教 育

Education

薬学部の学び

学びの流れ

早期教育で興味を育て、より高度な研究・実践へ。
最先端の研究から医療現場まで、幅広く活躍します

北里大学薬学部には生命創薬科学科(4年制)と薬学科(6年制)の2学科が設置されています。生命創薬科学科は修士課程進学まで視野に入れた研究者の育成を主な目的としています。また、薬学科は薬剤師国家試験の受験資格を取得し、薬剤師の養成を主な目的としています。
両学科とも北里の「叡智と実践」の理念から、最先端の知識による社会貢献を目指す実践教育が特色。そのために基礎薬学と臨床薬学を融合した教育を行っています。

学びの流れ

生命創薬科学科

研究者を目指す人のため、1年次から研究の最前線を知る「創薬科学への招待」「生命創薬科学研究概説」などの科目を設けています。3年次前期には「細胞生物学」「構造生命科学」「創薬情報科学」など、より専門性の高い科目を履修し3年次後期に始まる卒業研究に備えます。
研究室ではさまざまな研究機関や企業と連携した研究、医療現場との共同研究にも取り組んでいます。創薬や医薬品開発の仕事では、こうした経験が役立ちます。

薬学科

臨床薬学教育の先駆者として、医療現場と密接に連携した教育が特色。病院や薬局の見学を行う1年次の「薬と仕事Ⅰ」に始まり、医療現場に接する機会は豊富です。また医療系学部がそろう北里大学の強みを生かし、「チーム医療論」「チーム医療演習」などの講義や演習を通して、チーム医療についてしっかりと学んでいきます。
また薬物治療のプロとして高度な専門能力を養うため、臨床薬学と基礎薬学の両輪をしっかり身につけます。