北里大学薬学部 大学院 薬学研究科

北里大学薬学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進学・就職
  • 大学院案内

薬学研究科の概要

トップ 大学院案内 薬学研究科の概要

修士課程/薬科学専攻 博士後期課程/薬科学専攻 博士課程/薬学専攻

薬科学履修コース:16の専門分野で最先端の研究に従事して,高度な専門的知識・技能に加え,薬学関連分野の幅広い知識や問題解決能力を備えた生命科学・創薬科学分野における技術者,研究者及び教育者等を育成します。

臨床統計学履修コース:適切な統計学的理論に基づいて臨床試験データを解析し,効率的な臨床試験計画を立案できる技術者,研究者及び教育者等を育成します。

医薬開発学履修コース:医薬品開発に必要な包括的な知識を習得して,戦略的かつ国際的な医薬品開発企画を立案できる技術者,研究者及び教育者等を育成します。

薬学履修コース:9の専門分野で最先端の研究に従事して,医療薬学・臨床薬学関連の高度な専門知識に加え,医療現場での問題発見・解決能力を習得することで,医療現場等で指導的な立場で活躍できる研究者及び教育者等を育成します。

医療薬学履修コース:がん領域の専門家として,がん領域を通して社会に貢献できる人材を育成します。

平成24年4 月1 日現在

【主科目】(特論,演習,特別実験)
生命薬化学,生体分子解析学,薬品製造化学,医薬品化学,生物分子設計学,生薬学,衛生化学,公衆衛生学,生化学,薬理学,分子薬理学,微生物学,微生物薬品化学,薬剤学,創薬物理化学,情報薬学
【関連科目】
放射薬品化学

薬学研究科 薬科学専攻 修士課程 薬科学履修コースの募集専門分野

専門分野(講座)
指導教員(責任者)
研  究  内  容
生命薬化学
※ 長瀬 博
(教 授)
1 . オピオイド系薬物の設計と合成
2 . 薬物受容体と薬物の相互作用の研究
3 . 鎮痛薬,薬物依存症治療薬,アルツハイマー病パーキンソン病治療薬の研究開発
4 . 薬物のショートステップ合成とプロセス化学
生体分子解析学
本間 浩
(教 授)
新奇生体分子の検出とその生理学的・病理学的機能の解析
1 . 遊離D型アミノ酸に関する研究
モデル生物を用いた生理活性の解析研究
生体分子解析学
代謝関連酵素の解析研究
補捉法と検出に関する研究
2 . タンパク質中の異性化アミノ酸残基に関する研究
異性化アミノ酸残基がタンパク質機能に及ぼす影響の解析研究
異性化アミノ酸修復酵素の発現調節機構の研究
薬品製造化学
長光 亨
(教 授)
1 . 有用な生理活性を有する天然有機化合物の全合成研究
2 . 創薬を指向した天然有機化合物の構造活性相関研究
3 . 未知な作用機作を有する天然有機化合物のプローブ分子の作製
4 . 天然有機化合物の合成に応用可能な新規反応の開発
医薬品化学
牧野 一石
(教 授)
1 . 有機触媒及び有機金属触媒による不斉合成法の開発
2 . 糖鎖及び配糖体の合成に関する基盤技術の開発
3 . ペプチド合成に関する基盤技術の開発
4 . 癌光線力学的療法のための光増感剤の開発
5 . 生物活性有機分子の化学的合成
生物分子設計学
志鷹 真由子
(教 授)
コンピュータを用いたタンパク質構造の理論的・情報学的研究および創薬への応用
1 . タンパク質立体構造予測
2 . タンパク質−タンパク質間相互作用解析
3 . タンパク質−リガンド間相互作用解析
4 . 分子シミュレーション
生薬学
小林 義典
(教 授)
伝統的薬用・食用植物およびその含有成分に関する評価解析研究
1 . 活性評価(in vivo, in vitro)
2 . 活性成分の単離・同定と構造研究
3 . 作用メカニズム解析
4 . 創薬を目標とした天然化合物の化学修飾・全合成
5 . 細胞・組織・菌系培養による有用物質の生産
衛生化学
※ 中川 靖一
(教 授)
酸化ストレスによる細胞応答機構
1 . 抗酸化酵素の発現,調節機構
2 . 抗酸化酵素遺伝子欠損マウスの解析
3 . ミトコンドリア型スフィンゴミエリナーゼの機能の解析
4 . 線虫における酸化ストレス防却機構の解析
5 . ミトコンドリア障害による細胞死(アポトーシス)誘導機構の解析
公衆衛生学
伊藤 智夫
(教 授)
健康被害を引き起こす環境汚染物質・毒性物質の生体影響評価とメカニズム解明
1 . 環境汚染物質の生体に及ぼす影響の検討
2 . バイオアッセイを用いた環境ストレスの新規リスク評価研究
3 . 環境汚染の生物学的修復(バイオレメディエーションおよびファイトレメディエーション)戦略の構築
4 . 微生物の水銀耐性機構の解析
生化学
服部 成介
(教 授)
真核細胞における細胞増殖・分化シグナルのプロテオミクス技術による解析
1 . タンパク質リン酸化解析法の開発
2 . ストレス応答におけるp38MAPキナーゼ基質の網羅的解析
3 . 低分子量Gタンパク質の解析
4 . 細胞癌化におけるリン酸化パターン変化の解析
5 . ヒト疾患における細胞動態変化の解析
薬理学
田辺 光男
(教 授)
中枢神経系疾患の病態とその治療薬の理解を深め,さらに新規治療薬開発に向けた戦略的知見を得る。
1 . 神経因性疼痛や炎症性疼痛などの病態発症・維持機構及び有効であるとされる薬物の作用機序を行動薬理学的,電気生理学的及び神経化学的な多面的なアプローチにより解析する。
2 . 炎症を伴う神経変性疾患における,神経細胞及びグリア細胞の機能変化・変性機序の解析と治療標的分子の探索
3 . 中枢神経特異的蛋白質リン酸化酵素の活性酸素制御機序と生理機能の解析,及び特異的阻害剤の検索における機能解析
分子薬理学
石井 邦雄
(教 授)
1 . 網膜微小循環の基礎薬理学的研究
2 . 生活習慣病による体内諸臓器の機能変化に関する分子薬理学的研究
3 . 網膜血管の新生・退縮に関する薬理学的研究
4 . 循環器・泌尿器・感覚器疾患における新規薬物治療法確立のための基礎的研究
微生物学
岡田 信彦
(教 授)
細菌の病原因子と宿主の感染防御に関する研究
1 . サルモネラ感染における宿主細胞の細胞応答に関する研究
2 . サルモネラのマクロファージ内増殖能に関与するビルレンス因子の分子遺伝学的解析
3 . プロバイオティクスによる免疫賦活機構の解析
4 . ビフィズス菌によるプロバイオティクス機能の遺伝学的解析
微生物薬品化学
供田 洋
(教 授)
1 . 脂質代謝異常による疾患たとえば動脈硬化症,脂肪肝,肥満などの生活習慣病に有効な微生物由来新規生物活性物質の開拓
2 . 感染症(耐性菌,結核,病原微生物やエイズなど)や癌に有効な微生物由来新規生物活性物質の開拓
3 . 微生物由来生物活性物質の活性発現に関与する責任分子や作用機構の解明
4 . 微生物由来生物活性物質を利用した細胞機能の解析
薬剤学
伊藤 智夫
(教 授)
1 . ヒト小腸初回通過効果の定量的予測に関する研究
2 . 代謝過程における薬物間相互作用の定量的予測に関する研究
3 . 輸送担体を介した薬物の生体膜透過性に関する研究
4 . 立体異性体の体内動態に関する研究
創薬物理化学
広野 修一
(教 授)
コンピュータによる合理的医薬分子設計
(structure-based/ligand-based drug design)
1 . 分子動力学シミュレーションによる生体分子の溶液構造解析
2 . 生体高分子と薬物との相互作用に関するNMR及び計算化学研究
(分子軌道法/分子動力学法計算,三次元分子グラフィックス,リガンドドッキングスタディ,結合自由エネルギー計算)
3 . パターン認識や多変量解析による薬物の三次元定量的構造活性相関解析
情報薬学
西端 芳彦
(准教授)
Cheminformatics による創薬研究支援手法に関する研究,特に新規バーチャルスクリーニング手法,新規化学構造数え上げ手法,化合物データベースシステム等に関する研究を行う。

※平成25年 3 月退任指導教員

【主科目】(特論,演習,特別実験)
臨床統計学特論I,臨床統計学特論II,臨床統計学特論III,臨床統計学演習I,臨床統計学演習II,臨床統計学実習,臨床統計学総合実習
【関連科目】
臨床統計学入門1,臨床統計学入門2

薬学研究科 薬科学専攻 修士課程 臨床統計学履修コースの研究内容


【臨床医学(大講座)】

専門分野(講座)
指導教員(責任者)
研  究  内  容
臨床統計学
竹内 正弘
(教 授)
1 . Logistic Regression の共変量調節の頑健性
2 . 経時データ解析での途中脱落問題
3 . 非線形モデルの一次近似化の妥当性
4 . 多重比較問題
5 . Martingale 理論での統計理論展開
6 . Meta Analysis の Random Effectsの研究
7 . Bayesian/frequentist joint paradigm における推測理論の研究
8 . Censored data における予測モデルの推測方法および評価方法

【主科目】(特論,演習,特別実験)
医薬開発学特論I,医薬開発学特論II,医薬開発学特論III,医薬開発学演習I,医薬開発学演習II,医薬開発学実習,医薬開発学総合実習

薬学研究科 薬科学専攻 修士課程 医薬開発学履修コースの研究内容


【臨床医学(大講座)】

専門分野(講座)
指導教員(責任者)
研  究  内  容
医薬開発学
竹内 正弘
(教 授)
1 . Adaptive Design の臨床的展開
2 . 製造販売後調査のデザイン
3 . 国際共同臨床試験における用量設定
4 . サロゲートマーカーの有用性
5 . ITを用いた臨床試験・製造販売後調査デザイン
6 . 東アジア地域における国際的な医薬品開発
7 . Pharmacometrics の新薬開発への応用

平成24年4 月1 日現在

【主科目】(特論,演習,特別実験)
生命薬化学,生体分子解析学,薬品製造化学,医薬品化学,生物分子設計学,生薬学,衛生化学,公衆衛生学,生化学,薬理学,分子薬理学,微生物学,微生物薬品化学,薬剤学,創薬物理化学,情報薬学
【関連科目】
放射薬品化学

薬学研究科 薬科学専攻 博士後期課程 薬科学履修コースの募集専門分野・研究内容

専門分野(講座)
指導教員(責任者)
研  究  内  容
生命薬化学
※ 長瀬 博
(教 授)
1 . オピオイド系薬物の設計と合成
2 . 薬物受容体と薬物の相互作用の研究
3 . 鎮痛薬,薬物依存症治療薬,アルツハイマー病パーキンソン病治療薬の研究開発
4 . 薬物のショートステップ合成とプロセス化学
生体分子解析学
本間 浩
(教 授)
新奇生体分子の検出とその生理学的・病理学的機能の解析
1 . 遊離D型アミノ酸に関する研究
モデル生物を用いた生理活性の解析研究
代謝関連酵素の解析研究
補捉法と検出に関する研究
2 . タンパク質中の異性化アミノ酸残基に関する研究
異性化アミノ酸残基がタンパク質機能に及ぼす影響の解析研究
異性化アミノ酸修復酵素の発現調節機構の研究
薬品製造化学
長光 亨
(教 授)
1 . 有用な生理活性を有する天然有機化合物の全合成研究
2 . 創薬を指向した天然有機化合物の構造活性相関研究
3 . 未知な作用機作を有する天然有機化合物のプローブ分子の作製
4 . 天然有機化合物の合成に応用可能な新規反応の開発
医薬品化学
牧野 一石
(教 授)
1 . 有機触媒及び有機金属触媒による不斉合成法の開発
2 . 糖鎖及び配糖体の合成に関する基盤技術の開発
3 . ペプチド合成に関する基盤技術の開発
4 . 癌光線力学的療法のための光増感剤の開発
5 . 生物活性有機分子の化学的合成
生物分子設計学
志鷹 真由子
(教 授)
コンピュータを用いたタンパク質構造の理論的・情報学的研究および創薬への応用
1 . タンパク質立体構造予測
2 . タンパク質−タンパク質間相互作用解析
3 . タンパク質−リガンド間相互作用解析
4 . 分子シミュレーション
生薬学
小林 義典
(教 授)
伝統的薬用・食用植物およびその含有成分に関する評価解析研究
1 . 活性評価(in vivo, in vitro)
2 . 活性成分の単離・同定と構造研究
3 . 作用メカニズム解析
4 . 創薬を目標とした天然化合物の化学修飾・全合成
5 . 細胞・組織・菌系培養による有用物質の生産
衛生化学
※ 中川 靖一
(教 授)
酸化ストレスによる細胞応答機構
1 . 抗酸化酵素の発現,調節機構
2 . 抗酸化酵素遺伝子欠損マウスの解析
3 . ミトコンドリア型スフィンゴミエリナーゼの機能の解析
4 . 線虫における酸化ストレス防却機構の解析
5 . ミトコンドリア障害による細胞死(アポトーシス)誘導機構の解析
公衆衛生学
伊藤 智夫
(教 授)
健康被害を引き起こす環境汚染物質・毒性物質の生体影響評価とメカニズム解明
1 . 環境汚染物質の生体に及ぼす影響の検討
2 . バイオアッセイを用いた環境ストレスの新規リスク評価研究
3 . 環境汚染の生物学的修復(バイオレメディエーションおよびファイトレメディエーション)戦略の構築
4 . 微生物の水銀耐性機構の解析
生化学
服部 成介
(教 授)
真核細胞における細胞増殖・分化シグナルのプロテオミクス技術による解析
1 . タンパク質リン酸化解析法の開発
2 . ストレス応答におけるp38MAPキナーゼ基質の網羅的解析
3 . 低分子量Gタンパク質の解析
4 . 細胞癌化におけるリン酸化パターン変化の解析
5 . ヒト疾患における細胞動態変化の解析
薬理学
田辺 光男
(教 授)
中枢神経系疾患の病態とその治療薬の理解を深め,さらに新規治療薬開発に向けた戦略的知見を得る。
1 . 神経因性疼痛や炎症性疼痛などの病態発症・維持機構及び有効であるとされる薬物の作用機序を行動薬理学的,電気生理学的及び神経化学的な多面的なアプローチにより解析する。
2 . 炎症を伴う神経変性疾患における,神経細胞及びグリア細胞の機能変化・変性機序の解析と治療標的分子の探索
3 . 中枢神経特異的蛋白質リン酸化酵素の活性酸素制御機序と生理機能の解析,及び特異的阻害剤の検索における機能解析
4 . ヒト疾患における細胞動態変化の解析
分子薬理学
石井 邦雄
(教 授)
1 . 網膜微小循環の基礎薬理学的研究
2 . 生活習慣病による体内諸臓器の機能変化に関する分子薬理学的研究
3 . 網膜血管の新生・退縮に関する薬理学的研究
4 . 循環器・泌尿器・感覚器疾患における新規薬物治療法確立のための基礎的研究
微生物学
岡田 信彦
(教 授)
細菌の病原因子と宿主の感染防御に関する研究
1 . サルモネラ感染における宿主細胞の細胞応答に関する研究
2 . サルモネラのマクロファージ内増殖能に関与するビルレンス因子の分子遺伝学的解析
3 . プロバイオティクスによる免疫賦活機構の解析
4 . ビフィズス菌によるプロバイオティクス機能の遺伝学的解析
微生物薬品化学
供田 洋
(教 授)
1 . 脂質代謝異常による疾患たとえば動脈硬化症,脂肪肝,肥満などの生活習慣病に有効な微生物由来新規生物活性物質の開拓
2 . 感染症(耐性菌,結核,病原微生物やエイズなど)や癌に有効な微生物由来微生物薬品化学新規生物活性物質の開拓
3 . 微生物由来生物活性物質の活性発現に関与する責任分子や作用機構の解明
4 . 微生物由来生物活性物質を利用した細胞機能の解析
薬剤学
伊藤 智夫
(教 授)
1 . ヒト小腸初回通過効果の定量的予測に関する研究
2 . 代謝過程における薬物間相互作用の定量的予測に関する研究
3 . 輸送担体を介した薬物の生体膜透過性に関する研究
4 . 立体異性体の体内動態に関する研究
創薬物理化学
広野 修一
(教 授)
コンピュータによる合理的医薬分子設計
(structure-based/ligand-based drug design)
1 . 分子動力学シミュレーションによる生体分子の溶液構造解析
2 . 生体高分子と薬物との相互作用に関するNMR及び計算化学研究
(分子軌道法/分子動力学法計算,三次元分子グラフィックス,リガンドドッキングスタディ,結合自由エネルギー計算)
3 . パターン認識や多変量解析による薬物の三次元定量的構造活性相関解析
情報薬学
西端 芳彦
(准教授)
Cheminformatics による創薬研究支援手法に関する研究,特に新規バーチャルスクリーニング手法,新規化学構造数え上げ手法,化合物データベースシステム等に関する研究を行う。

※平成25年 3 月退任指導教員

【主科目】(特別講義,特別演習,特別研究)
薬物治療学I特別講義,薬物治療学II特別講義,薬物治療学III特別講義,薬物治療学IV特別講義,保険薬局学特別講義,病態解析学特講義,薬物動態学特別講義,中毒学特別講義,医療心理学特別講義,薬物治療学I特別演習,薬物治療学II特別演習,薬物治療学III特別演習,薬物治療学IV特別演習,保険薬局学特別演習,病態解析学特別演習,薬物動態学特別演習,中毒学特別演習,医療心理学特別演習,薬物治療学I特別研究,薬物治療学II特別研究,薬物治療学III特別研究,薬物治療学IV特別研究,保険薬局学特別研究,病態解析学特別研究,薬物動態学特別研究,中毒学特別研究,医療心理学特別研究

薬学研究科 薬学専攻 博士課程 薬学履修コースの募集専門分野・研究内容

専門分野(講座)
指導教員(責任者)
研  究  内  容
薬物治療学I
※ 矢後 和夫
(教 授)
(北里大学病院
薬剤部長)
医薬品の適正使用に関する研究
1 . がん緩和ケア領域で使用される薬物の体内動態に関する研究
2 . がん患者における抗悪性腫瘍剤の適正使用に関する研究
3 . 感染症における抗菌薬の適正使用に関する研究
4 . ベンゾジアゼピン受容体作動薬の適正使用に関する研究
5 . 経営投与患者における医薬品の最適な投与法に関する研究
薬物治療学II
黒山 政一
(准教授)
(北里大学東病院
薬剤部長)
医薬品の適正使用に関する研究
1 . がん化学療法の適正化に関する研究
2 . 緩和医療における臨床薬学的研究
3 . 院内感染防止および感染症治療に関わる臨床薬学研究
4 . 精神科領域における臨床薬学研究
5 . 治験における臨床薬学研究
薬物治療学III
厚田 幸一郎
(教 授)
(北里研究所病院
薬剤部長)
薬剤師による患者ケアの実践とその科学的評価についての研究
1 . 糖尿病療養指導の実践とその有用性に関する研究
2 . 糖尿病治療薬の適正治療に関する研究
3 . 院内感染制御における薬剤師の役割に関する研究
4 . 抗がん剤の感受性試験に関する研究
5 . 抗心筋自己抗体に対する免疫吸着療法に関する研究
6 . アンチ・ドーピング活動に関する研究
7 . ジェネリック医薬品の製剤学的特徴に関する研究
8 . ワルファリンカリウムの個別投与設計に関する研究
薬物治療学IV
小宮山 貴子
(教 授)
(北里研究所
メディカルセンター
病院薬剤部長)
薬物代謝酵素(TPMT,ITPase,MTHFRなど)の遺伝子 SNPs を指標にしたテーラーメイド治療の研究
病院薬局製剤による癌性疼痛の治療支援に関する研究
悪性腫瘍の骨・組織への侵入,神経叢周辺への浸潤に伴う難治性の癌性疼痛に対して,オピオイドと併用する鎮痛補助薬として適用可能な病院薬局製剤を検討し,有効で安全なペインコントロールを支援する。
肝疾患における病態評価や薬物治療評価のための生体内バイオマーカーに関する研究
慢性肝炎進展機序における血管・リンパ管増生に関与する各種バイオマーカーの関連や,慢性C型肝炎におけるインターフェロン治療と各種サイトカインの変動を検討し,病態や薬物治療のための新たな指標を確立する。
病院薬剤師のファーマシューティカルケアに関する研究
1 )がん化学療法におけるレジメン管理と治療モニタリング
2 )外来診療における薬剤適正使用の支援と患者モニタリング
保険薬局学
吉山 友二
(教 授)
1 . 病院,保険薬局の連携を重視したファーマシューティカルケアの方法論に関する研究
2 . 心筋梗塞後心不全における自律神経活動に関する研究
3 . 在宅医療における地域保険薬局へのニーズと役割に関する研究
4 . 医薬分業の今後のあり方に関する研究
5 . 保険薬局における一般用医薬品,健康食品等の適正使用支援に関する研究
病態解析学
土本 寛二
(教 授)
1 . 慢性肝疾患の発症機序
2 . 急性肝疾患モデル動物を用いた薬効評価
3 . 胃粘膜疾患患者中の Helicobacter heilmannii 感染患者数の疫学調査
4 . Helicobacter heilmannii 感染による MALT リンパ腫形成に関する研究
5 . 胃粘膜組織修復機構に関する研究
6 . 虚血性心疾患の分子機構および薬効評価に関する研究
薬物動態学
篠崎 公一
(准教授)
患者個々の薬物動態および薬力学に基づく治療管理(TDM)を実習するなかで以下の薬物投与設計に関連する研究を行い,有効かつ安全で効率的な薬物治療の実現を目指す。
1 . TDM 情報システムに関する研究
1 )TDM 関連データベースの開発と改良
2 )TDM 関連ソフトウェアの開発と改良
2 . 母集団解析
3 . ベイジアン法によるPK-PD解析と薬物投与設計
4 . 抗菌薬のPK-PDとTDMに基づく投与設計に関する研究
5 . 循環器用薬の投与設計に関する研究
6 . 気管支拡張薬の投与設計に関する研究
7 . 免疫抑制薬の投与設計に関する研究
8 . その他の薬物の投与設計に関する研究
中毒学
福本 真理子
(准教授)
1 . 造血幹細胞移植におけるテーラーメイド医療の実践
・PK/PD analysis 及び遺伝多形を利用した抗がん剤の個別化法の研究
・有害作用発現と予防効果を予測するマーカーの検討
2 . 中毒・救急医療における診断・治療の科学的根拠となる基礎的研究
・アセトアミノフェン中毒の新規バイオマーカーに関する研究
・タバコによるニコチン中毒の毒性評価に関する研究
・新規乱用薬物中毒の毒性評価に関する研究
・金属および元素物質による中毒の分析学的研究
3 . 家庭内中毒事故防止と地域保健医療の専門薬剤師の養成に関する研究
医療心理学
有田 悦子
(准教授)
1 . 医療者−患者間のコミュニケーションに関する研究
2 . 患者心理と治療態度・効果に関する研究
3 . 治療選択時(治験参加時)の意志決定に関する研究
4 . 医療人教育に関する研究

※平成25年 3 月退任指導教員

【主科目】(特論,演習,特別実験)
臨床統計学特論I,臨床統計学特論II,臨床統計学特論III,臨床統計学演習I,臨床統計学演習II,臨床統計学実習,臨床統計学総合実習
【関連科目】
臨床統計学入門1,臨床統計学入門2

薬学研究科 薬科学専攻 博士後期課程 臨床統計学履修コースの研究内容


【臨床医学(大講座)】

専門分野(講座)
指導教員(責任者)
研  究  内  容
臨床統計学
竹内 正弘
(教 授)
1 . Logistic Regression の共変量調節の頑健性
2 . 経時データ解析での途中脱落問題
3 . 非線形モデルの一次近似化の妥当性
4 . 多重比較問題
5 . Martingale 理論での統計理論展開
6 . Meta Analysis の Random Effectsの研究
7 . Bayesian/frequentist joint paradigm における推測理論の研究
8 . Censored data における予測モデルの推測方法および評価方法

【主科目】(特論,演習,特別実験)
医薬開発学特論I,医薬開発学特論II,医薬開発学特論III,医薬開発学演習I,医薬開発学演習II,医薬開発学実習,医薬開発学総合実習

薬学研究科 薬科学専攻 博士後期課程 医薬開発学履修コースの研究内容


【臨床医学(大講座)】

専門分野(講座)
指導教員(責任者)
研  究  内  容
医薬開発学
(竹内 正弘)
(教 授)
1 . Adaptive Design の臨床的展開
2 . 製造販売後調査のデザイン
3 . 国際共同臨床試験における用量設定
4 . サロゲートマーカーの有用性
5 . ITを用いた臨床試験・製造販売後調査デザイン
6 . 東アジア地域における国際的な医薬品開発
7 . Pharmacometrics の新薬開発への応用

【授業科目】
臨床腫瘍学概論I特別講義,臨床腫瘍学概論II特別講義,がん薬物治療学I特別講義,がん薬物治療学II特別講義,がん医療学I特別講義,がん医療学II特別講義,がん社会学特別講義,医療薬学特別演習,医療薬学特別研究