北里大学看護学部 教員紹介 長尾 式子


長尾 式子


氏名 長尾 式子
フリガナ (ローマ字) ナガオ ノリコ(NAGAO NORIKO)
職名 准教授
所属名 看護システム学
学歴 京都大学大学院医学系研究科社会健康医学系専攻博士後期課程単位取得満期退学
学位 博士(保健学)
学位論文の題名 Comparison of ethical judgments exhibited by clients and ethics consultants in Japan.
担当授業科目 看護倫理、看護管理学、看護キャリア開発論
研究分野 医療倫理、臨床倫理、看護倫理、療養支援
現在の研究テーマ 臨床倫理支援能力の枠組み構築と尺度開発
研究内容キーワード 医療倫理、臨床倫理、看護倫理、療養支援
業績 【著書】
1. 長尾式子: 第2章リフレクティブな実践のためのスキルの発展. 看護における反省的実践(編クリス・バルマン, スー・シュッツ,監訳田村由美, 池西悦子, 津田紀子), 看護の科学社, 東京, 2014, 31-70.
2. 長尾式子: 倫理コンサルテーション. 臨床倫理(浅井篤、高橋隆), 丸善, 東京, 13 巻, 2012, 22-45.
3. 長尾式子, 田村由美: IPWと倫理. 新しいチーム医療(田村由美), 看護の科学者, 東京, 2012, 57-66.
4. 長尾式子: インフォームド・コンセント. エキスパートナース・ハンドブック消化器外科ケア(宇佐美眞), 照林社, 東京, 2010, 6-10.
5. 長尾式子: 第9条プライバシーと守秘義務. ユネスコ生命倫理学必修(監訳浅井篤, 高橋隆雄, 谷田憲俊), 国際連合教育科学文化機構人文・社会科学局科学・技術倫理部, 大阪, 2010, 55-58.

【原著論文】
1. Nagao, N., Tsuchiya, A., Ando, S., Arita, M., Toyonaga, T., and Miyawaki, I. The psychosocial influences of waiting periods on patients undergoing endoscopic submucosal dissection. Gastroenterol. Nurs., Mar 16, 2016.
2. Nagao, N., Kadooka, Y., and Asai, A.: Comparison of ethical judgments exhibited by clients and ethics consultants in Japan. BMC. Med. Ethics., 15:19. doi: 10, 2014.
3. Nagao, N., Aulisio, MP., Nukaga, Y., Fujita, M., Kosugi, S., Youngner, S., and Akabayashi, A.: Clinical ethics consultation: examining how American and Japanese experts analyze an Alzheimer’s case. BMC. Med. Ethics., 29; 9:2, 2008.
4. 長尾式子, 瀧本禎之, 赤林朗, 白浜雅司, 大林雅之, 森下直貴, 庄司進一: 日本の卒後臨床研修における倫理教育の現状. 医学教育, 37(4): 215-220, 2006.
5. 長尾式子, 瀧本禎之, 赤林朗: 日本における病院倫理コンサルテーションの現状に関する調査. 生命倫理, 15(1): 101-106, 2005.
所属学会 日本生命倫理学会、日本医学教育学会、日本看護倫理学会、日本看護科学学会、日本臨床倫理学会
職歴 国家公務員共済組合 虎の門病院
科学技術振興調整費 東京大学 生命・医療倫理人材医養成ユニット
神戸大学大学院 保健学研究科
社会活動 研究倫理委員会、倫理コンサルテーション
電子メールアドレス n_nagao@nrs.kitasato-u.ac.jp
最終更新日 2017/5/17


■ 閉じる ■