教 育

Education

医療人の自覚

チーム医療を理解し、社会参加意識を養います。

チーム医療演習・病院実習(薬学科)

チーム医療教育の総仕上げとして他学部と協力して演習・実習を行います

現代医療の常識となったチーム医療では、患者さん一人ひとりに最適な医療を提供するため、各職種が密接に協力することが重要になります。薬学科は医療現場との連携により、普段からチーム医療は十分に意識されていますが、その総仕上げとなる集中教育が6年次の「チーム医療演習」「チーム医療病院実習」です。
6年次の「チーム医療演習」は薬学部のほか医療系学部・学校の学生が1000 名以上参加。10名前後のチームに分かれて現代医療の課題を討議し、解決策をまとめる中で医療専門職同士の意見交換を模擬体験します。
「チーム医療病院実習」は医療系学部学生の卒業前教育として、夏期に4つの大学附属病院で実施。各診療科が用意した多様で実践的な実習プログラムを通して、実際の医療現場でチーム医療を実感できます。

チーム医療演習・病院実習(薬学科)

「チーム医療演習」は「オール北里」の学生が集まって、「チーム医療の必要性」「現代医療の課題」などのテーマで話し合う科目。10名前後のグループでの話し合いで演習が進みます。
2019年度「オール北里チーム医療演習」
−より安全で良質な医療の実現を求めて−
のディスカッションテーマ


①〔救急医療〕  妊婦の急性期治療
②〔大災害時の医療〕 大災害時の避難所における医療
③〔感染〕    院内感染対策
④〔がん医療〕  肺がんに対する集学的治療
⑤〔緩和ケア〕  末期がん患者の緩和ケア
⑥〔在宅療養〕  多発性硬化症の長期在宅療養
⑦〔高齢者医療〕 脳梗塞後遺症
⑧〔生活習慣病〕 糖尿病と合併症
⑨〔医療過誤〕  大学病院における医療安全

オール北里チーム医療演習

学生Voice

細胞死を招く酸化脂質を制御する方法を見つけ、 高齢になっても元気でいられる社会にしたい。
私は体内の活性酸素で酸化された脂質が病気や老化の原因になる理由を調べています。特定の酸化脂質を減らす効果を持つ酵素GPx4をテーマに、GPx4をなくしたマウスで細胞死が多発するのに対し、同様のマウスにビタミンEを過剰摂取させると細胞死が抑えられるなどを実験で確認しました。
こうした研究の中で、「第91回日本生化学会大会若手優秀発表賞」をはじめ、いくつもの学会賞を受賞することができました。また、Lipo-3という遺伝子が働かない状態では細胞死が起きにくいことにも着目。GPx4の働きと併せて、細胞死を制御して老化を防ぐ仕組みを考えたいと思います。
学生voice_医療人の自覚
薬学研究科 博士後期課程3年(取材時)
日本学術振興会特別研究員DC2
東京都・私立青陵高等学校出身