北里大学看護学部 学部概要 教育理念

北里大学看護学部

  • トップ
  • 学部概要
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 入試関連情報
  • 資格・就職状況
  • キャンパスライフ

看護学部が目指すもの

トップ 学部概要 看護学部が目指すもの

看護学部が目指すもの

看護学部では下記の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」のもとに、3つの方針を定めています。


人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

看護学部は、生命科学系総合大学のなかで他学部との連携のもとに、高度医療、医療安全の確保、予防医療、介護予防など、多様化した保健医療に対する社会の要請に応えうる幅広い知識と技能を備え、看護専門職者としてリーダーシップを発揮できる人材の育成を目的とする。そのための教育研究上の目的は、看護職者の具体的能力として、

  1. 人間性
  2. 思考力
  3. 表現能力
  4. 看護実践能力
  5. 改革能力

の5つを強化することとする。


学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

看護学部では、以下の能力を修得した者に学位を授与する。

  1. 豊かな人間性と幅広い教養に支えられたヒューマンケアを実践できる。
  2. 十分なコミュニケーション力に基づいた相互理解による援助的関係を築ける。
  3. 科学的思考を活用し、フィジカルアセスメントや科学的根拠に基づく看護実践ができる。
  4. 多様なケア環境における他職種との連携の中で看護専門職として看護の機能を発揮できる。
  5. 医療の進歩や社会の動向を踏まえ、看護実践能力向上のため研鑽し続けられる。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

幅広い知識と技能を備えた看護専門職者を育成するため、以下のような方針に従って教育課程を編成している。

  1. 一般教育科目を全分野より履修させ、幅広い教養と豊かな人間性を身につけさせる。
  2. 人体に関する基礎科学を看護学の中で統合させる力を養成する。
  3. 臨地実習を効果的に配置し、段階的かつ反復的な学習により看護実践能力の向上を図る。
  4. フィジカルアセスメント、チーム医療、感染看護、ヘルスプロモーション、国際看護を強化する。
  5. 保健師教育課程、助産師教育課程、養護教諭一種教職課程の履修を選択制とする。


入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

●理念・目的等

  1. 人格的に優れ、科学的・文化的素養を備えた看護専門職者を育成するために、時代のニーズに応じて看護教育を刷新していきます。
  2. 大学教育・研究を通じて看護学の学問的な体系化を図るとともに、それにふさわしいカリキュラムを実践します。
  3. 医療系の学部間連携のもとに、関連他職種との協働の中で、主体性をもって医療・保健・福祉の促進に貢献します。

●選抜者基本方針

看護学部は、豊かな人間性と幅広い教養を身につけ、医療や社会の変化に対応しながら人々の健康的な生活を支援できる看護専門職者の養成を教育目標としています。入学者の受け入れにおいては、学力に偏ることなく、一人ひとりの特色のある考え方や人間性、広く看護の場で活躍したいと願う積極性や高校生活における活動などを総合的に勘案した選抜を行うことを基本方針としています。

●求める学生像

  1. 生涯を通じ探究心をもって看護学を学び続けられる学生
  2. 柔軟な発想をもち、進んで困難や課題に対処できる学生
  3. 慎重に考慮しながら行動できる学生
  4. 人とのかかわりを大切にし、社会に貢献したいと考える学生

●入学者選抜方針

【指定校推薦入学試験】
高校での学習および各種活動に積極的に取り組み、本学部卒業後には看護の場で活躍したいと考える学生の入学を希望します。
【一般入学試験】
学科目(英語、数学または理科)について十分な基礎学力を有し、論理的な思考・表現ができ、卒業後、看護の場で活躍したいと考える学生の入学を希望します。
【学士入学試験】
他領域の大学を卒業して広い教養をもち、本学部卒業後には看護の場で活躍したいと考える学生の入学を希望します。