北里大学看護学部 教員紹介 桑原 さやか


桑原 さやか


氏名 桑原 さやか
フリガナ (ローマ字) クワハラ サヤカ(KUWAHARA, sayaka)
職名 助教
所属名 生涯発達看護学(母性看護学・助産学)
学歴 2010年 北里大学大学院看護学研究科修士課程修了
学位 修士(看護学)
学位論文の題名 産後の抑うつの予防的支援の検討 -妊娠期のピア・サポートを活用して-
担当授業科目 母性生涯発達看護学演習・実習、助産診断・技術学演習・実習
研究分野 助産学、周産期メンタルヘルス、産後うつ、産後ケア
現在の研究テーマ 産後うつの予防的介入、助産師が行う産後ケア
研究内容キーワード 周産期メンタルヘルス、産後うつ、予防的介入、ピアサポート、産後ケア
著書・学術論文 1)菊地さやか他5名:分娩経過と産後疲労の関連.神奈川母性衛生学会誌,9(1):25-28,2006.
2)菊地さやか:産科DICと看護.妊産婦と赤ちゃんケア,4(2):8-18,2012.
3)桑原さやか:実習に活かす!情報収集のコツ -母性看護学実習-.看護学生,60(6):42-45,2012.
4)桑原さやか:さまざまな角度からみた妊婦の管理 -代謝内分泌内科・産科の連携-.糖尿病と妊娠,14(1):72-75,2014.
5)桑原さやか他1名:妊娠糖尿病の専門的支援 -医療連携の実際と看護実践-.内分泌・糖尿病・代謝内科,44(4):289-292,2017.
6)桑原さやか他4名:産後ケアセンターの特徴からメンタルヘルスを考える.周産期医学,47(5):629-632,2017.
7)桑原さやか他1名:産後に精神症状を呈した母親への関わり.日本周産期メンタルヘルス学会会誌,3(1):33-37,2017.
8)桑原さやか:出産後のメンタルヘルスケア-ダイレクトケアと予防的かかわり-.臨床助産ケア,11(1):58-64,2019.
職歴 聖マリアンナ医科大学病院 総合周産期母子医療センター12年
町田市保健予防課(非常勤)3年
出張専門開業助産師3年
世田谷区立産後ケアセンター3年
大学教員(助手)1年
所属学会 日本母性衛生学会、日本看護学会、日本母性看護学会、日本周産期メンタルヘルス学会、日本助産師学会、日本糖尿病妊娠学会
受賞歴 神奈川母性衛生学会 学術奨励賞
電子メールアドレス kuwahara@nrs.kitasato-u.ac.jp
最終更新日 2019/5/7


■ 閉じる ■