者の育成を目指します。

北里生命科学研究所と大学院感染制御科学府との関係

 北里生命科学研究所は、北里大学において学校教育法に定める 「研究科以外の教育研究上の基本組織」 として 「研究部」 の機能を担います。
一方、「教育部」 としては、独立大学院である感染制御科学府を平成14(2002)年度に設置し、感染制御に関わる研究を遂行できる人材を養成するための大学院教育を行います。
従来の大学における学部から大学院研究科までの縦型の教育研究組織は、専門分野の深化には向いていますが、感染制御に関する学問領域に必要な学際的な研究や、高度先端技術を駆使する教育・研究には適さない部分があります。

  そこで、研究部と教育部を分離した横型の組織をつくり、研究部としての北里生命科学研究所では、研究内容の進展に合わせてプロジェクト研究課題を柔軟に組み立てられるようにしました。
また、教育部としての大学院感染制御科学府では、既存の大学院研究科や国内外の学術研究機関とのネットワーク的に連携をすることで学際性・流動性を図り、問題解決型の教育を行います。

設立の経緯 (沿 革)

2000年 平成12年 3月 (社)北里研究所と(学)北里学園が共同で「北里大学付置研究所・大学院学府設置準備協議会」を設置
2000年  平成12年 7月 同協議会を「北里生命科学研究所・大学院学府開設準備室」に改組
2001年 平成13年 4月 北里大学付置研究所として「北里生命科学研究所」を開設
(初代所長:大村 智)
(社)北里研究所 基礎研究所、生物機能研究所、東洋医学総合研究所より、北里生命科学研究所に研究員と研究機器を移籍・移管 「北里大学大学院感染制御科学府開設準備室」を開設
2002年 平成14年 4月 大学院感染制御科学府感染制御科学専攻博士前期(修士)課程を開設
2002年 平成14年 9月

aaaa北里生命科学研究所棟( I 号館)完成

文部科学省 21世紀COEプログラム採択
「天然素材による抗感染症薬の創製と基盤研究」 (生命科学分野 : 2002〜2006年度)

2004年 平成16年 4月 大学院感染制御科学府感染制御科学専攻博士後期(博士)課程を開設
2007年 平成19年 9月 北里大学感染制御研究機構を設立
2008年 平成20年 4月 (社)北里研究所と(学)北里学園との統合、学校法人 北里研究所となる
2009年 平成21年 4月 北里生命科学研究所に基礎研究所を統合
2009年 平成21年 8月 文部科学省教育研究高度化のための支援体制整備事業「世界的感染制御教育研究拠点の強化整備事業」採択
北里生命科学研究所・大学院感染制御科学府 今日までの歴史 

研 究 組 織

 北里生命科学研究所は、運営会議(学部等の教授会に相当:決定機関)の下、研究委員会、自己点検・教員評価・外部評価等を担う各種評価委員会、遺伝子組換え実験等を担当する各種専門員会があり、感染制御・免疫学究部門、創薬研究部門、研究推進センター、プロジェクト研究の特別研究部門、事務部門から構成されています。

 

教職員(研究員)

  北里生命科学研究所は、(旧)社団法人北里研究所の基礎研究部門の研究者や職員、(旧)学校法人北里学園(北里大学)の教員を移籍して設立されました。

  (社)北里研究所は創立以来、創設者である北里柴三郎博士の実学の精神を継ぎ、各種疾病の原因と予防・治療方法の研究を行い、感染症の基礎研究やワクチン開発、抗生物質等の抗感染症薬の開発に努め、社会に貢献してきました。
北里生命科学研究所では、その(社)北里研究所の研究員から「北里生命科学研究所専任教員選考委員会」で選考された者が、平成14(2002)年度からは北里大学の他の研究科や、他の大学院・学術研究機関から教員が加わり、教育・研究を展開しています。

  任期制教員

  専任教員は、5年間の任期制教員または期限付き教員として採用されています。

  教員の評価は「北里生命科学研究所教員評価基準」に従い、教授等の職位に応じた教育・研究に関する評価を毎年行い、採用後2年目の中間評価と、4年目の評価を経て再任されます。
平成18(2006)年度及び平成23(2011)年度に、開設時からの教員について再任評価を行いました。 開設後に採用された教員は順次再任評価を行っています。

  教 職 員 数

年度 教 授 准教授 講 師 助 教 助 手 部長・
同補佐
上級
研究員
研究員 事務
(技術)
2016年 平成28年度 8 7
( 1 )
3 14
( 11 )
1 1 1 9
( 9 )
15
( 4 )
2015年 平成27年度 8 5
( 1 )
5 11
( 8 )
1 1 1 12
( 12 )
14
( 3 )
2014年 平成26年度 9
( 1 )
4 5 10
( 7 )
1 1 8
( 8 )
13
( 3 )
2013年 平成25年度 10
( 1 )
3 5 8
( 5 )
1 1 14
( 14 )
13
( 3 )
2012年 平成24年度 11
( 2 )
4 4 7
( 5 )
1 2 4 17 13
( 2 )
2011年 平成23年度 11
( 2 )
3 6 6
( 4 )
1 2 4 16 14
( 2 )
2010年 平成22年度 11
( 1 )
2 9 4
( 2 )
1 2 3 14 14
( 2 )
2009年 平成21年度 11
( 1 )
2 9 2
( 0 )
1 2 3 18 14
( 2 )

※ 特任教員・嘱託教員等を( )内に記載、事務・技術職の( )内は技術職員数
※ 研究員は、雇用関係がある専任者のみ、臨時・客員研究員等は含みません

国際交流・留学

  研究者の受入

年 度 人数 大 学・研 究 機 関
2015年 平成27年度 6 カセサート大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)、グルハウジー大学(カナダ)、バイオテックセンター(インドネシア)
2014年 平成26年度 10 カセサート大学(タイ)、チュラロンコン大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)、ブラハ大学(タイ)、ブラハ大学(タイ)、メキシコ国立自治大学(メキシコ)、バイオテックセンター(インドネシア)
2013年 平成25年度 9 カセサート大学(タイ)、チュラロンコン大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)、ブラハ大学(タイ)、チェンマイ大学、ブルガリア科学アカデミー有機化学研究所(ブルガリア)、セリンテクノロジー(エストニア)
2011年 平成23年度 7 カセサート大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)、チュラロンコン大(タイ)、バイオテックセンター(インドネシア)
2010年 平成22年度 7 チェンマイ大学(タイ)、 チュラロンコン大(タイ)、マヒドン大学(タイ)、バイオテックセンター(インドネシア)
2009年 平成21年度 4 マヒドン大学(タイ) 、カセサート大学(タイ)、オスロ大(ノルウェー)、National institute for disease control and prevention
2008年 平成20年度 2 シーナカリンウィロート大学(タイ)、カセサート大学(タイ)
2007年 平成19年度 6 カセサート大学(タイ)、学振外国人特別研究員、発酵研究所

  教職員の派遣・留学

年 度 職 位 留 学・派 遣 先
2015年 平成27年度 助教 カセサート大学(タイ)、チュラロンコン大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)
2014年 平成26年度 教授、准教授 曁南大学(中国)
2013年 平成25年度 教授 カセサート大学(タイ)、チュラロンコン大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)、曁南大学(中国)
2011年 平成23年度 講師 マヒドン大(タイ)
2010年 平成22年度 講師
学府大学院生
マヒドン大(タイ)
2009年 平成21年度 講師、助教
学府大学院生
オスロ大、ペンシルベニア大、マヒドン大(タイ)
2008年 平成20年度 講師、助教 オスロ大、ペンシルベニア大
2007年 平成19年度 准教授、講師 マヒドン大学(タイ)

研究環境

  北里生命科学研究所は、研究及び教育に使用する各種研究用機器を保有しており、共同利用機器管理委員会が管理運用しています。

  これらの研究機器は、北里生命科学研究所の教職員および感染制御科学府の教員や大学院学生の他、白金キャンパスを中心に北里研究所病院、東洋医学総合研究所、薬学部・薬学研究科等の教職員や大学院学生に、共同利用研究機器として利用されています。

 核磁気共鳴分析装置 (NMR 500MHz)、 フーリエ変換赤外吸収分析装置(FT-IR)
 共焦点レーザー顕微鏡、 フローサイトメトリー(FACUS)、 パルスフィールド電気泳動装置
 透過型電子顕微鏡(NEC)、 走査型電子顕微鏡(NEC)、 クリオスタット、 真空蒸着装置
 超遠心機(Beckman)、DNAシーケンサー、リアルタイムPCR、イメージアナライザー(Typhoon)
 MC-MS、TOF-MS、化学発光イメージキャプチャ、各種ジャー培養装置 など

図 書 館

 主に北里大学白金図書館を利用しています。

ネット環境

  北里生命科学研究所のLAN(インサーネット)、無線LAN および Wi-Fi はすべて登録制で、教職員と学府大学院生を中心に、研究生、学部卒研生等100名以上が利用しています。

  北里生命科学研究所の教職員、学府大学院生、研究生等への連絡事項は、「事務室」、「ネットワーク関連」、「各種委員会」、「セミナー・講演会」、「大学院生」、「各種助成金関連」、「図書館」等の掲示板に掲載されます。
主な学内の届出・提出書類は、Web上でダウンロードすることができます。

  主な共同利用研究機器については、Web上で予約ができます。

研 究 成 果

  北里生命科学研究所は、各研究室の専門を生かし、公的研究費や助成研究費を獲得する外、学内各研究科・学部・附置研究所、他大学等の学術研究機関、製薬等の各種企業との共同研究や受託研究等を展開しています。

(1)  所内の各研究室間の共同研究
(2)  学内の他研究科・学部・附置研究所・病院等との共同研究
(3)  他大学・研究機関との共同研究
(4)  製薬企業等との共同研究

 研究成果報告会

  北里生命科学研究所は、毎年12月に研究成果報告会を開催し、各研究室の教員及び研究職員から、研究成果の報告を行っております。
発表と質疑応答を通じて、他の教職員からの評価及び研究に関する示唆を得ることで、研究の更なる進展を図ります。

 論文等の研究業績

年 度 学術賞 原 著 総説等 著書等 学会発表 その他 合 計
2010年 平成22年度    3   108   23    0   205     1   340
2009年 平成21年度    9   124   29   12   291    30   483
2008年 平成20年度    1   90   22    8   225    23   369
2007年 平成19年度    1   69   20   16   198    70   374

 ※ 複数の研究室間での共同研究の場合は、論文や発表の重複を除き、1とカウントした。

公的研究費・助成研究費等の採択状況

年 度 文科省 厚労省 他省庁 助成等 合 計
2011年 平成23年度 23  8  2 16 49
2010年 平成22年度 22  7  2  8 39
2009年 平成21年度 19  8  5  9 41
2008年 平成20年度 18  8  4  4 34
2007年 平成19年度 11  8  1 11 31
【北里大学】 科学研究費補助金(文部科学省・学術振興会)  

21世紀COEプログラム

  2003年(平成14年)、21世紀COEプログラム 「天然素材による抗感染症薬の創製と基盤研究」が採択されました。 2008年(平成18年)までの5年間に、新規抗感染症薬候補物質20種65成分の発見、天然物素材由来の化合物ライブラリーの充実、WHO/TDR(国連熱帯医学特別計画)やDNDi(Drugs for Neglected Diseases initiative)との共同研究や海外研究教育拠点の開拓などを行い、原著研究論文613報、知的財産(特許公開58件)、学術賞・学会賞28件を含む次の成果を挙げました。 また、国際シンポジウム7回、特別講演会14回、公開セミナー92回(外国人演者計56名、国内演者81名)の開催、大学院感染制御科学府における外国人教員による科学英語教育などの教育面の充実を図るなど、21世紀COEプログラム評価委員会から高い評価を得ました。

【北里大学】 21世紀COEプログラム「天然素材による抗感染症薬の創製と基盤研究」  
【日本学術振興会】 「21世紀COEプログラム」 (拠点番号A-23)  

知的資産

  北里生命科学研究所は、各研究室やプロジェクト研究の成果は、学術論文や学会発表として公開するほか、有用なものは特許として申請・公開してます。

北里大学 産学連携・知的資産センターのページ