北里大学薬学部 学部案内 成人学生とシニア薬剤師の交差融合型教育

北里大学薬学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進学・就職
  • 大学院案内

成人学生とシニア薬剤師の交差融合型教育

トップ 学部案内 薬学部の概要成人学生とシニア薬剤師の交差融合型教育

世代間交流を通じて、学生の実践力と現職薬剤師の
指導力を磨くプログラム。現職薬剤師のニーズにあわせて、
最新の薬学教育を体系的に受講する環境も整備。

現代医療に求められる薬剤師像  


現職薬剤師の講義参入と
リカレント教育を促す体制作り

◎現職薬剤師向けリカレント教育提案
薬学部6年制カリキュラムに準拠した体系的で、現職薬剤師一人ひとりにあった学習企画を考えて提案する。

◎学習支援体制の構築
講義の予習・復習、学習の相談・質問等をサポートするシステムを構築し、教員・学生・薬剤師の密接な連携の場をつくる。

◎社会との多彩な接点を目指す
大学・学生・現職薬剤師が協力して地域啓発、研究会、社会奉仕企画を立案。現場のニーズ、問題を発掘し、解決を目指す。

◎薬剤師からの直接受講体制の整備
北里大学薬学部の諸制度を整備し、学びの場の共有と交流をはかり、成人期学生の相互支援による学びを推進する。

 

このプログラムは薬学生とシニア薬剤師(40歳代以降の年齢層)との世代間交流に基づく交差融合型教育(クロスマッチ・エデュケーション・プログラム)により、現代医療に求められる基礎知識と人間的基盤を身につけた薬剤師の育成を行います。

臨床での経験豊かなシニア薬剤師の参加により、多様な臨床の現状を成人期学生に十分に伝える実践的医療倫理教育を行うと同時に、体系的リカレント教育を切望するシニア薬剤師のためのカリキュラムも提供する点が特徴です。

     

参考:実社会や医療現場との関わりを重視した、北里大学薬学部の「社会薬学実習」

北里大学薬学部の「社会薬学実習」

現代医療に必要な人間的基盤を備えた薬剤師養成を目的に、北里大学薬学部では、実社会と連携した多様な体験型実習を行っています。その中で、ヒューマニズム教育及び医療人教育の第一次集約点として、成人期学生に向けて「社会薬学実習」を開講しています。この実習は地域の医療機関や福祉施設と連携して、「様々な医療上のエピソードを、現場で働く職業人の報告・講演をもとに考察・議論を行う」「障がい・介助を生活レベルで実体験する」の2つの流れで構成されています。交差融合型教育もその一環で、日本女性薬剤師会の協力を得てスタートしました。


現職薬剤師も参画する「社会薬学実習」を意識改革の原点として
成人期学生の倫理観や実務能力を体系的に養うカリキュラムを構築。

現職薬剤師も参画する「社会薬学実習」を意識改革の原点として成人期学生の倫理観や実務能力を体系的に養うカリキュラム

北里大学薬学部では、医療倫理・ヒューマニズムといった医療従事者に必要な倫理観を身につける科目や、薬剤師の仕事に対する理解を深める科目を開講。これらを基盤に、教育GPに選定された「社会薬学実習」で現職薬剤師と連携しながら実践的医療倫理教育を行います。その後で長期実務実習、チーム医療演習など体験を通じて現代の医療について学ぶ機会を設けています。

「社会薬学実習」はこの流れの中で、患者さんをはじめ他者への医療責任を痛感する「意識改革の原点」となります。特に、異なる年齢的・社会的背景を持つ現職薬剤師の参画によって、成人期学生は医療の現状や多様な価値観を学ぶことができます。


北里大学薬学部の6年制カリキュラムを現職薬剤師も共有して、
体系的なリカレント教育として自らの能力開発に活用できます。

北里大学薬学部の6年制カリキュラムを現職薬剤師も共有して、体系的なリカレント教育として自らの能力開発に活用

このプログラムの現職薬剤師に対するメリットとしては、「社会薬学実習」で成人期学生とのコミュニケーションを通じて指導力の向上が見込めるほか、北里大学薬学部で6年制カリキュラムを受講することによって、最新の知識や能力を再編成することができる点が挙げられます。これは臨床の場で蓄えた経験を学術的に再検討し、幅広く応用できる知識とするための機会ともなります。

1名あたり3年間の履修期間が想定され、受講科目は一人ひとりのニーズと薬学部のカリキュラム体系を考慮して決定されます。講義は大学での直接受講に加え、一部はIT配信(ondemand)も予定されています。

現在、このプログラムは、日本女性薬剤師会との共同事業としてスタートしますが、将来は更に多方面の大学・職能団体等との提携を計画しています。