薬学部について

The School of Pharmacy

薬学部の概要

薬学部の特色

薬を「創る」から「使う」まで、薬学を中心に医療分野を幅広くカバーする2学科で構成。

生命創薬科学科・薬学科

薬学部では研究の成果を医療現場に役立てる「実学の精神」にもとづき、
基礎薬学(研究)と臨床薬学(医療)の両分野に力を入れ、
それらを融合した新しい薬学研究・薬剤師教育を進めています。

北里薬学部の特色1

薬を「創る」から「使う」まで、薬学を中心に医療分野を幅広くカバーする2学科で構成。

北里薬学部の特色2

研究や医療の現場を1年次から体験するなど、実践から学ぶ機会が豊富です。

北里薬学部の特色3

ライフサイエンス研究からチーム医療教育まで「オール北里」の総合力が支えます。

北里薬学部の特色4

3つの附属病院と連携。薬剤師など現場で働く人材も教員として教育にあたります。

北里薬学部の特色5

社会薬学、漢方の知識と実践、薬学分野のIT教育など、社会で必要な力を伸ばします。

臨床薬学と基礎研究

臨床薬学と基礎研究、その両輪の充実を目指して常に進化する北里大学薬学部

日本の臨床薬学教育の草分けとして知られ、3つの大学附属病院との密接な連携など充実した教育環境を誇る北里大学薬学部。さらに感染症治療の研究で世界的にも有名な北里柴三郎博士の伝統を受け継ぐ、「医療に貢献する基礎研究」でも知られています。こうした実績をバックボーンとする確かな教育内容と、研究所・様々な学部との協力体制も北里ならではの特徴。現在は6年制の「薬学科」、4年制の「生命創薬科学科」が設置され、高度な薬剤師養成教育を行う臨床薬学と、医療の課題を解決する基礎研究の充実を目指して、常に進化を続けています。

北里大学チーム医療教育

臨床薬学と基礎研究、2つの側面から次代のニーズに対応する

日本のパイオニア「臨床薬学」

「臨床の場で役立つ薬剤師」の養成をめざす北里薬学。薬学部に隣接する北里研究所病院内にあるモデルファーマシーでは、模擬患者に参加してもらい、患者さんとのコミュニケーションについて実践的な教育を受けます。

附属病院での病院実習

最先端医療を展開する3つの附属病院で、必修の病院実習を行います。充実した環境を生かし、医療の現場に関わることで臨床の場で必要な知識・技術を身につけ、その後の学習に生かせる実習を行っています。

チーム医療教育

医療系4学部(医、薬、看護、医療衛生)と2専門学校の学生が合同で討論を行う「チーム医療演習」を実施します。他職種の役割を理解させ、医療チームの中での薬剤師の役割を自覚させる教育を行います。

最先端の基礎研究

世界有数の研究施設「北里研究所」の伝統を受け継ぐ基礎研究。生命現象の分子レベルでの解明や新しい生理活性物質の発見など、ライフサイエンスの様々な分野をカバーする最先端の研究が進行しています。

充実した学習支援環境

新入生全員に配付されるノートパソコン、マルチメディアおよび高速LAN対応の各講義室・コンベンションホール、学生が自由に利用できるコンピュータ室、専門書を約18万冊所蔵する白金図書館、学生相談室、学習支援室、部室棟・運動場など教育・研究支援環境も充実しています。