北里大学看護学部 教員紹介 中山 栄純


中山 栄純


氏名 中山栄純
フリガナ (ローマ字) ナカヤマ エイジュン(NAKAYAMA EIJUN)
職名 准教授
所属名 基礎看護学
学歴 2000年 東京医科歯科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了(看護学専攻)
学位 博士(看護学)
担当授業科目 【学部】基礎看護科学 II・III・IV,基礎看護科学演習 I・II・III・IV,基礎看護科学実習 I・II,看護過程・診断学,看護基礎実習 I・II,統合実習 他
【大学院】基礎看護学 II・VII,基礎看護学演習 II・IV,基礎看護学特別研究,フィジカルアセスメント学,老年看護学 II
研究分野 看護技術、看護教育、人間工学
現在の研究テーマ 看護技術の科学的根拠の構築
Web教材を活用した看護技術教育の効果
看護師を対象とした継続教育の有効性の評価
高齢者の生活リズム・日常生活動作・歩行に関する研究
研究内容キーワード 看護技術,科学的根拠,自己学習,Web教材,継続教育,IT,日常生活動作、睡眠,歩行
業績 【著書】
1. 中山栄純:嚥下機能・栄養状態アセスメント.看護技術ベーシック(藤野彰子),サイオ出版,東京, 2015,108-113.
2. 中山栄純:食事の介助.看護技術ベーシック(藤野彰子),サイオ出版,東京, 2015,114-119.
3. 中山栄純、坂下千珠子:「看護実践と看護理論」研修に取り組んだ看護師の学び.看護継続教育 看護診断の臨床活用(田中彰子,菊一好子,前川恭子),医歯薬出版,東京,2007,70-72.
4. 中山栄純:内分泌系の基準. 看護診断に基づく看護ケア基準2(マリー S. ジャフェ著、佐藤千史、叶谷由佳監訳),日本看護協会出版会,東京,2006,125-141.

【論文】
1. Eijun Nakayama, Tasuku Kimura, Hiromitsu Kobayashi, Wataru Kakihana : Effect of continuous intervention for physical activity and walking for healthy older persons. Int J Nurs Clin Pract, 2015 (in press)
2. 熊谷奈穂,鰍澤千佳,八木街子,中山栄純:フィジカルアセスメントWeb動画教材の開発と有効性の評価.日本シミュレーション医療教育学会雑誌, 2015 (in press)
3. 中山栄純,松谷伸二,小泉雅也:気象条件の異なる地域での高齢者の睡眠の比較.看護人間工学学会誌:11,25-30,2011.
4. 早川有紀,中山栄純:深夜業務後の看護師に対するリフレクソロジー施術が自律神経活動に及ぼす影響.看護人間工学学会誌:11,19-24,2011.
5. 中山栄純:在宅高齢者の生活リズムの季節変化 中年期対象者との比較.日本人間工学学会誌:46(4),267-271,2010.
6. Kuroda Y, Kashiwagi K, Hayashi M, Nakayama E, Oda M, Yamase H, Nakaki T:A nation wide investigation of the rate of diffusion of computerized medical records as reported by nursing staff. Japan Journal of Nursing Science,4(2):79-84,2008.
7. Kimura T, Kobayashi H, Nakayama E, Hanaoka M:Effect of aging on gait patterns in the healthy elderly. Anthropological Science:115,67-71,2007.
8. 高山直子, 岡崎寿美子, 中山栄純:施設入居高齢者に対する就寝前の足浴導入が睡眠に及ぼす効果について. 日本看護技術学会誌,6(1):46-53,2007.
9. 山勢博彰, 伊東美佐江, 黒田裕子, 岡崎寿美子, 城戸滋里, 中山栄純, 本戸史子, 林みよ子, 脇坂浩, 中木高夫, 柏木公一, 小田正枝, 相良かおる, 棚橋泰之:電子カルテシステムの有用性に関する臨床看護師の認識. 看護診断,12(1):27-34,2007.
10. 前田修子,水島ゆかり,滝内隆子,中山栄純,浅見美千代:「在宅における感染管理に関するマニュアル」の内容に関する評価. 日本在宅ケア学会誌,10(2): 91-98,2007.
11. 中山栄純,小林宏光,山本昇:アクチグラフによる睡眠・覚醒判定の基礎的検討.石川看護雑誌,3(2):31-37,2006.
12. 中山栄純,藤本悦子:看護技術教育において足浴実験を実施することの学習効果.石川看護雑誌, 3(1):59-63,2005.
所属学会 日本看護科学学会,日本看護研究学会,日本看護学教育学会,日本看護技術学会,日本運動器看護学会,日本人間工学会看護部会
職歴 1994年 鶴が丘病院 看護師
1996年 東京都杉並区南保健所 保健師(非常勤)
1996年 公益財団法人 健康体力づくり事業財団(非常勤)
1997年 石川県看護大学設立準備室
2000年 石川県立看護大学 助手
2006年 北里大学看護学部 講師 2012年 北里大学看護学部 准教授
学内活動 【全学】臨床教育研究棟建設WG,臨床教育研究棟建設スキルスラボ運営WG,大学病院キャリアパスWG
【学部】研究委員会,研究倫理委員会,看護学部建設委員会,臨地実習委員会、臨地実習委員会WG
社会活動 日本看護系大学協議会看護学教育評価検討委員会委員,私立大学情報教育協会サイバー・キャンパス・コソーシアム看護学グループ運営委員会委員,日本運動器看護学会編集委員,NPO法人わくわくネットはくい理事
電子メールアドレス nakayama@nrs.kitasato-u.ac.jp
最終更新日 2015/6/22


■ 閉じる ■