学生生活

Campus life

クラブ

仲間たちと、かけがえのない時間を共有する。

北里大学医学部はスポーツから文化系までクラブ活動も盛んです。クラブは、すでに卒業している先輩を含め、いろいろな経歴を持つ仲間と深い絆を結び、豊かな人間関係を築く場の一つ。かけがえのない出会いを繰り返しながら、医師に求められる豊かな感性や人間性を養っていきます。

医学部北里会 クラブ一覧

体育会系文化系
アメリカンフットボール部ウインドサーフィン部 医学英語の会(MESS)
剣道部硬式庭球部 囲碁将棋部
ゴルフ部サッカー部 管弦楽団
自転車同好会柔道部 潜水医学研究会
準硬式野球部 水泳部 東洋医学研究会
スキー部 卓球部 ぬいぐるみ病院同好会
釣り同好会馬術部 
バスケットボール部バドミントン部 
バレーボール部ボート部 

REAL VOICE

バレーボール部
皆で互いに支え合って戦う
チームプレーが面白い!
高校でバレーボール部に在籍し、団体競技の魅力にはまりました。一人のミスも誰かがカバーすることでプラスに変えていける点が、医療現場にも似ていると感じています。2015年度の成績は、東医体がベスト16、3月の新人戦では4位でした。個人的には、3年次の医歯薬大会で、ケガをしたエースに代わって出場し、フルセットの接戦に勝利した瞬間が忘れられません。普段は冷静な先輩も思わず涙した劇的な試合でした。バレーボールは皆で支え合うチームプレーですから、先輩後輩が非常に仲の良いところが特徴です。チームとして何が足りないのか、何が武器になるのか、弱点はどうカバーするのかをコミュニケーションを密にとりながら、向上心を持って日々練習しています。

バレーボール部

5年生 道津 侑大さん
サッカー部
週に3日、集中して効率よく練習。
春のリーグ戦と夏の東医体で結果を残したい!
活動は火・木・土曜日の週3日17:00~20:00と、休日に練習する場合は10:00~13:00。集中して効率よく練習しています。部活では4年生が幹部を務め、多くは夏の東医体(東日本医科学生総合体育大会)の試合出場後に引退します。私は4年次に主将を務め、幹部は退きましたが、今も活動をつづけています。医者になったら忙しいでしょうから、学生の間は文武両道を貫きたいし、やるからには結果を残したいという意志もあります。卒業後は、地元・秋田に帰るつもりなので、北里での学生生活を謳歌したいと思っています。部活動で知り合う先輩・後輩は卒業後も親身になれる仲間。秋田へ帰る私には貴重な存在になるでしょう。

サッカー部

6年生 齊藤 佑介さん
硬式庭球部
コーチや先輩の指導で初心者もすぐに上達!
他校との交流も盛んで友だちの輪も広い。
中学からテニス部です。新入生歓迎の体験練習で、強い先輩に惹かれて入部しました。北里にはテニスコートがたくさんあり、ナイター設備も完備、優秀なコーチや先輩の指導で、初心者でもすぐに上達できます。自分自身も弱点を克服して勝てるテニスに変わりました。1年次は東医体団体戦でベスト8、2年次は優勝、3年次は準優勝、個人戦でも成績を残せて、充実した日々です。夏は山中湖、春は千葉県の白子で合宿。最終日には男女混成の4チームに分かれた対抗戦が恒例で、レベルの異なるプレーヤーをどう組み合わせるか戦略を練って、大いに盛り上がります。長期休暇中にはみんなで旅行をするなど、テニス以外の行事も。他校のテニス部との親交もあり、人脈が広がるので、医師としての将来を考える際にも心強いです。

硬式庭球部

5年生 池田 惇平さん
囲碁将棋部
本格的な囲碁将棋ファンからボランティア活動専念派まで
登録部員の総数は60名ほど。今年、同好会からクラブに昇格しました。東日本医科学生囲碁将棋大会では将棋で優勝、関東医科歯科リーグ戦では同じく将棋でベスト8に3名が入るなど、高い実績を挙げています。一方で、活動の主軸はボランティア活動です。小児病棟のプレイルームで子どもたちと遊ぶ、近隣の福祉施設へ出向くといったボランティアを定期実施しているのです。創部してくださった森田先生が、ネフローゼ症候群を患いながら将棋棋士として活躍した村山聖九段を題材とした映画『聖の青春』に感動して始めた活動です。もっぱらボランティア活動のために所属し、都合の合う日だけ参加という部員も多数。皆、マイペースで楽しんでいます。

囲碁将棋部

4年生・主将 横山 敦士さん