北里大学看護学部 カリキュラム 臨地実習

北里大学看護学部

  • トップ
  • 学部概要
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 入試関連情報
  • 資格・就職状況
  • キャンパスライフ

臨地実習

トップ カリキュラム 臨地実習

臨地実習

キャンパス内の大学病院を中心に、充実した臨地実習を。

車椅子に乗る実習生
車椅子に乗る実習生

北里大学看護学部では、4年間のカリキュラムの中で、それぞれの学習段階に応じた実習を実施しています。従来、こうした実習は病院内で行われることが多いため臨床実習と呼ばれていましたが、看護のフィールドが地域社会へと広がるに伴い、看護学生が学ぶフィールドも地域社会へと広がっていることから、病院実習や保健所などでの実習も含めた「臨地実習」と名称を変更しました。本学部で行われる臨地実習の大きな特長は、北里大学病院がキャンパスに隣接し、多くの卒業生が就職していることから、大学病院看護部と看護学部との連携が非常にスムーズなことでしょう。北里大学東病院や北里研究所病院についても、同じことが言えます。

実習の内容は、まず1年次に病院、介護老人保健施設等の各施設で看護基礎実習 I を行い、2年次の後期には、初めて一人の患者様を受け持つ看護基礎実習 II を実施します。そして、3年次前期には慢性期看護学実習と生活支援看護学実習、3年次後期からは領域別看護学実習(急性期、老年、小児、母性、精神、在宅)を行い、それぞれの分野を総括した後、しめくくりの統合実習が行われます。これらの実習は、北里大学病院・東病院・北里研究所病院等の各病棟のほか、保育園や訪問看護ステーションなどでも行われ、より幅広い学習が可能となっています。

病院ホームページ


実習風景(動画)

動画を見る

Get Windows Media Player

動画の再生には Windows Media Playerが必要です。Windows Media Playerをお持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。