入試案内

Admission

Q&A

入試について

Q1.最終的な合否判定はどのように行われますか。
最終的な合否判定は、1次試験の学力検査の結果と2次試験の論文、面接、健康診断、調査書等により、入学志願者の能力・適性等を総合して判定します。
Q2.合否判定に性別は影響しますか。
合否判定に性別は影響しません。他大学と比べ、北里大学医学部には女子学生の割合が多いことからもわかると思います。年度により男女の割合は多少の違いがありますが、結果として概ね6対4になっています。
Q3.面接はどのように行われますか。
面接は、将来医師としての職業に直結する受験生の人物、意欲、適性を評価します。面接方法は、グループ面接または個人面接あるいは両方が複合した面接などいろいろな方式で行います。
Q4.合格発表はどのようにされますか。
合格通知・入学手続書類を送付するとともに「Web出願システム」にて合否の確認ができます。
Q5.合否判定に基準点(足切点)を設けていますか。
設けていません。不得意な科目があっても、総合評価で判定します。
Q6.補欠発表はありますか。
合格者発表と同時に補欠者も発表します。補欠者は合格者ではありません。欠員が生じた時に、補欠者から繰り上げ合格者を発表し、本人宛電報で通知するとともに、合格通知及び入学手続書類を郵送します。
Q7.色覚異常は、受験や合否に関係しますか。
色覚異常は合否に関係ありません。医学部では2次試験受験者で必要と認められた者に対し、健康診断を行います。疾病など心身の異常のため本学の教育目的に即した履修に耐えないことが、入学後の保健指導等を考慮してもなお明白な場合は入学を許可しません。
Q8.健康診断はどのように実施されますか。
高等学校調査書及び健康調査票等により、健康診断が必要と認められた方に対して、2次試験当日に通知・実施します。
Q9.入試の解答は記述式ですか。
平成29年度の一般入試・学士入試の数学は記述式。英語、生物、化学、物理はマークシートでした。指定校推薦入試は非公表です。
Q10.選択科目で有利・不利はありますか。
選択科目による有利・不利はありません。得意科目で受験するのが良いと思います。
Q11.多浪生は不利ですか。
下記現浪別人数を見てもわかるとおり、元々の志願者比率からみても合格者が少ないわけではないので、不利ではありません。

一般入試結果(過去5ケ年) 一般入試の受験者・合格者の現浪別人数・比較(平成29年度)

現役・浪人合格者数での受験者数/合格者数の割合
現役・浪人合格者数での受験者数/合格者数の割合SP
Q12.学士入試では年齢制限はありますか。
ありません。年齢・性別・出身学部など一切関係ありません。学士入学試験の目的は医学以外の専門分野を修めた幅広い視野を持つ良医の育成を目的としています。毎年、学部新卒から社会人(年齢では22歳から30、40歳代)まで多彩な経歴を持った人が受験します。
Q13.どのような学生を求めていますか。
単に知識と技術を学び、医師国家試験に合格することを目的とするのではなく、課外活動や趣味に打ち込み、豊かな人間関係を育もうとする意欲と個性に充ちた学生こそ、これからの医学生のあるべき姿と考えています。若者ならではの創造性に満ちたアイデアや豊かな想像力を秘めた学生が「北里」の門を叩くことを期待しています。
Q14.受験生はどの地方が多いですか。
東京、神奈川を中心に関東地方の受験生が6割を占めますが、北は北海道、南は九州・沖縄からも受験生があります。平成29年度入試では、関東1403名(60%)、中部329名(14%)、近畿187名(8%)、九州・沖縄131名(6%)、東北115名(5%)、中国71名(3%)、北海道61名(3%)、四国29名(1%)、その他(外国など)19名(1%)でした。
Q15.受験に際して宿泊施設の斡旋はしていますか。
斡旋はしていません。大学HPにて大学近郊のホテル・旅館等一覧表を掲載していますので、早めに予約されることをお勧めします。
Q16.地域枠・修学資金枠入試について教えてください。
一般入試では、山梨県2名、茨城県2名、相模原市2名(予定)の地域枠・修学資金枠があります。

学び・学生生活について

Q1.体験当直とはどのようなものですか。
優れた医師を目指しての長い道程の最初に緊張感に満ちた医療の現場に身を置き、医師となるべき心構えや目的意識を養うため、新入生を対象に、救急内科・外科・小児科の3診療科に各1人ずつ配置され実施します。当日は教務課で白衣とPHSを受け取り、各科で指導医のオリエンテーションを受けた後、翌朝まで当直業務を体験します。どの学生にとっても初めての体験となる病院での一夜によって、学生たちは、医師の役割とは何なのかを肌で感じ、医療の最前線を体験します。医学生として新たな自覚と意欲を促してくれるはずです。
Q2.下宿の斡旋はしてもらえますか。
斡旋はしていません。下宿を大学ホームページから検索することができます。大学近辺は物件も豊富で、交通の便や設備、周辺の環境などによって値段が異なります。契約にあたっては、必ず物件を自身で確認後、契約してください。
Q3.留学制度はありますか。
北里大学医学部では、第6学年に、クリニカルクラークシップのカリキュラムの一つとして、最長9週間の海外留学を選択することができます。留学先はドイツ、アメリカ、イタリアなど世界各国にわたり、これまで多くの実績を残してきました。第5学年次に募集し、40万円の補助金を支給します。

学費・奨学金・特待生制度について

Q1.学費ローンについて教えてください。
「国の教育ローン」(日本政策金融公庫 国民生活事業)は、本学に入学時・在学中にかかる費用を対象とした公的な融資制度です。
Q2.奨学金はどのようなものがありますか。
北里大学学生表彰による奨学金(北島賞)や、家計状況の急変や経済的理由により学費支弁等に支障を生じた学生を対象にした給付または貸与奨学金があります。
Q3.特待生制度はありますか。
あります。一般入試で優秀な成績を修めた者が対象者となります。また、2年次以降は在学時特待生制度もあります。
Q4.学費の納入方法について教えてください。
年額を一括して入学手続時に納入する全納方式と、入学金を除く学費(授業料・施設設備費・教育充実費)を入学手続時に前期分、10月31日までに後期分とする分割納入が選択できます。次年度以降も前期・後期に分割納入できます。