北里大学海洋生命科学部

北里大学海洋生命科学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 学部案内
  • 教育・研究
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 進路・就職
  • 大学院

第20回マリンバイオテクノロジー学会 宮崎大会 大会会長賞(ポスター賞)受賞について

トップ 新着情報第20回マリンバイオテクノロジー学会 宮崎大会 大会会長賞(ポスター賞)受賞について

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

お知らせ

2018年5月26〜27日に開催された第20回マリンバイオテクノロジー学会宮崎大会(宮崎県宮崎市、フェニックス・シーガイア・リゾート)において、応用生物化学講座資源化学研究室 飯島真理子さん(D3、指導教員=神保充准教授)が大会会長賞(ポスター賞)を受賞しました(講演タイトル:リン酸塩吸着後のCaCO3基盤がサンゴ骨格へ及ぼす影響)。マリンバイオテクノロジー学会は、バイオテクノロジーを基盤とした海洋の学術的な理解と利用を目的にしております。今回はポスター発表の中から、審査員の先生方の評価により、独創的で印象的な研究として大会会長賞に選ばれました。飯島真理子さんは昨年度の優秀ポスター賞に続いて3年連続の受賞です。

  • 第20回マリンバイオテクノロジー学会宮崎大会会長の酒井 正博先生(宮崎大学農学部・教授、写真右)から賞状と副賞(シュプリンガー誌図書券)を授与されました。
  • ポスター発表の様子
  • 学会に参加した本学部の研究メンバーと記念写真(飯島真理子さん:写真中央、渡部終五先生:写真右、安元 剛先生:写真左)。