北里大学大学院看護学研究科 研究科概要 教育目的

北里大学大学院看護学研究科

  • トップ
  • 研究科の概要
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 提出論文一覧
  • 研究活動
  • 入試関連情報

看護学研究科が目指すもの

トップ 研究科概要 看護学研究科が目指すもの

看護学研究科が目指すもの

看護学研究科では下記の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」のもとに、3つの方針を定めています。


人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

看護学研究科は、看護生涯教育モデル化における理念のもと、今日の社会的要請に先駆的に対応できる専門知識と問題解決能力を備え、看護の実践・教育・研究の場で活躍し、実践・教育・研究を通じて看護学の発展に寄与できる人材の育成を目的とする。


学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

課程修了に値する以下の能力を有している者に学位を授与する。
≪修士課程≫

  1. 専門看護師を目指す者は、卓越した臨床看護実践能力、臨床のさまざまな課題を倫理的・理論的かつ研究的に解決する能力及び多職種と連携するために必要なチームにおける調整能力やコンサルテーション能力。
  2. 教育・研究者を目指す者は、看護学の知識の体系化、ケアの開発やエビデンスの検証に関する研究を行なう基礎的能力。

≪博士後期課程≫

看護学の発展に寄与する研究活動を自立して行なえる能力。


教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

≪修士課程≫
今日の社会要請に先駆的に対応できる専門的知識と問題解決能力を備え、看護実践と教育・研究を通して看護学の発展に寄与できる看護専門職者を育成するため、専攻分野を構成し、以下の教育課程を編成している。

  1. 看護学の教育・研究・実践において高度な専門性を有するための基盤となる共通科目の配置
  2. 各分野における専門看護師に必要な能力を育成するための専門科目の配置
  3. 各分野における教育・研究を行なう基礎的能力を育成するための専門科目の配置

≪博士後期課程≫
看護学の発展に寄与する研究活動を自立して行なえる人材を育成するため、専攻分野を構成し、以下の教育課程を編成している。

  1. 各分野における深い学識を養い、研究能力を育成するための特論・研究方法論の科目を配置
  2. 論文指導を行う特別研究の科目を配置

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

≪修士課程≫
●理念・目的等

修士課程は、広い視野に立って、看護学及び看護学関連科目を学び、看護実践の各専門領域において看護学研究の基礎能力又は高度な看護実践能力をもつ人材の育成を理念としています。

●選抜者基本方針

看護学研究科は、看護生涯教育のモデル化における理念のもと、今日の社会的要請に応え、看護の質を高め、問題解決能力を備え、看護の実践・研究・教育の場で活躍できる人材の育成を教育目標としていることから、入学者の受け入れにおいては、各専門領域における看護実践、教育及び研究に対する探求心、そして人間性豊かな感性を勘案した選抜を行うことを基本方針とします。

●求める学生像

  1. 生涯に亘って看護学を学び続けられる人。
  2. 各専門領域において看護実践能力を高める意欲と行動力のある人。
  3. 各専門領域において多様な研究及び教育への関心と追究する姿勢を持つ人。
  4. 看護実践の質向上への社会的貢献ができる人。
  5. 実践・研究・教育の面で高度看護専門職業人としての活躍を志す人。

●入学者選抜方針

【一般入学試験 <I期・II期>】
各専門領域についての基礎的な知識と看護・医療分野における英語の読解力を有し、論理的思考力に基づいた問題解決ができる学生の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験 <I期・II期>】
各専門領域についての看護実践経験と看護・医療分野における英語の読解力を有し、論理的思考力に基づいた問題解決ができる学生の入学を希望します。


≪博士後期課程≫
●理念・目的等

博士後期課程は、自立して研究活動を行うことのできる看護学研究者を育成し、大学等において教育・研究に従事する、あるいは看護実践の場で高度な看護専門職や看護管理者として活躍する人材を育成することを理念としています。

●選抜者基本方針

看護学研究科は、看護生涯教育のモデル化における理念のもと、今日の社会的要請に応え、看護の質を高め、問題解決能力を備え、看護の実践・研究・教育の場で活躍できる人材の育成を教育目標としていることから、入学者の受け入れにおいては、各専門領域における看護実践、教育及び研究に対する探求心、そして人間性豊かな感性を勘案した選抜を行うことを基本方針とします。

●求める学生像

  1. 生涯に亘って看護学の探求及び看護研究活動を行い続けることをめざす人。
  2. 各専門領域における看護実践能力の向上や開発をめざす意欲と行動力を持つ人。
  3. 各専門領域において看護学の質向上をめざす教育を追究する姿勢を持ち続ける人。
  4. 看護学の学問的発展に寄与するとともに社会的貢献ができる人。
  5. 実践・研究・教育の面で高度看護専門職業人として活躍できる人。

●入学者選抜方針

【一般入学試験 <I期・II期>】
各専門領域について、高度な専門知識と臨床看護能力を有し、看護・医療分野における英語読解力を持ち、論理的思考力に基づいた問題解決ができる学生の入学を希望します。