教 育

Education

生命創薬科学科(4年制)

生命創薬科学科

研究志向に応える早期教育と、修士課程まで視野に入れた、研究に打ち込める環境が魅力

生命創薬科学科の学び

早期から本格的な研究に携わるなど、研究意欲に応える環境が整っています。

薬学の基礎となる科学的知識に加え、研究者としての将来像を考える機会も

北里柴三郎博士が設立した北里研究所は実学の精神のもと、様々な感染症研究とその予防・治療の成果を社会に生かしてきました。生命創薬科学科もそうした「研究を通じた社会貢献」の伝統を受け継ぎ、基礎薬学分野で先進的な研究に挑んでいます。
特に「生命創薬科学研究概説」や「創薬科学への招待」などの講義で、これまでの研究者の業績を学び、現在の研究最前線を体験するなど、学生の研究への意欲をさらに高める機会を設けています。

研究室ごとの研究テーマのほか基礎と臨床の連携プロジェクトも用意

3年次後期からは卒業研究がスタートします。基礎薬学分野の研究室は有機化学、創薬情報科学、薬理・薬物学、薬剤・分析学、衛生薬学、生化学・微生物学などの分野があり、多様な研究に取り組めますが、そのほか学内の基礎薬学系・臨床薬学系の研究室が連携したプロジェクトにも参加できます。研究は修士課程進学後も継続でき、学部3年次から合計約4年間を研究に打ち込めるのが大きな魅力でしょう。
このような先端研究に必要な測定・分析機器などは共有機器として随時導入。学生や大学院生が利用できる最新の研究設備が充実しています。

学び方・過ごし方有隅 健太さん

最先端の創薬研究を目指して北里を選びました。
医薬品の研究・開発を目指し、ノーベル賞を受賞した大村先生を輩出するなど創薬分野に強い北里を選びました。薬学部は先生との距離がとても近く、理解不足の部分を質問に行くと丁寧に対応してくれるので安心です。研究分野は物理学系、生物学系、化学系と幅広く、アプローチが違うだけでどれも創薬に役立つ研究ができるので、これからの研究室選びが楽しみです。
有隅 健太さん
有隅 健太さん
生命創薬科学科3年(取材時)
神奈川県立・瀬谷高等学校出身

学び方・過ごし方吉田 彩水音さん

難病発症メカニズムの研究成果を専門的な学会でも発表。
「生命創薬科学Ⅰ・Ⅱ」で興味を持った生化学教室に入り、腎疾患や精神運動発達遅滞などを起こす難病「Lowe(ロウ)症候群」を研究。昨年は日本腎臓学会東部学術大会でも発表し、DNAからRNAへの転写で起き得るスプライシング異常と病気との関連について、新たな見方を示しました。北里の先生は研究指導がとても熱心で、学会発表もしっかり支援してくれます。
吉田 彩水音さん
吉田 彩水音さん
薬学研究科修士課程2年(取材時)
東京都・田園調布学園高等部出身

学び方・過ごし方海老根 修平さん

DNA転写に関わるヒストンシャペロンを研究。がん治療に役立つことも期待しています。
生命現象を化学の視点から解明する生化学に興味を持ち、3年次の夏休みに生化学教室(研究室)に自主参加して基本的な実験を経験。4年次から同教室で、DNAからRNAへの転写エラーを排除するなどの働きを持つヒストンシャペロンの研究を進めています。ヒストンシャペロンの一部はがん細胞の転移にも関係しているため、がん治療薬の研究に役立つことも期待しています。
海老根 修平さん
海老根 修平さん
生命創薬科学科4年(取材時)
千葉県立・木更津高等学校出身