北里大学海洋生命科学部 学部長挨拶

北里大学海洋生命科学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 学部案内
  • 教育・研究
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 進路・就職
  • 大学院

学部長メッセージ

トップ 学部案内学部長メッセージ

北里大学 海洋生命科学部長 菅野 信弘
海洋生命科学部長 菅野 信弘

 海洋は生命を産み、多様な生物の進化を育んできました。そして今、再生産可能な海洋生物資源は人類の存続と共生にとって極めて重要な役割を果たしています。しかし、水産業は資源の減少、沿岸水域の環境悪化などに伴い厳しい状況にあります。最近では、世界的な水産物消費量の急激な増加に伴い、近い将来我が国における消費量確保さえ難しい状況になるとの予測もあります。水産業は資源管理、環境保全型への転換、すなわち海洋生態系を守りながら生物を有効に利用する必要性に迫られています。このような転換は最終的には国際的、経済的、政治的対処に依存せざるを得ないのかもしれません。しかし、これを支えるものは海洋生物の生命現象に関する基礎的、生命科学的な学術情報の集積でしょう。海洋生物の利用に関わる学問分野の責務はますます重要性を増し、まさにその真価を問われている時代といえます。

 近年、水圏生態系においても生物多様性の重要性が再認識されるようになってきました。水圏に生息する生物は水を媒介として生物相互の情報伝達を行うなど、陸上とは異なる特有の生存戦略を営んでいます。20世紀後半に飛躍的に発展した生命科学の研究手法は、生物多様性を支える海洋生物の生理・生態の解明にも大きく貢献しつつあります。一方、本学問分野に対する社会の要請も多様化し、水産業の伝統的技法や考え方に加えて生命科学の先端技術を活用した海洋生物資源の利用や海洋生態系や海洋の生命過程を活用した資源管理、生物生産の技術が求められるようになっています。「健康・環境・食の連携により、生命科学と医療科学を学ぶ総合大学」を理念とする北里大学にあって海洋生命科学部は、著しい進歩を示している生命科学の視点から海洋生物の生命現象に関わる基礎研究を進め、その成果を海洋生物資源の永続的かつ有効な利用に応用することを目指します。また、基礎から専門に至る体系的な教育を通して、社会・人間に対する多面的視野、鋭敏な国際感覚、課題解決能力、コミュニケーション能力をあわせ持ち、海洋生物資源の利用にかかわる幅広い分野で活躍できる人材の育成を目標とします。

 海洋生命科学部の推進する研究活動と人材育成の目標は以下の通りです。

研究分野

  1. 海洋生物の生命過程を解明し、これを基盤に生物生産技術の開発を目指す増殖生物学領域
  2. 海洋生物資源や生育環境の保全、生物と環境の関係の解明を目指す環境生物学領域
  3. 海洋生物に特有の生体成分の機能解明を基盤にその高度有効利用を目指す応用生物化学領域

人材育成の目標

本教育プログラムの教育基本方針は以下の3つにまとめられます。

  1. 生命科学の視点から海洋生物資源の利用を考究できる人材の育成
  2. 海洋生物資源ならびにその環境を保全し、それらを有効利用するための生命科学を基盤とした幅広い知識・理論・技術を身につけた人材の育成
  3. 多面的思考能力、課題解決力、コミュニケーション能力、継続的学習能力、技術者倫理を身につけた人材の育成

海洋生命科学部海洋生命科学科カリキュラム概要

海洋生命科学部の教育プログラムは、学習を進めてゆくことにより

  1. 多面的思考能力
  2. 自然科学の基礎知識・理論
  3. 専門分野の知識・技術(水圏生物の生理生態・環境・化学的特性に関する広範な生命科学の基礎知識)
  4. コミュニケーション能力
  5. 実務能力
  6. 問題解決能力
  7. 技術者倫理
  8. 継続的学習能力

という本学部が設定する8つの学習・教育目標の達成を可能にするように設計されています。これらの学習教育目標の達成は,卒業生諸君が水圏生物の利用に関わる多様な分野で活躍できる人材に育つことを保証するものです。

海洋生命科学部卒業生の活躍分野

水産食品業界、公務員、博物館、水族館など