研 究

Research

法医学

「ヒトは何故突然死ぬのだろう」その病態を解明する
佐藤文子
佐藤 文子
Fumiko
Satoh
教授
担当科目法医学
専門分野法医病理学

スタッフ
北里大学医学部 法医学単位
教授:佐藤 文子(法医病理学)
講師:入江 渉(内因性突然死の臨床化学的診断)
助教:佐々木 千寿子(法医中毒学)
   落合 恵理子(法医遺伝学)
技術職員:中丸 尚美
     阪本 桃子
     長門 純平
事務職員:布施由理香

教育について
『臨床医に必要な法医学の学習』を基本方針として、まず死についての医学的・社会学的・法律的な問題提起から始まり、死因あるいは死亡時刻を究明するために必要な知識を習得させ、さらに豊富な法医解剖例による事例講義と併せて、学内における異状死体の検案や法医解剖の見学または参加を積極的に行うことで、臨床医を志すものにとって必要とされる『法医学的考え方』を身につけられるよう教育している。医学部第3学年で「医学研究入門3」の実習、第4学年で法医学系の講義、第6学年で「クリニカルクラークシップ」の選択科目実習を受け入れている。

研究について
内因性突然死や乳幼児突然死症候群(SIDS)、死体現象の再考や各種薬毒物の分析法の確立・標準化、心臓性突然死の遺伝学的検索や身元特定のためのDNA鑑定、薬毒物中毒解析など様々な分野で研究を行っている。

将来の展望
新医学部棟建設時にご遺体専用のCTを導入することが予定されている。

主な研究実績
  1. Ochiai E, Osawa M, Satoh S, Tamura T, Nakatome M, Kaneko Y, Kakimoto Y, Minaguchi K. Y chromosome analysis for common surnames in the Japanese male population. Journal of Human Genetics. 2021; 66(7): 731-738.
  2. Murakami C, Irie W, Sasaki C, Nakamaru N, Sakamoto M, Nagato J, Satoh F. Individual identification using the RapidHIT™ ID system for forensic samples. Legal Medicine. 2020; 47: 101776.
  3. Irie W, Murakami C, Sasaki C, Nakamaru N, Sakamoto M, Nagato J, Satoh F. Left-right difference in carboxyhemoglobin saturation in heart blood of cadavers and its significance. The Kitasato Medical Journal. 2019; 49(2): 99-105.
  4. Murakami C, Irie W, Sasaki C, Nakamaru N, Sakamoto M, Nagato J, Satoh F. Extensive gastric necrosis secondary to acute gastric dilatation: A case report. Legal Medicine. 2019; 36: 85-88.
  5. Satoh F, Osawa M. Double suicide in modern Japan (in Kanagawa prefecture): Comparison with those in post-war Japan and other countries. Medicine, Science and the Law. 2018; 58(2): 97–101.
  6. Satoh F, Osawa M. Trend of homicide-suicide in Kanagawa Prefecture (Japan): Comparison with western countries. Medicine, Science and the Law. 2016; 56(4): 258–263.
  7. Maeda K, Murakami C, Irie W, Sasaki C, Oishi M, Nakamaru N, Nakamura S, Kurihara K. The case of 2 siblings that identified not only by DNA profiling. Forensic Science International: Genetics Supplement Series. 2015; 5: e555- 556.
  8. Sasaki C, Saito T, Shinozuka T, Irie W, Murakami C, Maeda K, Nakamaru N, Oishi M, Nakamura S, Kurihara K. A case of death caused by abuse of a synthetic cannabinoid N-1-naphthalenyl-1-pentyl-1H-indole-3-carboxamide. Forensic Toxicology. 2015; 33(1): 165–169.

大学院生募集
本教室では内因性急死、DNA鑑定、薬毒物分析に興味のある大学院生を募集しています。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ
北里大学医学部 法医学単位
〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1