薬学部について

The School of Pharmacy

学祖 北里柴三郎

学祖 北里柴三郎

北里柴三郎博士の「実学の精神」を受け継ぎ、広く社会に貢献する研究者・薬剤師を育てます。

北里柴三郎博士が門下生に向けた言葉、「開拓」「報恩」「叡智と実践」「不撓不屈」を大学の建学の精神とし、学んだ知識と技術を実践の場に活かし、社会に貢献することを薬学部の教育の根本においています。
開拓-pc
開拓-sp

実学の精神をもとに社会に貢献した北里柴三郎博士とその門下生の業績の一部

[北里博士の活躍]

1889-1890
1889-1890
破傷風菌の純粋培養に成功。血清療法を確立する
1892
1892
私立伝染病研究所を設立し、所長となる
1893
1893
日本初の結核専門病院「土筆ヶ岡養生園」を開設
1894
1894
ペストの原因調査のため香港に派遣され、ペスト菌を発見
1914
1914
国立伝染病研究所の所長を辞任して北里研究所を設立

[門下生たちの活躍]

自らの活躍にとどまらず、数多くの研究者を育て研究を支援した。
1897
1897
志賀潔が赤痢菌を発見する
1899
1899
野口英世が横浜港でペスト患者を見つけ、病気の日本上陸を防ぐ
1901 1916
1901 1916
梅野信吉が純牛痘苗の創製、犬体用狂犬病予防液の創製を行う
1909
1909
北島多一がハブ蛇毒の血清療法を開発
1910
1910
秦佐八郎が梅毒の特効薬「サルバルサン」を創製