教 育

Education

医療人の自覚

チーム医療を理解し、社会参加意識を養います。

チーム医療演習・病院実習(薬学科)

チーム医療教育の総仕上げとして他学部と協力して演習・実習を行います

現代医療の常識となったチーム医療では、患者さん一人ひとりに最適な医療を提供するため、各職種が密接に協力することが重要になります。薬学科は医療現場との連携により、普段からチーム医療は十分に意識されていますが、その総仕上げとなる集中教育が6年次の「チーム医療演習」「チーム医療病院実習」です。
6年次の「チーム医療演習」は薬学部のほか医療系学部・学校の学生が1000 名以上参加。10名前後のチームに分かれて現代医療の課題を討議し、解決策をまとめる中で医療専門職同士の意見交換を模擬体験します。
「チーム医療病院実習」は医療系学部学生の卒業前教育として、夏期に4つの大学附属病院で実施。各診療科が用意した多様で実践的な実習プログラムを通して、実際の医療現場でチーム医療を実感できます。

チーム医療演習・病院実習(薬学科)

「チーム医療演習」は「オール北里」の学生が集まって、「チーム医療の必要性」「現代医療の課題」などのテーマで話し合う科目。10名前後のグループでの話し合いで演習が進みます。
2019年度「オール北里チーム医療演習」
−より安全で良質な医療の実現を求めて−
のディスカッションテーマ


①〔救急医療〕  妊婦の急性期治療
②〔大災害時の医療〕 大災害時の避難所における医療
③〔感染〕    院内感染対策
④〔がん医療〕  肺がんに対する集学的治療
⑤〔緩和ケア〕  末期がん患者の緩和ケア
⑥〔在宅療養〕  多発性硬化症の長期在宅療養
⑦〔高齢者医療〕 脳梗塞後遺症
⑧〔生活習慣病〕 糖尿病と合併症
⑨〔医療過誤〕  大学病院における医療安全

オール北里チーム医療演習

学生Voice

医療現場と深く関わりながら学べる実践教育
相模原にも白金にも附属病院があり、現役薬剤師の先生もおられるなど、現場と深く関わりながら学べるのが北里の良さ。実践的な知識が習得できます。薬学科は5年生から病院・薬局実習が始まりますが、私は薬局での在宅訪問など地域医療に関心を持っています。相模原はキャンパス整備が進行中、白金は完了したばかりなので、学生生活は充実すると思いますよ。
3001PP5
石川 幸志さん
薬学科5年 東京都・私立淑徳中学校・高等学校出身