北里大学看護学部 教員紹介 三藤 久


三藤 久


氏名 三藤 久
フリガナ (ローマ字) ミツフジ ヒサシ(MITSUFUJI, Hisashi)
職名 教授
所属名 基礎看護学
学歴 1990年 北里大学 医学部 卒業
学位 医学博士
学位論文の題名 Acute changes in bronchoconstriction influences exhaled nitric oxide level.
担当科目 基礎看護科学総習,先端医療論,基礎看護科学実習 I
研究分野 肺癌の診断と治療
現在の研究テーマ 同上
研究内容キーワード 化学療法,集学的治療,呼吸器内視鏡
著書・論文 【著書】
1. 三藤久:【呼吸不全の診療】 呼吸不全を招く疾患 薬剤性肺炎. Medicina,47巻 Page 1404-1408,2010.
2. 三藤久, 相馬一亥:【人工呼吸療法 各種機器の特徴と保守管理、呼吸管理のポイント】 各種病態に対する呼吸管理のポイント 気管支喘息. Clinical Engineering 別冊人工呼吸療法改訂第4版(沼田克雄,安本和正),秀潤社,東京,2007,Page 410-417.
3. 三藤久:【コメディカルスタッフが患者さんに説明する 呼吸ケアのための呼吸器疾患事典】 Case Studyで理解する呼吸器疾患の症候と対応 喀血.呼吸器ケア 2007 冬季増刊,Page 26-32,2007.
【論文】
1. Yokoba M, Ishii N, Ichikawa T, Wada M, Mitsufuji H, Kubota M, Masuda N, Katagiri M: Association of superior vena cava syndrome with sleep apnea: investigation using an impulse oscillometry system. International Journal of Clinical Medicine, 3: 270-75, 2012.
2. Asakuma M, Yamamoto M, Wada M, Ryuge S, Katono K, Yokoba M, Fukui T, Takakura A, Otani S, Maki S, Igawa S, Yanaihara T, Mitsufuji H, Kubota M, Katagiri M, Sasaki J, Masuda N: Phase I trial of irinotecan and amrubicin with granulocyte colony-stimulating factor support in extensive-stage small-cell lung cancer. Cancer Chemotherapy & Pharmacology, 69: 1529-36, 2012.
3. Wada M, Yamamoto M, Ryuge S, Nagashima Y, Hayashi N, Maki S, Otani S, Katono K, Takakura A, Yanaihara T, Igawa S, Yokoba M, Mitsufuji H, Kubota M, Katagiri M, Masuda N: Phase II study of S-1 monotherapy in patients with previously treated, advanced non-small-cell lung cancer. Cancer Chemotherapy & Pharmacology, 69: 1005-11, 2012.
職歴 1996年 北里大学医学部 助手
2006年 北里大学医学部 講師
2014年 北里大学看護学部 准教授
2017年 北里大学看護学部 教授
所属学会 日本内科学会,日本呼吸器学会,日本呼吸器内視鏡学会,日本臨床腫瘍学会,日本肺癌学会
受賞歴 第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 大畑記念メダル 受賞
学内活動 相模原キャンパス安全衛生委員会委員,校医
社会活動 相模原市医師会肺癌検診班判定委員,座間市医師会肺癌検診班判定委員,相模原市・座間市・海老名市・大和市各医師会の月例呼吸器疾患研究会講師
電子メールアドレス hisashi@med.kitasato-u.ac.jp
最終更新日 2018/6/25


■ 閉じる ■