北里大学大学院看護学研究科 研究科概要 研究科長メッセージ

北里大学大学院看護学研究科

  • トップ
  • 研究科の概要
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 提出論文一覧
  • 研究活動
  • 入試関連情報

研究科長メッセージ

トップ 研究科概要 研究科長メッセージ

研究科長メッセージ

看護学研究科長 島袋 香子
看護学研究科長: 島袋 香子

 北里大学大学院看護学研究科は、社会の要請に応え活躍できる高度看護実践者、看護教育者、看護研究者の育成を目指しています。修士課程においては、広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究・教育能力又は高度看護実践能力を養うこと。後期博士課程においては、研究者として自立し、看護学の発展に向けた研究能力と豊かな学識を養うことを目標としています。自らの将来を展望し、研鑽して頂きたいと思います。

 専門看護師教育課程は7つの専攻分野を有しています。多くの専門看護師が活躍する北里大学病院や北里大学東病院と密接に連携し実践に基づいた実習を行っています。医療チームの一員とし参加することで看護実践能力を高めていけると思います。

 看護教育力や研究力を高めたい方は、どの領域においても門戸が開かれています。専門性を高めるために深く学ぶことは重要ですが、広く学ぶ発想も必要だと思います。そうすることで自分自身の看護力が広がります。自分が極めたい看護が明確になったらどうぞ相談にきてください。

 大学院では学生が中心となって授業が進められます。大学院生は専用の自習室を持っています。図書館やウエブ環境が充実しており、「自ら学ぶ」環境を整えています。経済的な不安が有る場合には、勤労しながら学べる長期履修制度や奨学金制度を活用できます。

 大学院での学びは、求めれば求めるほど課題が多くなりますが、自分を見つめ直す機会となります。各分野の看護専門職が一緒に学ぶので、日々の議論は深く、得るものは大きいと思います。長い看護人生中で自分のために使う時間、社会人学習ならでの貴重な学びとやりがいを実感して頂けると思います。

(看護学研究科長: 島袋 香子)