北里大学薬学部 トピックス

北里大学薬学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進学・就職
  • 大学院案内

「大村記念ホール」レリーフ除幕式及び大村智特別栄誉教授講演会について

トップ 新着情報「大村記念ホール」レリーフ除幕式及び大村智特別栄誉教授講演会について

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

  北里大学薬学部では、薬学部卒業生有志等が中心となり、ノーベル生理学・医学賞(2015年)を受賞された大村智特別栄誉教授のご功績を末永く顕彰し、また、次世代の北里薬学の発展に繋げるために「北里薬学ブランド向上プロジェクト」(大村プロジェクト会議)を立ち上げ、事業を推進しております。
  このたび、平成29年11月23日(木:勤労感謝の日)にプロジェクトの一環として、「薬学部コンベンションホール」の名称を「大村記念ホール」に変更するとともに、大村智特別栄誉教授の胸像レリーフ除幕式、講演会及び祝賀会を開催いたしました。
  当日は、理事長、学長、薬学部長、薬友会長・同窓会長、女子美術大学理事長及び学長等が列席される中、女子美術大学名誉教授の柏原花子先生が制作された大村先生の胸像レリーフがお披露目されました。引き続き、薬友会をはじめ同窓生250名、学生・教職員、そして近隣の白金の丘中学校の生徒が参加し、満員の「大村記念ホール」で大村先生の講演会が行われました。
  「私の歩んできた道」と題した講演では、先生の生い立ちから、弛まぬ努力により苦難を乗り越えノーベル生理学・医学賞の受賞に至ったことをお話しいただき、会場の聴衆を魅了されていました。特に「一期一会」の大切さを学んだ中学生は大きな感銘を受けておりました。
  最後になりますが、大村先生の胸像レリーフをご寄贈いただいた北里大学同窓会・薬友会の皆様に厚くお礼申し上げます。


こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。