研 究

Research

小児循環器集中治療学

研究の土壌の上に、患者さんやそのご家族に寄り添う“心”をもって実践される医療の実現
先崎秀明
先﨑 秀明
Hideaki
Senzaki
教授
担当科目第3学年:成長発達系Ⅰ;小児のトータルケア、小児の心臓
第4学年:成長発達系Ⅱ;医療の心、心不全(1)、小児心不全(2)、チアノーゼ性心疾患、新生児危急的疾患、画像・診断・検査、循環器系Ⅱ、成人先天性心疾患について
大学院医療系研究科修士課程:内科系医科学汎論、小児の心臓病
第5学年:学生実習
専門分野小児循環器全般、心不全病態生理、治療心室メカニクス、循環生理
専門医日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会専門医
所属学会日本小児循環器学会〈理事、評議員、学術委員会副委員長、ガイドライン研究委員会部会長〉
日本循環器学会〈FJCJ(特別会員) 、評議員(社員)、ガイドライン委員会、専門医委員会〉
日本心臓病学会〈FJCC(特別会員) 、成人先天性心疾患委員会〉
日本成人先天性心疾患学会〈理事、評議員〉
FAHA (Fellow of American Heart Association)
FACC (Fellow of American college of Cardiology)
日本小児循環動態研究会〈代表幹事〉

診療について
我々は、小児循環器各分野におけるエキスパートをそろえ、心臓血管外科、循環器内科、麻酔科、産婦人科、放射線科等、多くの科と協力して、世界最高水準の医療を提供することを日々心がけた診療を行っております。特に心臓血管外科は先天性心疾患の治療における重要なパートナーであり、本学の手術成績、外科医の技術は非常に高いものがあると自負いたします。
また 狭い了見にとらわれず、他施設との技術、知識、人材の循環、協力を惜しまず、できる限りの高いレヴェルの診療を実践したいと考えております。

先天性心疾患以外にも、川崎病や心筋炎、心筋症、不整脈などの後天性心疾患に関しましても幅広く受け入れております。近年増加している成人期の先天性心疾患患者様については、成人の循環器内科と連携・協力を深めております。

症状の軽重によらず、お困りの症例、お悩みの症例等ございましたら、いつでもご遠慮なくご相談いただければと存じます。

北里大学病院小児科ホームページhttp://www.kitasato-ped.jp/staff.html

教育について
生命科学の神秘、生命の尊さ、それを育む家族、社会の大切さ、医学、医療の可能性と限界について、学生一人ひとり、教室員一人ひとりと、ともに感じ考えていくことを基本の姿勢としております。さらに、生命の尊厳や患者さんやその家族への共感やいたわりの心を育むことも重要であり、幅広い視野を持った人生観や倫理観の育成を大事にしております。また、異文化との接触も人生観や倫理観の育成にはとても重要であると考え、積極的に海外留学や他施設との交流、先達による講演会等も推し進めております。さらには、地域医療を学ぶことにより、日本における医療格差を体感し、世界の医療事情にも目を向ける大きな視野を持って懐の大きな医療従事者を育成したいと考えております。
科学的な視野と生命の尊厳を大事にする個人個人の集まりが、ともに支えあい、真に患者さんの痛みを理解しようとできる医師を育てること、これが教育の柱です。

研究について
最高峰の診療を行うには、日々の診療での疑問を可決する研究が必須です。我々はその観点から常に研究マインドをもち、最先端の知見を世界に発信してきました。その一部を「主な研究業績」にご提示させていただきます。

社会貢献について
我々は、日々の診療や研究で得た専門的知識や技術を少しでも社会に還元することを、診療、教育、研究に加えた、大きな柱の一つに考えております. その一環として、我々は、最先端の医療とともに、医師不足に悩む地域の医療の発展も大変重要な課題と思って微力ながら活動をしてまいりました。2017年4月より、福島県いわき市との間に小児地域医療を支援する寄附講座「小児-小児循環器地域医療学(いわき市)」を開設することができました。皆さまのお力添えのもと、より医療格差の少ない社会の実現に少しでも近づくことができればと考えております。
 
子どものため、社会のため、できること、しなければならないことがたくさんあります。ぜひ一緒にいいものをつくっていきませんか!
当科にご興味のある方は、いつでもお気軽にご連絡ください。責任を持って楽しい職場を提供させていただきます。

主な研究業績
  1. Sugimoto M, Seki M, Kajino H, Senzaki H. High Serum Levels of Procollagen Type III-N-terminal Amino Peptide in Patients with Congenital Heart Disease. J Thorac Cardiovasc Surg. 2016; (In Press)
  2. Saiki H, Sugimoto M, Senzaki H. Exercise-induced Cardiopulmonary Arrest in a Pediatric Patient with Aortic Stenosis. Cardiol Young. 2016; 2016;Jun;26(5):1013-6. doi: 10.1017/S1047951116000330.                      
  3. Higashi K, Murakami T, Ishikawa Y, Itoi T, Ohuchi H, Kodama Y, Honda T, Masutani S,· Yamazawa H,· Senzaki H, Ishikawa S. Efficacy and safety of tolvaptan for pediatric patients with congestive heart failure. Multicenter survey in the working group of the Japanese Society of PEdiatric Circulation and Hemodynamics (J-SPECH) . Int J Cardiol. 2016; Feb 15;205:37-42. doi: 10.1016/j.ijcard. (In press).              
  4. Saiki H, Sugimoto M, Kuwata S, Kurishima C, Iwamoto Y, Ishido H, Masutani S, Senzaki H. Novel mechanisms for cerebral blood flow regulation in patients with congenital heart disease. Am Heart J. 2016 Feb;172:152-9. doi: 10.1016/j.ahj.2015.11.009. Epub 2015 Dec 2.    
  5. Saiki H, Kuwata S, Kurishima C, Masutani S, Senzaki H. Vulnerability of Coronary Circulation after Norwood Operation. Ann Thorac Surg. 2015; 10.077. [Epub ahead of print]      
  6. Seki M, Kuwata S, Kurishima C, Nakagawa R, Inuzuka R, Sugimoto M, Saiki H, Iwamoto Y, Ishido H, Masutani S, Senzaki H. Report from the Japanese Society of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery Research Committee on Cardio-Vascular Function in Adult Patients with Congenital Heart Disease: Mechanism of Aortic Root Dilation and Cardio-vascular Function in Patients with Tetralogy of Fallot. Ped Int. 2016; Jan 26. doi: 10.1111/ped.12932. [Epub ahead of print].
  7. Masutani S, Kurishima C, Yana A, Kuwata S, Iwamoto Y, Saiki H, Sugimoto M, Ishido H, Senzaki H. Assessment of Central Venous Physiology of Fontan Circulation Using Peripheral Venous Pressure. J Thoracic Cardiovasc Surg. 2016;Dec 19. pii: S0022-5223(16)31800-1. doi: 10.1016/j.jtcvs.2016.11.061. [Epub ahead of print].
  8. 谷川祥陽、増谷 聡、岩本洋一、石戸博隆、先崎秀明.  簡便な在宅和温療法は、Fontan術後遠隔期の循環と酸化ストレスを改善するか?埼玉医科大学雑誌. 2016;
  9. Izumi G, Senzaki H, Takeda A, Yamazawa A, Takei K, Furukawa T, Inai K, Shinohara T, Nakanishi T.  Importance of right atrial tension for the development of complications in patients after atriopulmonary connection Fontan procedure: potential indicator for Fontan conversion. Heart Vessels. 2017 Jan 7. doi: 10.1007/s00380-016-0941-8. [Epub ahead of print]
  10. 増谷 聡、先﨑秀明. 肺側心室としての右室機能不全の心臓カテーテル評価. 日本成人先天性心疾患学会雑誌.2017; (In press).

お問い合わせ・連絡先
北里大学医学部 新世紀医療開発センター
先端医療領域開発部門 小児循環器集中治療学
先﨑秀明

〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
E-mail:hsenzaki@med.kitasato-u.ac.jp または community.pedmed.iwaki@gmail.com
電 話:042-778-8111(代)、042-778-8192、秘書 菊池 042-778-8829
FAX:042-778-8441