2020.07.31 ()
北里大学薬学部常設ニュース

新型コロナウイルス感染防止に対する北里大学の対応について

2020年7月31日
在学生・ 保証人の皆様
北里大学
学長 島 袋 香 子
新型コロナウイルス感染防止に対する北里大学の対応について
 新型コロナウイルス感染症は、いまだ不明な点の多い感染症であり、社会全体として長期的な対応が必要となることが見込まれています。
 本学は、この状況下において、大学としての使命を果たすべく、学内における感染拡大のリスクを可能な限り低減した上で、持続的に教育研究活動が行えるよう取組んでおります。
 年度当初は授業を開始できず、学生、保護者の皆様におかれましては、ご不安な思いで新年度を迎えられたことと思います。現在は、学生の皆様にもご協力いただき、各学部学科専攻・学年のカリキュラムに応じて、学事暦・時間割を弾力的に組み直し、遠隔授業(オンライン授業)及び一部対面での実習等も展開しています。
 オンライン授業の実施にあたっては、履修に支障が出ないよう様々なツールを使いネットワークの負荷を分散させ、また、学習管理システムを増強するなど、オンライン授業のための環境を整えてまいりました。
 緊急事態宣言の解除を受けて6月からは段階的な分散登校を行うことといたしましたが、新型コロナウイルス感染症の脅威を過小評価することなく、大学構内や通学環境における三密を防ぐために、スクールバスの増便、学生食堂における飛沫防止パネルの設置や換気能力の強化など様々な感染予防対策を行っております。
 学内施設等の利用に関しましては、利用者の集中を避けるため予約制としておりますが、学習サポートセンター(ASC)やL1号館情報演習室を利用可能としています。この他、図書館の宅配形式による書籍等の貸出、登校者の自習環境としてL2号館講義室を開放するなど、大学の施設設備を可能な範囲で利用できるように対策を講じております。
 経済的支援につきましては、学費納入期限の延長・延納手続きの受付、学生生活支援金の貸与、学生支援金の給付、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う学費減免、北里大学PPAによる「新型コロナウイルス対応特別支援」、文部科学省による『学生支援緊急給付金』(詳細は別紙参照)等に取組んでおり、本学Webサイトによる周知、学部等からメールなどにより最新情報を逐一ご案内しております。今後も、新しい支援制度など引き続きご案内してまいります。
 学費の設定、予算・決算等の状況の開示についてお問い合わせを頂いておりますが、本法人の財務情報(予算・決算・財務状況)は本学Webサイトに掲出しておりますのでご確認ください。
 授業料の設定については、授業受講、単位認定等の大学における教育に関する役務提供に対する対価であり、卒業までの経費を在学年限で割ったものを、1年間で納める学費としています。
 また、施設設備費については、光熱水費の使用料、施設の利用料だけでなく、今回の新型コロナウイルス感染症に対する教育継続のためのオンライン授業に関わる施設設備の整備にも使用しております。施設設備費は基本的に教育・研究施設の維持費や、校舎新築を含めた将来的な教育・研究環境の充実に充てられる費用も含まれており、現在使用している校舎を含めた施設設備は、これまでの卒業生を含めた学費を積み上げて充てられてきたものです。施設設備費の性質についてご理解頂きたく存じます。
 さらに、学生の皆様が在宅学習するための講義資料の印刷や郵送費をはじめ、感染症拡大防止対策(詳細は別紙参照)に、当初予算に計上していなかった多くの学費が使用されています。これらを踏まえ、授業料等の返還は考えていないことをご理解賜りたくお願い申し上げます。
 後期以降もコロナ禍の第2波、第3波が発生することは否定できず、本学において引き続き、感染拡大の防止や学生の学修機会の確保、学生への適切な情報提供と支援等に取組んでいく所存です。
 この世界的な困難の克服に向け、本学は教育・研究・医療機関として社会的な使命を達成できるように努める所存です。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
以上
詳細は全学サイトをご覧ください