北里大学大学院看護学研究科 提出論文一覧 修士論文

北里大学大学院看護学研究科

  • トップ
  • 研究科の概要
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 提出論文一覧
  • 研究活動
  • 入試関連情報

修士論文(平成11〜20年)

トップ 提出論文一覧 修士論文修士論文(平成11〜20年)

学位論文一覧

修士論文(平成21年〜)修士論文(平成11〜20年)修士論文(〜平成10年)

 修士論文

氏名 論文題目 学位授与年月
小川 朋子 産褥早期女性へのバックケアによる癒しの効果 −主観的評価と心拍変動による自律神経機能評価から− 平成20年3月
シュワルツ 史子 術後放射線治療に対する乳がんサバイバーの継続意志と自己効力感の特性 平成20年3月
酒井 篤子 ホスピスで療養するがんサバイバーの生活の豊かさとその主体的営み 平成20年3月
清水 奈緒美 コンサルテーションにおけるがん看護専門看護師の実践知 平成20年3月
高橋 千佳子 集中治療室における家族ケア場面で看護師が抱く不全感に関する研究 平成20年3月
高山 栄 温罨法による足部皮膚温の上昇が睡眠に及ぼす効果の検証 平成20年3月
長澤 静代 集中治療室における患者管理と抑制状況に対する看護師の判断と行動 平成20年3月
中戸川 早苗 精神障害者の「働くこと」を継続する困難感と「働くこと」を支える動機 −地域共同作業所での参加観察を通して− 平成20年3月
平野 美穂 介護者家族が見出す「在宅の看取りについて」の語り 〜ナラティブ・アプローチを用いて 平成20年3月
平林 奈苗 切迫早産で入院治療を余儀なくされた経産婦の入院早期の心理過程 平成20年3月
藤井 智子 看護実践におけるコミュニケーションの構造 平成20年3月
望月 美穂 多様な症状に苦悩する婦人科がん患者への看護介入の創出 平成20年3月
蓬田 淳 拡張型心筋症患者の病気に伴う体験の明確化に関する研究 −病気を受け入れていく過程の発見と看護支援の検討− 平成20年3月
若狭 晶子 高年初産婦の産褥1ヶ月までにおける育児・生活への対応 平成20年3月
菱沼 久子 産褥早期の児の合図に対する初産婦のsensitivityに影響する要因 −生育過程および妊娠末期までに培われた母親の養護性形成要因から− 平成20年3月
岩村 貴美 壮年期にある急性心筋梗塞男性患者の初発症から退院早期に至る療養生活の適応までのプロセス 平成19年3月
岩村 美奈子 臨床の側から看護と授業を成立させる実習指導とは 平成19年3月
加藤 久美子 術後合併症の予防に向けた看護師の気がかりの質的分析 ― 大腿骨頚部骨折術後の高齢者に焦点をあてて ― 平成19年3月
唐橋 美香 再発卵巣がんとともに生きる患者の治療体験を支える看護の探求 平成19年3月
川野 英子 介護保険法におけるサービス利用の決定過程と看護職による支援の方法 −「Andersenの行動モデル」を用いた検討− 平成19年3月
高橋 靖子 初回化学療法を受ける肺がん患者のエンパワーメントの過程 平成19年3月
宮脇 倫子 患者にとっての看護を協働しながら実践するための看護上の指針 平成19年3月
村上 育穂 在宅で医療的ケアを必要とする障害をもつ子どもの母親のセルフケアに関する研究 −家族のライフイベントとソーシャルサポートに焦点をあてて− 平成19年3月
我妻 孝則 終末期肺がん患者への看護インターベンション ―自分らしく生きることへの支援― 平成19年3月
大塚 香 繰り返し留置針穿刺を受ける小児がんの幼児へのプレパレーション −処置時の対処行動と痛みの認識に及ぼす影響− 平成19年3月
相浦 桂子 生命危機状況にある患者の代理として家族が行う治療上の決断 平成18年3月
石井 美恵子 自然災害による被災地域への緊急医療救援における看護師による実践経験の記述 平成18年3月
板垣 憲輝 中堅看護師の後輩育成への役割意識 〜S精神病院での面接調査から〜 平成18年3月
岸田 さな江 再発・転移を告げられた腎臓がん体験者への擁護に基づく看護インターベンション 平成18年3月
榑松 久美子 救命救急医療を要する意識障害病者を家族が受けとめるプロセス −“病者がもうもとには戻らないことを家族が引き受ける”までのプロセス− 平成18年3月
佐藤 順子 大学病院精神科病棟における看護師の葛藤状況 −看護師への面接調査から− 平成18年3月
高島 えり子 青年期女子への多面的アプローチによるPMSセルフケア看護介入プログラムの効果 平成18年3月
竹内 美喜 精神看護学実習における看護学生の対象認識能力向上に向けての実習指導 平成18年3月
濱田 淳子 地域で暮らす精神障害者に対して用いられる熟練看護師の技 平成18年3月
早川 満利子 退院後早期にある頭頸部がん体験者・家族へのマーガレット・ニューマンの理論に基づく看護インターベンション 平成18年3月
早川 有紀 深夜業務後の看護師に対するリフレクソロジーの効果 平成18年3月
久山 幸恵 再発期にある消化器がん患者と家族の病気体験への看護インターベンション −マーガレット・ニューマンの健康の理論に基づいて− 平成18年3月
蓑口 舞 子どもの食生活を通してみる母親の意識に関する研究 −食生活に対する看護介入の影響を探る− 平成18年3月
山内 桂子 緩和ケアへの切り替えを告げられたがん体験者への看護インターベンション 平成18年3月
横瀬 富美子 カンファレンス場面におけるリーダーナースの特徴 −メンバーナースの自己教育力への検討− 平成18年3月
永易 裕子 看護者の思考・感情を有効に活用するために −看護場面の再構成による自己との対峙から− 平成18年3月
藤森 紀子 40代50代女性の更年期の受け止めと対処行動および健康状態との関係 −ラザルスのストレス対処理論を用いて− 平成17年9月
西 典子 看護師が自殺企図者に抱く困難感とサポートの在り方について 〜救急外来看護師へのインタビューの分析から〜 平成17年6月
岡 有美 立ち会い分娩における夫の心理 −分娩経過における場面ごとの振り返りを通しての分析− 平成17年3月
菊地 千鶴子 高齢血液透析患者の身体的・精神的状態と被介護状況 −自立と要介護患者の比較を通して− 平成17年3月
黒木 枝美 Health Literacy Among Elderly Persons and Patient Education 平成17年3月
清水 千春 プリセプターを初めて体験する看護師の役割葛藤の分析 中堅に向かう看護師の成熟に関する一考察 平成17年3月
鈴木 貴美 "初めてがん患者が病名を知った時期のスピリチュアルペインの明確化 −放射線治療にて通院中の患者の語りから−" 平成17年3月
田中 広美 清潔の援助場面にみられる看護師の倫理的配慮 平成17年3月
シェザード樽塚
まち子
筋萎縮性側索硬化症患者のリハビリテーションに対する意識 平成17年3月
坪井 香 造血細胞移植後の急性期における造血器腫瘍患者の治療的セルフケア・ディマンド 平成17年3月
時田 純子 看護女子学生の臨地実習におけるストレス対処とライフスタイルが月経随伴症状に及ぼす影響 平成17年3月
永松 紀子 思春期女子の避妊行動を高めるライフスキル学習の効果 −創造的思考スキルを用いて− 平成17年3月
林 世津子 メンタルヘルス上の問題をもつ看護学生と関わる教員の葛藤 −看護専門学校教員の面接調査から− 平成17年3月
平尾 泰子 看護者が患者から身体的な暴力を受けたときの看護管理者の対応とサポートへの期待 −都内某精神病院の看護師長への面接調査から− 平成17年3月
藤野 靖博 歩行運動に対するウォームアップの効果 平成17年3月
藤本 薫 産後1ヵ月までの褥婦に対する育児生活適応に向けたコーチングの効果 平成17年3月
本戸 史子 妊婦の食事内容の変化 −妊娠各時期における食事摂取調査から− 平成17年3月
松本 牧 肝臓がん患者におけるがんリハビリテーション看護の概念分析 −がんサーバイバーシップの観点より− 平成17年3月
御園 理恵 予期悲嘆を抱えるがん患者の家族への支援 −ナラティブ・アプローチを用いたケアプログラムの実践− 平成17年3月
山西 加恵 看護師が行動にいたるまでの思考過程 −外来勤務看護師の採血時の感染予防行動を通して− 平成17年3月
内山 かおる アトピー性皮膚炎をもつ学童のセルフケア行動と精神的健康及び学校生活状況との関係 −小学校4学年の患児と健常児との比較から− 平成17年3月
幸 真奈美 看護師による点滴静脈注射施行の実態 −技術教育の視点から− 平成17年3月
雨宮 美帆 認可外保育施設における小児保健向上のために着目すべき視点 −保健師による支援の検討− 平成16年3月
兼平 純子 がん性腹膜炎に併発して生じる‘納得できない症状’に苦しむ個々の患者に適した看護介入の創出 平成16年3月
久保 典子 看護職者の針刺しに伴う経験とストレス反応との関係 平成16年3月
古藤 みどり 洗髪ケアの安楽に関する研究 −洗髪ケア過程におけるセンサリーマッサージ効果による気持ちよさの評価− 平成16年3月
齋野 貴史 足浴・指圧の生理的効果 −皮膚表面温度と心拍変動解析による評価− 平成16年3月
坂元 志保子 チームで協働するための看護師の認識の働かせ方とかかわりのあり方  〜経験10年を有する自己の看護実践の分析から〜 平成16年3月
佐々木 裕子 第一子出生前・後の夫婦関係が父親役割適応に及ぼす影響 平成16年3月
佐藤 裕子 がんで配偶者を亡くした遺族への看護インターベンション −マーガレット・ニューマンの健康の理論に基づいて− 平成16年3月
児玉 美由紀 診断期から初期治療期にある乳がん患者と配偶者を支援するケアプログラムの実践 −ケアプログラムに参加する夫婦の変化に焦点をあてて− 平成16年3月
田代 誠 急性期治療病棟の施設基準に対する看護師の認識 〜S精神病院における実態調査から〜 平成16年3月
徳永 基与子 学生の注射の修得過程における指導のあり方 〜看護および教育の観点より〜 平成16年3月
廣川 聖子 精神科看護師としての存在価値の揺らぎを体験した場面の分析 〜精神科臨床経験3〜5年の看護師のインタビューより〜 平成16年3月
藤田 千春 腹膜透析患児と腎移植患児のQuality of Life の質的比較 平成16年3月
松嵜 由美子 思春期の2型糖尿病患者および中・高度単純性肥満児のセルフケア行動の特徴とそれに影響を与える要因の検討 平成16年3月
宮原 知子 がんの進行による歩行障害に苦悩している患者への看護介入ガイドライン作成プロセスの検討 平成16年3月
宮本 江利子 助産師による分娩期ケアのSelf-Efficacyに関する検討 平成16年3月
和智 志げみ 帝王切開分娩で出産した母親の産褥早期におけるマターナルアタッチメントの検討 平成16年3月
永井 庸央 造血幹細胞移植を受けて困難な状況で長期に外来通院を続ける成人前期男性患者への看護インターベンション −M.Newmanの健康の理論に基づいて− 平成16年3月
飯田 智恵 温罨法の安全性に関する検討 −低温熱傷発症条件に関する実験的検討− 平成15年3月
及川 美貴子 慢性疾患で苦痛を伴う患者への共感に関する研究 平成15年3月
及川 美穂 産褥早期の乳房緊満に対するケアのあり方の研究 平成15年3月
大澤 千恵子 洗髪における看護師の手の動作が患者の心身に及ぼす影響 平成15年3月
小川 まり絵 B型機能訓練事業の女性高齢者に及ぼす影響 平成15年3月
甲斐 衣津子 中高年の会員制運動型健康増進施設利用のニードについて 平成15年3月
五味 千帆 看護実践におけるタッチの意味 平成15年3月
坂元 敦子 がん体験者がセルフ・ヘルプ・グループでの相互作用を通して得る新たな気づき 平成15年3月
鈴木 享子 分娩時の姿勢コントロール行動に対するセルフ・エフィカシーが産痛知覚と出産の達成感に及ぼす影響 平成15年3月
寺岡 征太郎 患者の自殺に直面した看護者の対処行動の分析 −精神科看護者がインタヴューで語った内容から− 平成15年3月
土井 一浩 長期間にわたるニオイの反復呈示がニオイ認知に与える影響 平成15年3月
野島 あけみ デイサービスへのハイケア療養者受け入れの問題と対応 −管理者の立場からの分析− 平成15年3月
番匠 章子 化学療法を受ける造血器腫瘍患者の口腔粘膜ケア −セルフケア能力を構成する要素の明確化とセルフケア能力を強化・向上させる患者支援の方向性− 平成15年3月
福井 智美 低出生体重児の家族のストレスに対する適応過程に関する研究 平成15年3月
三浦 里織 上部消化管がん患者が新しい“自分らしさ”を築くことへの援助(パイロットスタディ) −術後早期回復期患者へのナラティヴ・アプローチ− 平成15年3月
山口 乃生子 注射関連業務におけるインシデント発生要因について−標準予防策実施を含めた注射業務のあり方− 平成15年3月
西村 紀子 大学病院精神科ナイトケア利用者に対する医療者の支援についての考察 〜ナイトケア個人記録における相談内容の分析より〜 平成15年3月
福永 ひとみ 統合失調症患者の急性期における自己決定を促す看護の働きかけ −セルフケア要素に着目した看護記録からの読みとり− 平成15年3月
福原 紀 看護師と理学療法士による麻痺のある患者のベッドから車椅子への移乗介助の実態 −患者と介助者のボディメカニクスに着目して− 平成15年3月
三舩 佳な 治験患者の意思決定プロセスの分析と看護職治験コーディネーターの支援に関する検討 平成15年3月
石川 福江 小児がん看護に携わる看護職者のストレスとソーシャルサポートが職務満足に及ぼす影響に関する研究 平成14年3月
海老澤 睦 精神科看護者の家族援助に関する意味づけ −卒後2〜3年目の看護者に焦点を当てて− 平成14年3月
川上 勝 課題探求型体験学習をデザインするための基礎的研究 −視覚障害の疑似体験に対する看護学生の意味づけに注目して− 平成14年3月
河野 伸子 看護者が患者から暴力を受ける体験の受けとめや意味づけ 〜精神科臨床経験5年前後の看護者が語った内容から〜 平成14年3月
清水 裕子 音声による会話の不自由な頭頸部がん患者とのジャーナルと対話を組み合わせた看護介入の開発 平成14年3月
高見 陽子 尿道留置カテーテルに関連する尿路感染症の予防に向けた看護ケアへの課題 平成14年3月
藤田 せつ子 入院患者の手洗いの現状について 平成14年3月
松原 康美 がんの再発・転移を告知され、永久的ストーマを造設した患者とナースで行うナラティブ(語り) 平成14年3月
森谷 栄子 企業労働者の保健活動とHealth Locus of Control の関連性について 平成14年3月
渡邉 眞理 外来で化学療法を受ける乳がん患者のセルフケアプログラムの作成 −嘔気・嘔吐予防のためにイメージ法を用いて− 平成14年3月
池野 優子 内科病棟の看護婦が抱く精神的なケアの困難感と対処行動 −臨床経験3〜5年の看護婦のインタビューを通して− 平成13年3月
石原 磨奈美 「院内感染防護策」の導入に向けた検討 平成13年3月
糸嶺 一郎 一般病棟から精神科へ転入した患者の状況とセルフケアレベルの変化 −転入時と退院時の看護記録からの分析− 平成13年3月
井原 緑 慢性期脳卒中片麻痺患者の自己効力感・運動行動・生活の満足度の関連と影響要因 平成13年3月
今井 充子 継続的な育児支援の影響に関する研究 −人的支援を中心として− 平成13年3月
江成 淳子 近年の我が国における医療需要に関する研究 平成13年3月
遠藤 まり子 「在宅重症心身障害児を育てる母親への市町村保健婦の支援に関する研究」 −母親のライフイベント上の対処行動の振り返りを促した介入を通して− 平成13年3月
小笠原 利枝 がん患者の家族の悲嘆過程に対する看護ケアプログラムの開発 −Stetlerモデルに基づいた病棟ナースとの協働− 平成13年3月
倉増 登志子 切断指患者におけるボディ・イメージの再構築のプロセス 平成13年3月
櫻井 祥子 術中体温低下を来した患者の体温変化に関する研究 −高齢者の開腹術患者を対象に電気毛布による加温を試みて− 平成13年3月
高木 真理 老年がん患者の自己擁護(self-advocacy)に関する研究 −パートナーシップに基づいた看護インターベンション− 平成13年3月
高崎 晴子 「院内感染防護策」を臨床に導入する際の問題 平成13年3月
龍野 浩寿 婦長の直面する困難感とリエゾンナースへのニーズ 平成13年3月
田辺 有理子 母子関係に問題を抱える患者と看護者との相互作用に関する一考察 平成13年3月
長瀬 雅子 在宅移行時期における主介護者の変容過程とかかわりの方向性 平成13年3月
丸山 昭子 長時間保育と夜間保育、育児環境と子どもの発達との関連についての考察 平成13年3月
宮越 幸代 北タイにおける在宅のHIV感染児の健康問題と母親によるケア行動の実態 −母親のケア行動に対する看護介入の試み− 平成13年3月
山崎 好美 在宅療養中の進行がん患者と家族介護者のニーズ 平成13年3月
脇坂 浩 中心静脈カテーテル挿入介助時に看護職者が行うバリアプリコーションズの問題点 平成13年3月
鈴木 昭子 患者と看護者の相互関係の成立過程に関する研究 −マッサージを看護介入として− 平成12年9月
高野 八百子 病因菌を保有しかつ易感染状態にある患者のニーズと看護婦の役割 平成12年9月
安達 祐子 清潔の援助技術の学習過程と授業に関する研究 平成12年3月
荻野 夏子 うつ病患者への看護ケアの視点 平成12年3月
河野 文子 がん患者のセルフケア能力の促進に関する事例研究 − Newman の健康の理論に基づく看護インターベンション− 平成12年3月
菊地 美香 がん患者が病気体験に意味を見いだすことを支援する看護インターベンション −ジャーナルと対話を用いた事例研究− 平成12年3月
小島 信雄 患者の妄想対象となった看護者の対応に関する研究 −4事例の分析を通して− 平成12年3月
陣立 良太 A市における中高年女性の保健行動の実態に関連する因子について −健康づくり運動普及員と健康教室参加者を対象として− 平成12年3月
長鶴 美佐子 褥婦の動静に関する民間的ケアの実態 平成12年3月
波多江 陽子 看護者が直面する患者の身体的拘束状況 −大学病院精神科閉鎖病棟の看護記録から− 平成12年3月
日向 朝子 「患者の知る権利」をめぐる精神科看護婦の対応 平成12年3月
本田 智子 高温多湿環境下における冷パックの後頭部冷却が睡眠に及ぼす影響 平成12年3月
宮里 智子 MRSA感染患者の有する看護上の問題 平成12年3月
諸田 直実 乳がん患者リハビリテーション看護の概念 −その概念特性と看護実践の明確化− 平成12年3月
米山 知得子 初産婦の自然分娩における分娩所要時間と分娩時体型の関連 平成12年3月
渡邉 民子 神経疾患発症時における患者の体験世界 平成12年3月
持田 珠実 経口気管内挿管患者における口腔ケアの実態 平成12年3月
阿部 恵江 がんターミナルの夫を持つ妻の体験世界 平成11年3月
新井 陽子 選択的誘発麻酔分娩で出産した産婦の出産体験の分析 −満足な出産に焦点を当てて− 平成11年3月
石黒 惠子 食欲のない患者の援助方法に関する研究 −「看護覚え書」及び看護実践場面の分析から− 平成11年3月
市村 千秋 喉頭がん患者への看護介入の検討 −現象学的方法論による体験世界の記述を通して− 平成11年3月
猪又 克子 乳癌患者と配偶者の病気体験への看護インターベンション 平成11年3月
上原 淳子 精神科における身体合併症を有する患者の心理社会的側面のアセスメントについての一考察 −他科から転科してきた2事例を通して− 平成11年3月
及川 秀子 新人看護者と熟練看護者の臨床判断の構成要素 平成11年3月
香取 洋子 早期新生児期のstateに対する母親の応答性 平成11年3月
北島 浩美 易感染性患者に関する文献的検討 平成11年3月
城戸口 親史 「院内感染防護策」の臨床面での適用 −ICUにおける実施− 平成11年3月
工藤 奈織美 父親への育児指導の必要性に関する検討 −1歳6ヵ月児をもつ父親の実態調査の分析から− 平成11年3月
佐藤 美紀 がん終末期にある夫に付き添う妻への看護介入 −擁護的存在・傾聴・対話− 平成11年3月
須藤 章子 精神科保護室におけるセルフケアを促す看護ケアについて −個人衛生・特に身体の清潔に焦点をあてて− 平成11年3月
中井 泉 富山県の死亡構造の解析 平成11年3月
廣瀬 恵 A町における転入者を対象とした母子保健に関する実態調査 平成11年3月
藤田 晶子 自宅退院する高齢者の退院指導についての検討 −退院前後の活動能力評価と退院後に生じる問題から− 平成11年3月
宮崎 光子 トータルペインケアに向けてのアプローチ −痛みのある癌患者の体験をわかることを通して− 平成11年3月
森 みずえ 我が国の病院における感染管理看護婦の活動の実態 平成11年3月
三村 輝美 クライアント・医療者間の会話におけるズレについて −談話分析のアプローチを用いて− 平成11年3月