学生生活

Campus life

学生サポート

学習や進路をはじめ様々な悩みに幅広く対応します

様々な相談窓口で学生生活をサポートします

薬学部では、学生が学習や生活について個別に相談できる窓口をいくつも用意しています。

チューター制度

入学後、学生一人ひとりを薬学部の教員がチューターとなって担当し、学習や生活についての相談に応じています。高学年になり研究室に所属した後は、研究室の教員がチューター役を務めています。

オフィスアワー

学生が教員と個別に話しやすいよう、教員が普段いる研究室を自由に訪問できるオープンな時間帯を「オフィスアワー」として設定しています。この時間を利用して、講義や実習のことは各科目の教員に、生活面はチューターに相談できます。
学生相談室
学生相談室は本学部出身で、臨床心理士の資格を持つカウンセラーなどが担当。薬学部生ならではの悩みなども十分に理解し、心理相談のプロの観点から学生の精神面・生活面をサポートしています。

学生相談室

保健室
1号館1階の静かな場所にあり、健康に関する様々な相談に対応。

保健室

学習や進路の相談はより専門的な窓口を用意

学習支援室

学習面での相談に専門的に対応する学習支援室。5年次、6年次を対象の集中サポートも行っています。

就職支援

専門のキャリアカウンセラーによる相談を実施。進路相談やエントリーシート、履歴書の書き方、面接試験のアドバイスなどを行います。
就職サポート

学習支援室 室長Voice

暗記から理解へ。大学での学び方に早く気づきましょう。
私が担当する学習支援室は薬学の基礎になる有機化学と生物学、その発展分野である薬物治療学を専門とする3人の教員が学習をサポート。通常は5、6年次の学生対象ですが、1、2年次でも「少し勉強が不安」といった方は、遠慮せず個別にどんどん相談に来てください。

新入生によくある悩みの一つが「高校まで得意だった化学が難しく感じる」というもの。これは暗記中心から「なぜそうなるか」を理解する科目になったことが主な原因です。そうした大学での学び方をアドバイスしながら、一人ひとりの力を伸ばせるよう支援していきます。
学習支援室西野貴司先生
西野 貴司 准教授
学習支援室担当