研 究

Research

輸血・細胞移植学

安全かつ適正な輸血医療の推進と造血細胞移植、細胞治療を基礎から臨床まで支援する
宮﨑浩二教授
宮﨑 浩二
Koji
Miyazaki
教授
担当科目輸血学、血液内科学、血管学
専門分野輸血・細胞治療学、臨床血液学、血栓止血学
キーワード輸血、細胞治療、造血細胞移植、血栓止血、血小板、巨核球造血、細胞骨格蛋白質、再生医療、医療安全

スタッフ
北里大学医学部 輸血・細胞移植学
教授:宮﨑 浩二
講師:大谷 慎一
助教:石田 隆

教育について
輸血医療は、医療安全上重要な分野です。特に、医師、看護師、検査技師やMEなど他職種におよぶチーム医療の良いモデルでもあります。さらに、造血細胞移植医療は、多くの診療科、栄養部、緩和ケア、患者支援センターなどとの連携が必要なチーム医療の最たるものです。したがって、本単位は、チーム医療の推進や医療安全文化の醸成のために、大きな役割を果たすべき部門と考えます。臨床面では、日本輸血・細胞治療学会認定医、臨床輸血看護師、アフェレーシスナースを育て、安全かつ適正な輸血診療を推進し、再生医療や樹状細胞療法などの研究的先端医療では、基礎研究から前臨床段階(臨床応用)にわたって今後発展が期待される分野ですので、各科各研究室と連携しながら、リサーチマインドをもった医師を育てていきたいと考えています。

研究について
1.我が国におけるヘモビジランス体制の確立
日本輸血・細胞治療学会において、輸血に伴う全副作用情報をもれなく収集するシステムの構築に向けて、各社の電子カルテに対応可能なものを検討、作成中である。

2.臨床試験
血液内科領域、特に血栓止血領域、造血細胞移植領域における治験、臨床試験に参画しています。

3.複数臍帯血移植による生着促進、および造血細胞移植における前処置による骨髄環境変化と造血幹細胞への影響に関する研究
石田助教が東大医科研(中内研究室)で行ってきた研究テーマであり、今後も関連した研究を継続して行う予定です。

4.遺伝性血小板減少症の病態生理に関する研究
名古屋大学、名古屋医療センターとの共同研究で遺伝性巨大血小板減少症の病態についての研究を行っています。

5.免疫性血小板減少症の病態解明
本学医療衛生学部 佐藤隆司講師との共同研究で、免疫性血小板減少症のFcγ受容体のSNPsやトロンボポエチンおよびトロンボポエチン受容体に対する自己抗体の存在と病態との関連について研究を行っています。

大学院生募集
輸血、血栓止血、細胞治療、移植再生医療に関心があり、やる気のある大学院生を募集しています。

国内外の研究室と共同研究を行っています。海外では、テキサス大学 池辺光男教授の研究室にこれまでも本学から留学生をお願いしております。池辺研究室では、細胞骨格タンパク質、特にミオシンスーパーファミリーなどのモータータンパクを中心にその生物学的機能を最新の画像技術や分子生物学的手法を駆使して研究しており、世界のトップジャーナルに成果を掲載し続けています。世界を相手に活躍できるように、やる気のある方は、ぜひチャレンジしてほしいと思います。

主な研究業績
1. Ishida T, Akagawa N, Miyata T, Tominaga N, Iizuka T, Higashihara M, Suzuki T, Miyazaki K. Dasatinib-associated reversible 
    demyelinating peripheral polyneuropathy in a case of chronic myeloid leukemia. Int J Hematol. 107(3):373-377, 2018.

2. Tsukune Y, Sasaki M, Odajima T, Sunami K, Takei T, Moriuchi Y, Iino M, Isoda A, Nakaya A, Muta T, Miyake T, Miyazaki K,
    Shimizu T, Nakajima K, Igarashi A, Nagafuji K, Kurihara T, Aoyama T, Sugimori H, Komatsu N. Incidence and risk factors of
    hepatitis B virus reactivation in patients with multiple myeloma in an era with novel agents: a nationwide retrospective study
    in Japan. Blood Cancer J. 7:e631, 2017. 

3. Orsini S, Noris P, Bury L, Heller PG, Santoro C, Kadir RA, Butta NC, Falcinelli E, Cid AR, Fabris F, Fouassier M, Miyazaki K,
    Lozano ML, Zuñiga P, Flaujac C, Podda GM, Bermejo N, Favier R, Henskens Y, De Maistre E, De Candia E, Mumford AD,
    Ozdemir NG, Eker I, Nurden P, Bayart S, Lambert MP, Bussel J, Zieger B, Tosetto A, Melazzini F, Glembotsky AC, Pecci A,
    Cattaneo M, Schlegel N, Gresele P. Bleeding risk of surgery and its prevention in patients with inherited platelet disorders.
    The Surgery in Platelet disorders And Therapeutic Approach (SPATA) study. Haematologica. 102(7):1192-1203, 2017. 

4. Ishida T, Suzuki S, Lai C Y, Yamazaki S, Kakuta S, Iwakura Y, Nojima M, Takeuchi Y, Higashihara M, Nakauchi H, Otsu M.
    Pre-Transplantation Blockade of TNF-alpha-Mediated Oxygen Species Accumulation Protects Hematopoietic Stem Cells.
    Stem Cells 35(4):989-1002, 2017. 

5. Yokoyama M, Ichinoe M, Okina S, Sakurai Y, Nakada N, Yanagisawa N, Jiang S X, Numata Y, Umezawa A, Miyazaki K,
    Higashihara M, Murakumo, Y. CD109, a negative regulator of TGF-beta signaling, is a putative risk marker in diffuse large B-
    cell lymphoma. Int J Hematol. 105(5):614-622, 2017. 

6. Ishida T, Takahashi S, Lai C Y, Nojima M, Yamamoto R, Takeuchi E, Takeuchi Y, Higashihara M, Nakauchi H, Otsu M.
    Multiple allogeneic progenitors in combination function as a unit to support early transient hematopoiesis in transplantation. J
    Exp Med. 213(9):1865-80, 2016.
 

7. Miyazaki K, Koike Y, Kunishima S, Ishii R, Danbara M, Horie R, Yatomi Y, Higashihara M. Immature platelet fraction
    measurement is influenced by platelet size and is a useful parameter for discrimination of macrothrombocytopenia.
    Hematology. 20(10):587-592, 2015

8. Satoh T, Miyazaki K, Shimohira A, Amano N, Okazaki Y, Nishimoto T, Akahoshi T, Munekata S, Kanoh Y, Ikeda Y,
    Higashihara M, Takahashi S, Kuwana M. Fcγ receptor IIB gene polymorphism in adult Japanese patients with primary
    immune thrombocytopenia. Blood. 122(11):1991-2, 2013.

9. Kunishima S, Okuno Y, Yoshida K, Shiraishi Y, Sanada M, Muramatsu H, Chiba K, Tanaka H, Miyazaki K, Sakai M, Ohtake
    M, Kobayashi R, Iguchi A, Niimi G, Otsu M, Takahashi Y, Miyano S, Saito H, Kojima S, Ogawa S.  ACTN1 Mutations Cause
    Congenital Macrothrombocytopenia. Am J Hum Genet. 92(3): 431-438, 2013. 

10. Makita S, Aoki T, Watarai A, Aida A, Katayama T, Danbara M, Higashihara M, Miyazaki K. Acquired hemophilia associated
      with autoimmune bullous diseases: a report of two cases and a review of the literature. Inter. Med. 52(7): 807-810, 2013. 

お問い合わせ
北里大学医学部 輸血・細胞移植学
〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
E-mail: miyazakk@med.kitasato-u.ac.jp