研究組織

研究組織

北里生命科学研究所は、運営会議(学部等の教授会に相当:決定機関)の下、研究委員会、自己点検・教員評価・外部評価等を担う各種評価委員会、遺伝子組換え実験等を担当する各種専門員会があり、感染制御・免疫学究部門、創薬研究部門、研究推進センター、プロジェクト研究の特別研究部門、事務部門から構成されています。

教職員(研究員)

  北里生命科学研究所は、(旧)社団法人北里研究所の基礎研究部門の研究者や職員、(旧)学校法人北里学園(北里大学)の教員を移籍して設立されました。

  (社)北里研究所は創立以来、創設者である北里柴三郎博士の実学の精神を継ぎ、各種疾病の原因と予防・治療方法の研究を行い、感染症の基礎研究やワクチン開発、抗生物質等の抗感染症薬の開発に努め、社会に貢献してきました。
北里生命科学研究所では、その(社)北里研究所の研究員から「北里生命科学研究所専任教員選考委員会」で選考された者が、平成14(2002)年度からは北里大学の他の研究科や、他の大学院・学術研究機関から教員が加わり、教育・研究を展開しています。

  任期制教員

  専任教員は、5年間の任期制教員または期限付き教員として採用されています。

  教員の評価は「北里生命科学研究所教員評価基準」に従い、教授等の職位に応じた教育・研究に関する評価を毎年行い、採用後2年目の中間評価と、4年目の評価を経て再任されます。
平成18(2006)年度及び平成23(2011)年度に、開設時からの教員について再任評価を行いました。開設後に採用された教員は順次再任評価を行っています。

  教職員数

年度 教 授 准教授 講 師 助 教 助 手 部長・
同補佐
上級
研究員
研究員 事務
(技術)
2019年 平成31年度 8 7
(2)
4 8
(5)
1 1 1 15
(15)
(3)
2018年 平成30年度 9
(1)
7
(1)
4
(1)
9
(6)
1 1 1 16
(16)
(3)
2017年 平成29年度 9
(1)
7
(1)
4
(1)
10
(7)
1 1 1 13
(13)
15
(3)
2016年 平成28年度 8 7
(1)
3 14
(11)
1 1 1 9
(9)
15
(4)
2015年 平成27年度 8 5
(1)
5 11
(8)
1 1 1 12
(12)
14
(3)
2014年 平成26年度 9
(1)
4 5 10
(7)
1 1   8
(8)
13
(3)
2013年 平成25年度 10
(1)
3 5 8
(5)
1 1   14
(14)
13
(3)
2012年 平成24年度 11
(2)
4 4 7
(5)
1 2 4 17 13
(2)
2011年 平成23年度 11
(2)
3 6 6
(4)
1 2 4 16 14
(2)
2010年 平成22年度 11
(1)
2 9 4
(2)
1 2 3 14 14
(2)
2009年 平成21年度 11
(1)
2 9 2
(0)
1 2 3 18 14
(2)

特任教員・嘱託教員等を( )内に記載、事務・技術職の( )内は技術職員数

研究員は、雇用関係がある専任者のみ、臨時・客員研究員等は含みません

国際交流・留学

 研究者の受入

年 度 人数 大 学・研 究 機 関
2018年 平成30年度 12 カセサート大学(タイ)、チュラロンコン大学(タイ)、チェンマイ大学(タイ)、バイオテックセンター(インドネシア)、ノートルダム大学(アメリカ)
2017年 平成29年度 12 曁南大学(中国)、チュラロンコン大学(タイ)、カセサート大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)、チェンマイ大学(タイ)、バイオテックセンター(インドネシア)
2016年 平成28年度 11 カセサート大学(タイ)、曁南大学(中国)、バイオテックセンター(インドネシア)、チュラロンコン大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)
2015年 平成27年度 6 カセサート大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)、グルハウジー大学(カナダ)、バイオテックセンター(インドネシア)
2014年 平成26年度 10 カセサート大学(タイ)、チュラロンコン大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)、ブラハ大学(タイ)、ブラハ大学(タイ)、メキシコ国立自治大学(メキシコ)、バイオテックセンター(インドネシア)
2013年 平成25年度 9 カセサート大学(タイ)、チュラロンコン大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)、ブラハ大学(タイ)、チェンマイ大学、ブルガリア科学アカデミー有機化学研究所(ブルガリア)、セリンテクノロジー(エストニア)
2011年 平成23年度 7 カセサート大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)、チュラロンコン大(タイ)、バイオテックセンター(インドネシア)
2010年 平成22年度 7 チェンマイ大学(タイ)、 チュラロンコン大(タイ)、マヒドン大学(タイ)、バイオテックセンター(インドネシア)
2009年 平成21年度 4 マヒドン大学(タイ) 、カセサート大学(タイ)、オスロ大(ノルウェー)、National institute for disease control and prevention
2008年 平成20年度 2 シーナカリンウィロート大学(タイ)、カセサート大学(タイ)
2007年 平成19年度 6 カセサート大学(タイ)、学振外国人特別研究員、発酵研究所

 教職員の派遣・留学

年 度 職 位 留 学・派 遣 先
2018年 平成30年度 教授、准教授、助教、研究員 ガーナ大学(ガーナ)、チュラロンコン大学(タイ)、チェンマイ大学(タイ)、曁南大学(中国)、カセサート大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)
2017年 平成29年度 教授、助教、
研究員
マヒドン大学(タイ)
2016年 平成28年度 教授 マヒドン大学(タイ)
2015年 平成27年度 助教 カセサート大学(タイ)、チュラロンコン大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)
2014年 平成26年度 教授、准教授 曁南大学(中国)
2013年 平成25年度 教授 カセサート大学(タイ)、チュラロンコン大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)、曁南大学(中国)
2011年 平成23年度 講師 マヒドン大学(タイ)
2010年 平成22年度 講師
学府大学院生
マヒドン大学(タイ)
2009年 平成21年度 講師、助教
学府大学院生
オスロ大学、ペンシルベニア大学、マヒドン大学(タイ)
2008年 平成20年度 講師、助教 オスロ大学、ペンシルベニア大学
2007年 平成19年度 准教授、講師 マヒドン大学(タイ)