教 育

Education

臨床薬学教育

医療現場と深く結びついた臨床薬学教育
学部教育から医療現場での実習まで、しっかりと連携。学内や病院内に設けられた大学専用実習施設などを使い、早期から医療現場に密着した講義・実習を行っています。
臨床薬学研究・教育センター
臨床薬学(大講座)薬物治療学 Ⅰ〜Ⅳ

3つの大学附属病院の薬剤部長が、薬学部専任教員となって研究室の責任者に。研究室に所属する病院スタッフと共に、学部教育に常に参加し、さらに学生の病院実習ではきめ細やかな受け入れ・指導体制を整えています。

  • 薬治3
  • 北里大学北里研究所病院2

北里大学北里研究所病院

  • 北里大学病院
  • 北里大学病院2

北里大学病院

  • 北里大学メディカルセンター
  • 北里大学メディカルセンター02

北里大学メディカルセンター

臨床医学(大講座)
医薬品開発に欠かせない臨床試験に関する研究を行う研究室も。北里研究所病院の医師が担当する研究室では、医薬品開発などをテーマに研究。

臨床薬学(大講座)
保険薬局学・薬物動態学・中毒学など
地域医療を担う保険薬局学、患者さんに最適な薬物治療を目指す薬物動態学など、薬剤師業務に直結した多様なテーマで、研究や教育を行っています。

教授 Interview

医療現場での教育担当として、効果的な実習をサポート。
本学部は4つの附属病院にいる現役薬剤師のうち、22人が薬学部専任教員(臨床薬学研究・教育センター)として学部教育に加わり、病院・薬局実習も担当。薬学教育の今を理解し、医療現場のスタッフとともに効果的なプログラムを立案・実行する協力体制が大きな強みです。
病院で2.5 ヵ月という実習期間も短いものです。そこで附属病院ではチーム医療をふまえた病棟業務を大幅に増やすなど、今後必要とされる力を育てる実習に力を入れています。これも専任教員が現場にいるからできること。さらに卒業研究指導などにも深く携わっています。
北里大学病院薬剤部長厚田 幸一郎教授
厚田 幸一郎 教授
臨床薬学研究・教育センター長
北里大学病院薬剤部長

医療現場と深く結びついた臨床薬学教育

1年次
病院・薬局で早期体験「薬と仕事Ⅰ」
薬学部で学ぶ内容を知り、薬剤師が活躍する医療現場、様々な業務を見学。その仕事の広がりを理解する手がかりにします。
2~3年次
医療現場の見学など「薬と仕事Ⅱ」「医療ボランティア実習」
医療事故などについて関係者から直接聞く機会も設け、薬剤師の倫理観を意識するきっかけに。病院や福祉施設でのボランティア体験も。
4年次
事前実習・共用試験
現役薬剤師が科目責任者となって行う講義・実習も多く用意され、事前実習でもそうした病院のスタッフが協力。実務に役立つスキルを指導。
事前実習

学内の実習室で散剤の調剤を行う

学内の実習室で散剤の調剤を行う。

模擬患者さんの協力で服薬指導も経験

模擬患者さんの協力で服薬指導も経験。

5~6年次
病院・薬局実習 病院での実習 保険薬局での実習
薬学部5年次に行われる11週+11週の「病院・薬局実習」。そのうちの病院実習は4つの大学附属病院を中心に、学生の希望に応じて実習先が決められます。
大学附属病院には薬学部の「臨床薬学研究・教育センター」の教員が配置され、薬学部の教育にも携わる病院スタッフも多く常駐しているため、学部教育と連携した責任ある指導が可能です。
病院・薬局実習

病院の調剤室で薬剤師の指導を受ける

病院の調剤室で薬剤師の指導を受ける。

無菌状態で抗がん剤を調剤する

無菌状態で抗がん剤を調剤する。

薬剤師と共に患者さんへの服薬指導

薬剤師と共に患者さんへの服薬指導。

ミーティングを見学

病棟のスタッフセンターで看護師・栄養士・薬剤師のNSTミーティングを見学。

院内の薬学部生用学習室での講義風景

院内の薬学部生用学習室での講義風景。

調剤薬局で市販薬の説明を受ける

調剤薬局で市販薬の説明を受ける。

学生 Interview須釜 哲さん

病院・薬局実習で、患者さんに寄り添う大切さを実感。その気持ちを忘れず薬剤師になろうと思います。
病院実習で調剤や服薬指導などさまざまな業務を体験。泌尿器科と脳神経外科では、薬物治療の効果はどうかなど症例検討を行う中で、もっと専門知識が必要だと痛感しました。薬局は患者さんとの距離も近く、病院と薬局それぞれの魅力も感じましたね。実習中に患者さんから悩みや不安を打ち明けていただくこともあり、そんな心に寄り添う薬剤師を目指そうと思いました。
PP6年
薬学科6年(取材時)
神奈川県・私立桐蔭学園高等学校出身

教授 Interview鈴木幸男 教授

血圧や脈拍等を測定する模擬実習も行い、薬剤師に求められる臨床対応力を磨きます。
事前実習で私が担当する「フィジカルアセスメント」では、実習用人形を使って血圧、脈拍、呼吸、心音等の代表的なバイタルサインを測定し、患者さんの状態を評価する実習を行います。薬剤師は在宅医療などで自ら患者さんの容体を把握し、薬物治療の適切性などを判断・対処する力が求められており、その第一歩を事前実習で経験できるのは貴重でしょう。また採血や静脈注射なども実習に加え、薬剤師の活躍範囲の拡大にも備えています。私は病院の医師として、高い臨床対応力を持つ薬剤師の必要性を痛感していますが、薬学科の卒業生はそうしたすぐに役立つ知識・技能はもちろん、臨床薬学の未来を切り開くパイオニアとして成長してほしいと願っています。
鈴木 幸男 教授
鈴木幸男 教授
北里大学北里研究所病院
人間ドック科部長