教 育

Education

国際交流

国際交流TOP

医学を通じた国際交流の場を通して、グローバルな思考を持った医師を育てます。

将来医療分野での活躍を目指す学生にとって、世界という枠の中で日本の医療を捉え、グローバルな視点を持つことはとても大切なことです。また、医学教育に関して言えば、海外の大学医学部はそれぞれ個性豊かなカリキュラムを実施しています。海外の医学教育に触れる機会として、6年次に海外実習の参加要件を満たした学生は、クリニカルクラークシップのひとつとして、最長9週間の海外実習を選択することができます。留学先はドイツ、アメリカ、イタリア等世界各国にわたり、これまで17年間で96名の留学生派遣の実績を残してきました。

教育および研究の目的で教職員・学生を相互に派遣しあう学術交流協定を2005年にマーブルク大学(ドイツ)、2011年ダヌンツィオ大学(イタリア)、2014年テュービンゲン大学(ドイツ)、2016年ノルウェー科学技術大学と締結し、2019年にはハワイ大学と協定の更新をする予定です。また、協定校以外でもマサチューセッツ大学(アメリカ)とマギル大学(カナダ)へ学生派遣(実習)を行った実績があります。
6年次だけでなく、低学年から参加できるハワイ医学教育プログラムもあります。

国際学術交流協定校

マーブルク大学医学部(ドイツ)
2005年締結

ドイツ/マーブルク大学医学部

ハワイ大学医学部(アメリカ)
2019年締結

アメリカ/ハワイ大学

ダヌンツィオ大学医学部(イタリア)
2018年更新

イタリア/ダヌンツィオ大学

テュービンゲン大学(ドイツ)
2014年締結

ドイツ/テュービンゲン大学

ノルウェー科学技術大学(ノルウェー)
2016年締結

ノルウェー/ノルウェー科学技術大学