北里大学海洋生命科学部

北里大学海洋生命科学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 学部案内
  • 教育・研究
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 進路・就職
  • 大学院

海洋生命科学部が神奈川県水産技術センターとスタンレー電気株式会社と共同で、緑色LED光がマコガレイの成長を促進することを実証しました

トップ 新着情報海洋生命科学部が神奈川県水産技術センターとスタンレー電気株式会社と共同で、緑色LED光がマコガレイの成長を促進することを実証しました

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

緑色LED光がマコガレイの成長を促進することを初めて実証しました
−稚魚の体長が1.2倍、体重が1.4倍に−

  北里大学海洋生命科学部では、緑色LED(発光ダイオード)の光をマコガレイの稚魚に照射すると、通常の飼育と比べて成長が早くなることを、神奈川県水産技術センターとスタンレー電気株式会社と共同で、初めて実証しました。

  緑LED光の成長促進効果は、ヒラメやホシガレイで有効性が確認されていますが、マコガレイに適用したのは今回が初めてです。全長27ミリのマコガレイ稚魚に緑色LED光を4週間照射したところ、通常の方法と比べて、体長で1.2倍、体重で1.4倍成長が早まることが明らかとなりました。

  マコガレイは底びき網やさし網で漁獲される東京湾の主要魚種のひとつですが、近年資源が減少し漁獲量が低迷しています。そのため、神奈川県では漁業者などがマコガレイの稚魚を放流する“つくり育てる漁業(栽培漁業)”を推進してきました。
しかしマコガレイは成長が遅く、ヒラメと比べた場合でも、同じ大きさに育てるのに2倍もの日数を要するといった課題があります。

  北里大学では、緑色LED光が成長促進を導く仕組みなどの解明に向けて関係機関と共同研究を進めてまいります。『東京オリンピックに江戸前を!』を目標にして、江戸前のマコガレイ資源の早期回復を目指します。

緑色光による成長促進
緑色光による成長促進
緑色LED光を照射して4週間飼育したマコガレイ(上)と通常飼育したマコガレイ(下)。

問い合わせ先

北里大学海洋生命科学部

教授高橋明義電話:042-778-9145
准教授水澤寛太電話:042-778-9144

神奈川県水産技術センター

所長鵜飼俊行電話:046-882-2311
栽培推進部部長滝口直之電話:046-882-2314


補足説明資料

緑色LED光照射によるマコガレイの成長促進試験の結果について

1 目 的

  栽培漁業種苗生産事業において、マコガレイは他の異体類(ヒラメなど)に比べ成長が遅いことから、光環境制御による成長促進を図る。

2 方 法

  全長27mmのマコガレイ稚魚に緑色LED光を照射して飼育したものと、自然光(非LED光照射)下で飼育したものとの成長状態を比較する(写真1及び写真2)。

3 結 果

  4週間の飼育で体長(全長)で1.16倍、体重(湿重量)で1.44倍の成長差を確認した(図1参照)。
飼育開始時全長27.6mm湿重量 0.27g
4週間後LED照射区体長 42.2mm 体重 0.85g
非LED照射区体長 36.4mm 体重 0.59g

  • 写真1 緑色LED光を照射中実験水槽
  • 写真2 飼育実験中のマコガレイ
  • 図1 飼育実験結果  平均全長(左) 平均湿重量(右)