学生生活

Campus life

北里生の暮らし

自宅 & ひとり暮らし。学生の一日を紹介。

自宅通学

前沢さん

学費などの負担を減らせて、
家族のサポートも受けられる。

自宅通学を選んだのは、親に対して学費などの負担を減らしたかったから。3人きょうだいの長男だったので、まだまだ下のきょうだいにお金がかかると思ったからです。自宅の最寄駅までは、バスで30分。そこから電車で相模原駅まで移動し、駅からは自転車でさらに30分かけて通学しています。ドア・ツー・ドアで約1時間20分くらいです。相模原駅から大学までバスがありますが、それも自転車と同じくらい時間がかかるので、天気がひどくない限り、自転車を利用しています。自宅だと、炊事・洗濯といった家事を親にお願いできるので、だいぶ感謝しています。おかげで平日も休日も100%自分の時間として使えます。地元の友だちと気軽に会えるのもいいですね。ただ、臨床実習が始まると、集合時間が早いため、一人暮らしに変更する先輩は多いと聞いているので、自分も検討しているところです。

前沢 柊平さん

ある一日

自宅通学ある1日
自宅通学ある1日

前沢さん2

前沢さん3

ひとり暮らし

曽我部さん

夜24時まで図書館で勉強しても
睡眠時間をしっかり確保できる。

北里大学の図書館は、夜24時まで開いています。学内でないと取り組めない勉強も多いため、たくさんの学生が利用しています。私も、テスト期間などは終電を気にせず、時間いっぱい図書館を利用したかったので、3年生になってから一人暮らしを始めました。おかげで帰りが遅くなっても、睡眠時間をしっかり確保できるし、朝も比較的ゆっくりできています。同じように一人暮らしする友人と、気軽に声を掛け合い、自由に食事などに出かけられるのも、よい息抜きになっていますね。ただ、やっぱり家事は大変です。自宅なら遅く帰っても、食事はできている。洗濯は済んでいる。あとは、お風呂に入って寝るだけでしたから。私の家は5人家族ですが、母親はこれだけの家事を毎日こなしていたんだと驚きました。一人暮らしを始めるために、いろいろ料理も教えてくれて、ますますありがたみを感じました。医学生は、年次が上がるとどんどん忙しくなります。勉強のため、早くこの生活に慣れたい、と思っています。

曽我部 春菜さん 

ある一日

ひとり暮らしある1日
ひとり暮らしある1日

曽我部さん2

曽我部さん3