北里大学大学院看護学研究科 提出論文一覧 博士論文

北里大学大学院看護学研究科

  • トップ
  • 研究科の概要
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 提出論文一覧
  • 研究活動
  • 入試関連情報

博士論文

トップ 提出論文一覧 博士論文

学位論文一覧

課程博士論文博士


 課程博士

氏名 論文題目 学位授与年月
和智 志げみ 母親が必要としている支援」を成し遂げるための助産ケア技術 -産褥早期の授乳場面における助産師と母親との相互行為に関する分析から- 2019年3月
金子 あけみ 中年期男性のライフスタイルと健康増進行動に影響を及ぼす要因に関する研究 -健康増進ライフスタイル仮説モデルを用いて- 2018年3月
善生 まり子 在宅移行期支援における退院調整看護師の実践の構造 -専門職連携カンファレンス場面を中心として- 2018年3月
臼井 雅美 家族システムケアアプローチを用いた周産期家族支援プログラムの開発研究 -初めて親になる夫婦の妊娠期からの介入を通して- 平成29年9月
木全 明子 看護師による就労支援モデルの構築に向けた婦人科がんサバイバーの就労問題の実態および離職関連要因の検討 平成29年9月
千崎 美登子 進行膵がん患者とその家族の療養体験の変容 -看護師とのパートナーシップの過程における相互行為に焦点を当てて- 平成29年9月
鈴木 紀子 妊婦の妊娠貧血予防に向けた健康行動の検討 -非侵襲的ヘモグロビンの自己測定の分析から- 平成29年3月
堀金 幸栄 眼底検査を受ける早産児の散瞳時における光刺激に対する防音低照度カバーの効果 -心拍変動解析による自律神経活動・唾液中クロモグラニンA・Stateによる評価から- 平成27年3月
山田 紋子 乳房再建術を提案された初発乳がん女性の身体・生活の変化を乗り越えていくプロセスと看護師の役割 平成27年3月
和田 美也子 初期全身治療を受ける中年期乳がん患者の自己調整学習行動尺度の開発 平成27年3月
田久保 由美子 健康障害につながる肥満を持つ学童期の子どもと家族を対象とした介入プログラムに重要な要素と看護職の役割の探究 -SSMを用いたことによる成果- 平成26年3月
松原 康美 チーム医療による外来でのストーマ造設術前教育の効果に関する検証 -Mixed Methods 研究- 平成25年3月
田辺 けい子 「生殖から離れている身体」のエスノグラフィー -女性の健康に対する医療人類学的視点からの検討- 平成25年3月
藤本 薫 更年期症状を有する女性への健康促進に向けたコーチングの効果 平成24年3月
今泉 郷子 食道がんを超えて生きる知恵を生み出す -化学放射線療法を受けた初老の男性食道がん患者の体験- 平成23年3月
福田 和明 重症患者家族のニーズに対する看護師の認知モデルの探索 平成23年3月
林 みよ子 在宅移行前における脳卒中患者の家族介護者の介護準備状態に向けた看護支援に関する研究 -家族介護者の介護準備状態の仮説モデルの作成と検証- 平成22年3月
新井 陽子 産後うつの予防に対する妊娠期からの看護介入に関する研究 -カルガリー家族看護モデルに基づく家族機能に焦点をあてた面接の効果- 平成19年3月
岡山 久代 母親への移行過程にある初妊婦がとらえる実母との関係性に関する研究 平成19年3月
香取 洋子 新生児に対する母親の応答過程促進に向けた看護介入プログラムの効果 -授乳場面における母子の相互作用の評価から- 平成18年3月
佐藤 香代 「身体感覚活性化を中心に据えたマザークラス」に参加した妊娠期女性の内面的変容過程に関する研究 -産み育てる力を育む助産ケアに向けて- 平成17年3月
杵淵 惠美子 人工妊娠中絶を受ける女性の意思決定過程におけるアンビバレンス -バランスシートとうつ尺度による検討- 平成17年3月
長鶴 美佐子 褥婦のメンタルヘルスに対する周産期の実母との関係性の影響 平成16年3月
中村 由美子 構造方程式モデリング手法を用いた養育期にある家族の家族機能モデルの構築 -Family Dynamics Measure II を基本尺度として- 平成16年3月
片岡 秋子 足部マッサージ・腹式呼吸の看護介入が患者の心身に及ぼす効果 -生理学的および面接から得た情報の分析を基に- 平成15年3月
立岡 弓子 出産ストレスと初乳中 S-IgA 濃度に関する精神神経免疫学的研究 平成15年3月
久保 五月 トータルペインを体験しているがん患者のケアに携わる看護職者のパターンの変化 -M. Newman の健康の理論に基づくパートナーシップの過程を通して- 平成14年3月
菅沼 ひろ子 更年期女性の閉経・更年期の受け止め方と更年期症状に関する比較文化的研究 -インドネシア共和国P市と宮崎県T町の比較から- 平成14年3月
横田 素美 膵臓がん死亡のハイリスクな集団とその地域的および年齢的特徴 平成14年3月
浅野 みどり 「家族の強み」の概念を導入した尺度の開発に関する研究 -難治性てんかんの子どもを養育する家族における検討- 平成14年3月
大石 杉乃 看護婦・准看護婦の数と比率に影響する要因に関する研究 -看護情報管理学的視点からみた定量的分析- 平成14年3月
嶺岸 秀子 対話とマッサージを組み入れた看護介入と進行期がん患者の病気・治療体験における変化 -M. Rogers の統一体としての人間の科学に基づいて- 平成13年3月
島袋 香子 初妊婦のつわりの程度と心理状態に関する研究 平成12年3月



 論文博士

氏名 論文題目 学位授与年月
佐藤 冨美子 乳がん体験者の術後上肢機能障害に対する主観的認知の実態及びクオリティ・オブ・ライフとの関連 -術後1年までに焦点を当てて- 平成18年9月
稲吉 光子 がん生存者とがん看護スペシャリストの共同意思決定に関する実践的研究 平成14年12月