教 育

Education

薬学科(6年制)

薬学科

薬学科の学び

次世代に活躍できる薬剤師を目指し幅広い知識と技能、医療人の自覚を養います。

基礎薬学の知識を臨床で応用できる総合的な力を身につけるカリキュラム

薬学科ではこれからの社会で求められる高度な専門能力を持った「次世代の薬剤師」を養成します。そのために物理系、化学系、生物系、など基礎薬学分野の知識を十分身につけた上で、臨床で応用できる力を養う体系的なカリキュラムを用意。北里大学の附属4病院での充実した実習をはじめ実践力を磨く機会も豊富にあります。
このほかグループで討議する力、分かりやすく説明する力を養う「プレゼンテーション実習」、希望により早期から研究に取り組める「プレ特別実習コース」など、研究する姿勢も重視した教育を行っています。

附属病院の現役薬剤師が教員になり、1年次から充実した臨床教育を行います

「臨床教育なら北里」と言われる通り、附属病院に勤務する薬剤師や医師が教員となり、1年次から学部教育に加わっています。医療現場を経験する実習は毎年設けられ、現役薬剤師も指導する事前実習を経て、病院・薬局実習まで切れ目のない臨床教育が行われます。
さらに医療に関する知識を学ぶ講義では医療系総合大学の強みを生かし、附属病院の医師や看護師、北里大学の看護学部や医療衛生学部の教員が、各自の専門知識や経験をもとに「臨床医学概論」「看護学」「リハビリテーション論」「東洋医学概論」などを担当します。

臨床教育

全国統一で行われる共用試験の目的

薬剤師の資格を持たない薬学生が実務実習を行うため、厚生労働省が求める「実務実習を行う薬学生の資質の確認」を目的とした試験。学部4年生を対象に、薬学共用試験センターが中立公平な立場で実施します。
試験には基礎薬学および臨床に必要な知識を問うCBT(Computer Based Testing)、薬剤師業務に必要な技能や態度を確認するOSCE(Objective Structured ClinicalExamination)があります。

全国統一共用試験合格実績

学び方・過ごし方肥沼 亜美さん

臨床に強い北里で薬剤師の活躍分野の広がりを実感。
附属病院が身近にあり、他の医療系学部と協力するチーム医療教育にも力を入れるなど、臨床 に強い点が北里の魅力でした。1年のときから医療現場を知る実習があり、病院では無菌室で がん治療薬まで作り、調剤薬局では在宅の患者さん向けに訪問診療も行うなど、薬剤師が活躍 する場の広がりを実感。専門教育前に将来を具体的に意識できたのもよかったですね。
肥沼 亜美さん
肥沼 亜美さん
薬学科2年(取材時)
東京都・私立東洋英和女学院高等部出身