薬学部について

The School of Pharmacy

学部長挨拶

薬学部岡田信彦教授ー学部長の挨拶

北里薬学部の可能性はさらに広がります。
北里大学は北里柴三郎博士が1892(明治25)年、福澤諭吉らの協力で創立した私立伝(傳)染病研究所(後に北里が国に寄付して国立となりました)を母体としています。

当時の北里柴三郎はドイツ留学中にローベルト・コッホに師事し、破傷風菌の純粋培養に成功。さらに血清療法を確立した気鋭の細菌学者でした。そして「世の中の役に立つ発見・研究」という実学を貫き、後進の研究者からも数多くの世界的な研究が生まれました。

そうした研究重視の気風のもと、薬学部教授も務めた大村智北里大学特別栄誉教授が、2015年に感染症治療薬に関する貢献でノーベル生理学・医学賞を受賞(*1)されたことは、実学の精神にもとづく研究が現在も息づく証と考えています。

薬学部は、北里柴三郎が国立伝染病研究所を辞して創設した北里研究所と同じ白金キャンパスにあり、そうした研究の気風を受け継いでいます。現在も複数研究室の共同研究、本学をはじめ4大学院が連携する「学際生命科学東京コンソーシアム」での生命科学領域の研究など、新たな取り組みが続いています。

北里の研究力を支えているのは、豊富な基礎実習。2年次から始まる基礎実習は、3年次まで続き、臨床実習や卒業研究へと続きます。白金キャンパスでは、2017年にプラチナタワーが完成し、教育・研究環境が整備され、最新の計測器機を設置するなど、充実した学生実習や大学院での研究が行われています。また、基礎と臨床を超えて行き交う教員や学生の交流や学外での共同研究は、領域横断的な研究を推進し、研究分野にとらわれることなく、最先端の優れた研究が進められています。薬学部では、北里柴三郎博士とその門下生、さらに、大村智北里大学特別栄誉教授へと続く、感染制御を目指した創薬を中心とした生命と健康に関する研究をさらに発展させることを目指しています。

一方で本薬学部は3つの附属病院とも強固に連携し、日本の臨床薬学教育・チーム医療教育をリードする存在です。薬学部専任教員のうち、22名は附属病院の薬剤師として学部の教育・研究に携わり、病院での実習をきめ細やかにサポート。加えて看護学部教員が看護学を、医療衛生学部教員がリハビリテーション論を教えるなど、学部間の教育連携も密接に行われています。

さらに2017年には大学病院のある相模原キャンパスに、各学部と病院が横断的に利用する教育施設「臨床教育研究棟(IPE棟)」もオープン。学部や病院の垣根を越えた交流から、より医療現場に密着した臨床薬学教育、チーム医療教育が生まれていくことでしょう。北里大学薬学部ではこうした先進的な研究と実践的な臨床を両輪とし、また融合させ、新たな薬学教育に挑んでいきます。

(*1)ドリュー大学(Drew Univ. USA)名誉研究フェロー ウィリアム・キャンベル(William C. Campbell)博士、中国中医学院・首席研究員トゥ・ヨウヨウ(Youyou Tu)氏との共同受賞


薬学部長 教授
岡田 信彦