北里大学大学院看護学研究科 提出論文一覧 修士論文

北里大学大学院看護学研究科

  • トップ
  • 研究科の概要
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 提出論文一覧
  • 研究活動
  • 入試関連情報

修士論文(平成10年まで)

トップ 提出論文一覧 修士論文修士論文(平成10年まで)

修士論文一覧

2019年以降
平成21年から2018年まで
平成11年から20年まで
平成10年まで


氏名 論文題目 学位授与年月
赤羽 寿美 思春期がん患児が病気体験から意味を見いだしていくための看護介入 -患児に擁護者として対面する看護面接の試み- 平成10年3月
伊藤 幸子 高齢妊婦の不安に関する研究 -羊水検査適応者の妊娠初期からの体験を追って- 平成10年3月
稲垣 順子 喉頭全摘術を受けた患者のパターン認識の過程 -苦悩状態が長く続いた人とのパートナーシップを通して- 平成10年3月
今泉 郷子 入退院を繰り返しながら化学療法を受ける胃がん患者の遭遇する問題を乗り越えるプロセス 平成10年3月
近藤 恵子 精神科患者の行動制限の実態と看護者が直面する患者状況について -大学病院精神科閉鎖病棟の看護記録から- 平成10年3月
坂下 智珠子 化学療法による嘔気・嘔吐のある患者への看護独自の介入 -患者・看護婦関係を軸としたリラクセーションプログラムを用いて- 平成10年3月
佐藤 淑子 感染予防行為の実施に関する看護婦の認識 平成10年3月
鈴木 英子 高機能自閉症青年の就労における適応行動獲得のための援助過程 平成10年3月
立岡 弓子 産婦のストレスが初乳免疫能に及ぼす影響についての研究 平成10年3月
久野 暢子 看護者の認識と患者への働きかけに関する研究 -看護者が<意外性>を感じた看護場面の分析- 平成10年3月
平井 るり 小児科医院への受診を決定づける母親の認識パターンに関する研究 平成10年3月
牧野 智恵 がんの告知の現象学的研究 平成10年3月
山本 眞美子 神奈川県A町における子育てグループの参加意識と看護職の関わりに関する研究 平成10年3月
芦野 勝枝 老人保健施設における看護・介護記録に基づく施設職員の行動分析 平成9年3月
天津 栄子 老人保健施設における痴呆性老人とケアスタッフの相互作用の特徴 -かかわりのずれを素材にして- 平成9年3月
今井 雪香 術後せん妄状態に対する看護婦の認知と看護行動 平成9年3月
岩永 秀子 保健行動の地域特性 -都市部と農漁村部の住民の保健行動とその実行要因の地域特性- 平成9年3月
片山 富美代 新人看護婦における職場適応の経時的変化に関する研究 -就職後4ヵ月間の適応過程の分析- 平成9年3月
菊池 謙一郎 在院10年以上の精神分裂病患者の退院の意向とそれに関する要因について -アンケート調査結果からの一考察- 平成9年3月
木下 珠希 家族の一員ががんと診断された家族の体験 -妻ががんと診断された夫を対象として- 平成9年3月
嶋野 ひさ子 臨床看護における感染防止技術の現状と「院内細菌感染防護策」の適用について 平成9年3月
千崎 美登子 胃癌で胃切除術を受ける患者の情緒状態と対処行動に関する研究 平成9年3月
中村 由美子 入院した学童のストレス・コーピングについての一考察 -ストレスの一側面としての不安と適応によって生じる満足度に着目して- 平成9年3月
長谷川 雅美 精神障害者の就労前におけるリハビリテーション看護の視点と実践の指針 -クラブハウスのメンバー・スタッフ関係の分析から- 平成9年3月
久野 多恵 終末期のがん患者の看護目標立案に影響する要因 平成9年3月
平尾 百合子 梅酢を用いた口腔内ケアの有効性 -口腔内細菌の観察を通して- 平成9年3月
松尾 真規子 精神科訪問看護場面における看護者の行為の質的分析 -慢性精神疾患を持つ高齢の単身者4例を通して- 平成9年3月
美濃 由紀子 がん看護における「対人関係」の方法論的意義 -看護学における現象学的アプローチの活用- 平成9年3月
柳 奈津子 初産婦の妊娠中期からの不安の変化とその要因に関する一考察 平成9年3月
山本 千鶴子 ユニバーサル・プリコーションズの概念に基づく感染防護策の手術室への適用 平成9年3月
渡部 節子 看護婦の感染予防技術の問題点 -「院内細菌感染防護策」を基に- 平成9年3月
相澤 和美 精神保健福祉センター職員のグループホーム設立に関わる援助技術 平成8年3月
遠藤 俊子 『中年女性の健康問題抽出のための既存尺度の信頼性・妥当性の検討と健康問題』 -山梨県北巨摩郡3町村の分析- 平成8年3月
大石 杉乃 Grace Elizabeth Alt の看護思想が第二次世界大戦後の日本の看護政策に与えた影響 平成8年3月
菅野 真紀 精神科保護室における看護判断に影響を及ぼす因子 -看護者の経験年数に焦点を当てて- 平成8年3月
久保 五月 癌患者の疼痛管理に携わる看護婦の臨床判断に関する研究 -臨床判断を構成する要素とその関連について- 平成8年3月
倉鋪 桂子 脊髄損傷者の褥瘡反復形成プロセスと看護支援 -グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いて- 平成8年3月
小城 文子 小児がん患児の学校生活への適応 -復学後の学校生活上の問題と患児への支援- 平成8年3月
佐藤 美智子 「院内細菌感染防護策」の臨床での実施上の問題点とその解決策 平成8年3月
土屋 香代子 感染症の変貌に伴う社会のニーズに対応する看護基礎教育における『感染予防』教育内容の構造化 平成8年3月
堀 良子 「院内細菌感染防護策」の臨床看護への適用 -実践における諸問題- 平成8年3月
藤崎 郁 ボディ・イメージ概念の看護学モデルの構築と、それにもとづくボディ・イメージ・アセスメント・ツールの開発 平成8年3月
古澤 亜矢子 対応困難な精神科病棟患者に対する看護婦の関わりあいについて 平成8年3月
結城 瑛子 小児気管支喘息発作時における家族の対処行動とそれに影響する要因についての検討 平成8年3月
吉永 喜久恵 特別養護老人ホームにおけるMRSA陽性者の入所を困難にしている要因を考える 平成8年3月
城島 哲子 未熟児・障害児の母親の心理的ケアに関する研究 -NICU病棟における母親グループの試み- 平成8年3月
石田 美幸 救急外来における看護婦と患者家族の相互作用に関する研究 -2事例を通して看護婦の陥りやすい傾向を探る- 平成7年3月
岩本 テルヨ 患者の認識するケアリングの特性 -慢性難治性疾患患者の経験の分析- 平成7年3月
荻原 修代 化学療法過程にいる肺癌患者の病気や治療に対して抱く気持ちと取り組み 平成7年3月
久米 弥寿子 一般青壮年層のがん告知についての態度とそれに関連する要因 -企業就労者における分析- 平成7年3月
小宮 敬子 精神科病棟における看護者の抱える困難さの構造 -ある民間精神病院での参与観察から- 平成7年3月
齋藤 亮子 「里帰り出産」を選択する夫婦の特性 平成7年3月
篠木 絵理 院内感染防止を目的とした看護ケアについて 平成7年3月
竹本 三重子 食事療法を行っている夫の食生活に対する妻の認識、対応行動とその要因 -慢性腎不全患者の妻の場合- 平成7年3月
林 一美 透析看護に関する透析看護婦の認識とエキスパートネス 平成7年3月
原 美弥子 心筋梗塞患者の個人の特性に焦点をあてた看護ケアを考える -保健行動と心理社会的状況の考察- 平成7年3月
平 典子 ホスピスで終末期患者を看護する家族が見いだす「意味」および関連要因 平成7年3月
休波 茂子 看護ケアにおける感染防止の方法 -院内感染防止対策マニュアルを通して- 平成7年3月
土谷 悦子 「終戦後の病院における看護改革」(連合国軍公衆衛生福祉局による改革1945年〜1951年) 平成7年3月
北林 春代 気管内吸引圧の気道粘膜に及ぼす機械的損傷 -規定外高度吸引圧による損傷の存否- 平成6年9月
雄西 智恵美 手術を受ける乳癌患者の希望に関する研究 平成6年3月
黒田 真理子 膵臓がん死亡のハイリスクな集団とその地域的および年齢的特徴 平成6年3月
坂本 知子 眼科手術後の両閉眼における視覚障害患者の臨床感覚遮断体験 平成6年3月
佐藤 蓉子 がん患者看護における看護婦の倫理的ジレンマに関する研究 平成6年3月
高島 泉 咽頭全摘出者の Body Image に関する研究 -退院後の継続看護の視点から- 平成6年3月
田口 玲子 入院中うつ病患者の看護行為に対する受け止め 平成6年3月
得丸 尊子 手術後初回離床時における精神面の看護についての一考察 平成6年3月
花田 裕子 児童精神科病棟における看護ケアの意味 -カテゴリー化の試み- 平成6年3月
百瀬 順子 成人病健診データを用いた中小企業従業員における生活習慣の分析 平成6年3月
林 かおり 気管切開・気管内挿管・人工呼吸器装着患者における口腔清潔の援助について 平成6年3月
今井 栄子 消化器外科病棟における術後感染防止対策 平成5年3月
川西 千恵美 ベッド仰臥者を水平移動する看護動作時の腰背部負担 平成5年3月
島内 千恵子 transient flora を除去するための手洗いの検討 平成5年3月
島袋 香子 つわりを呈する初産婦の自我機能に関する研究 平成5年3月
新開 淑子 痴呆入院患者の退院先決定基準への統計学的アプローチ -多変量解析的研究- 平成5年3月
村中 陽子 看護基礎教育課程における基礎看護学CAI教材の教育的要 平成5年3月
間瀬 由記 がん患者配偶者の悲嘆のプロセスと看護 -在宅静脈栄養法を行った患者の配偶者に焦点を当てて- 平成5年3月
矢野 久子 呼吸器疾患患者における気管内吸引無菌操作の検討 平成5年3月
吉留 絵理 在宅療養者の介護者における健康状態及び健康意識・行動の分析 平成5年3月
塩塚 優子 臨床看護婦の看護観とその形成要因 平成5年3月
伊藤 道子 院内感染予防のためのサーベイランスの役割と看護実践への活用 平成4年3月
川畑 摩紀枝 育児に専念する母親の役割に対する困難とその受容について 平成4年3月
小林 信 総合病院における精神看護の専門性についての一考察 -精神科HCU看護の方向性およびリエゾン精神看護の必要性- 平成4年3月
城生 弘美 フェミニズムからみた日本の看護(婦)教育の潜在的問題点 平成4年3月
鈴木 和子 労働者の仕事への適応 -自覚症状とストレス対処行動の分析- 平成4年3月
藤尾 まゆみ 乳癌患者の診断期におけるストレス認知について 平成4年3月
堀井 理司 Infection Control Nurse が感染管理に機能するための重要点 -英国、米国の Infection Control Nurse の歴史を振り返って- 平成4年3月
眞船 拓子 看護動作について重心移動の側面からの検討 -在宅療養者の仰臥位から座位への体位変換援助動作に関して- 平成4年3月