研究
Research

環境生物学講座
環境微生物学研究室

教員・スタッフ

小檜山 篤志
准教授
小檜山 篤志(Atsuishi Kobiyama)
研究分野:渦鞭毛藻の増殖や有性生殖に関する研究、渦鞭毛藻の環境応答・適応機構に関する研究、渦鞭毛藻の生命現象(全般)を分子レベルで解明、海洋細菌に関する研究
mail:kobiyama@kitasato-u.ac.jp
山田雄一郎先生
講師
山田 雄一郎(Yuuichiro Yamada)
研究分野:海洋動物プランクトンの分布・生態・生活史の研究、沿岸海域における水質環境の変化に関する研究、プランクトン食性魚類の胃内容物・食性の解析、湖沼における水質環境とプランクトン群集組成との関連について、動植物プランクトンの脂肪酸組成に関する研究
mail:yyamada@kitasato-u.ac.jp

大学院生(2021年度在学生)

課程
年次生
氏名ローマ字氏名研究テーマ
1和田 楓貴Fuki Wada

博士号取得者(課程博士・論文博士):2000年度以降


氏名
ローマ字氏名
研究テーマ
2018年度Rashid Jonaira
Metagenomics-based studies on seasonal variations of microbial flora in the Ofunato Bay associated with environmental parameters
2010年度加賀 新之助Shinnosuke Kaga三陸沿岸における麻ひ性貝毒予測手法確立のための基礎的研究
2007年度Lim Po Teen
Morphology, Ecophysiology, and Toxin Production of Tropical Alexandrium Species (Dinophyceae)

修士課程修了者(OB・OG):2005年度以降


氏名
ローマ字氏名
研究テーマ
2019年度森井 束沙Tabasa Morii渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseの低分子RNAに関する研究
2017年度廣石 隆文Takafumi HiroishiウミキノコSarcophyton sp.の再生機構に関する研究
2016年度飯塚 大希Daiki Iiduka陽イオン界面活性剤CTAB耐性海洋細菌におけるCTAB応答機構に関する研究
2016年度佐藤 亘Wataru Sato岩手県沿岸南部におけるAcartia 属カイアシ類の群集組成の時空間的変化および休眠卵産生に関する研究
2015年度齊藤 秀龍Hidetatsu Saito岩手県越喜来湾に発生する付着性渦鞭毛藻の生理・生態に関する研究
2014年度池田 有里Yuri Ikeda東日本大震災後の岩手県大船渡湾における麻ひ性貝毒原因渦鞭毛藻シストの時空間分布
宇惠野 文香Humika Ueno有毒・有害微細藻の温度・紫外線耐性に関する研究
2013年度石井 進太郎Shintaro Ishii海洋細菌における陽イオン性界面活性剤CATBへの応答機構
小川 智久Tomohisa Ogawa新規魚類細胞株の創出-カワハギ細胞の基礎特性の解明
小澤 舞香Maika Ozawa底生性渦鞭毛藻Osteropsis の分布・分類に関する研究
金澤 理絵Rie Kanazawa渦鞭毛藻Alexandrium tamarense のシステインリッチタンパク質AtCRPに関する研究
渡邊 駿Shun Watanabe東京湾におけるChattonella marina の発生機構解明に向けた基礎的研究
2012年度小林 大祐Daisuke KobayashiウミキノコSarcophyton sp.の再生に関する研究
鈴木 美子Yoshiko Suzuki岩手県大船渡湾における珪藻群集構造と環境要因の経時変化
北條 亜希子Akiko Houjo渦鞭毛藻Alexandrium tamarense における交配型特異的に発現する遺伝子に関する研究
2011年度小林 太一Taichi Kobayashi三陸リアス式海岸における微細プランクトン食物網構造の解析
竹本 居子Sayako Takemoto春季の岩手県三陸沖における冷水性動物プランクトン群集構造の中期的変動に関する研究
西澤 孝太郎Koutaro Nishizawa渦鞭毛藻Alexandrium tamarense の分泌タンパク質に関する研究
2010年度小倉 絢子Junko Ogura有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarense のアンモニア応答に関する研究
加藤 千晶Chiaki Kato岩手県沿岸南部における有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarense に対する濾過食性カイアシ類の摂餌活性に関する研究
杉原 星至Seiji Sugihara有毒渦鞭毛藻Alexandrium minutum における麻痺性貝毒誘導体GTX4-12ol生産に関する研究
栃木 佐枝子Saeko Tochigi渦鞭毛藻Alexandrium tamarense の温度応答に関する研究
和田 真弥Shinya Wada有毒渦鞭毛藻Alexandrium catenella のアミノ酸利用に関する分子生物学的研究
2009年度沖山 晋吉Shinkichi Okiyama渦鞭毛藻Alexandrium tamarense のアンモニウム輸送体に関する研究
篠原 なつみNatsumi Shinohara有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarense の自家蛍光顆粒に関する研究
牧野 拓也Takuya MakinoシアノバクテリアAnabaena 属PCC 7120株由来のオキシゲナーゼの機能解析に関する研究
2008年度小野 繭子Mayuko OnoAlexandrium minutum Halim赤潮による甲殻類斃死機構に関する研究
角南 玲子Reiko Sunami渦鞭毛藻Alexandrium tamarense 遺伝子の発現機構に関する研究
2007年度田中 将平Shohei Tanaka渦鞭毛藻Alexandrium tamarense の温度応答・適応機構に関する研究
西山 麻美Asami Nishiyama下痢性貝毒原因渦鞭毛藻Dinophysis fortii の葉緑体獲得と生活史に関する研究
山下 洋Hiroshi Yamashita共生時における褐虫藻Symbiodinium の生理的変化-細胞微細構造の観点からの追跡
2006年度池田 佳史Yoshifumi Ikeda渦鞭毛藻Alexandrium tamarense の交配型特異的に発現する分子に関する研究
加賀 新之助Shinnosuke Kaga三陸沿岸における麻ひ性貝毒防止対策確立のための基礎的研究
2005年度堀江 啓史Yoshifumi Horie渦鞭毛藻Protoceratium reticulatum の出現環境とyessotoxin生産性に関する研究