北里大学薬学部 新着情報

北里大学薬学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進学・就職
  • 大学院案内

アイオワ大学における臨床薬学研修報告(国際交流)

トップ 新着情報アイオワ大学における臨床薬学研修報告(国際交流)

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

  薬学科6年生8名が、2018年5月20日(日)〜6月3日(日)まで、アイオワ大学薬学部(米国、アイオワ州)での臨床薬学研修を行いました。この研修では、国際的な視野や能力をもった、臨床での問題点を解決できる薬剤師、専門職業人としての国際性を養成することを目的としています。
  アイオワ大学病院、およびアイオワシティ近郊の薬局で、薬学部の臨床研修中の6年生の1日に同行する体験学習、「Shadowing」を行いました。学生が医療チームの一員として、回診に同行して意見交換している様子や、指導薬剤師の指導のもと責任をもって患者の薬物治療モニタリングを行っていることを体感することができました。また薬局では、実際に患者に対して予防接種を行っている現場を見学することもできました。
  アイオワ大学薬学部内では、臨床現場で活躍する薬学部教員が、実際の症例をCase Studyとして取り入れた臨場感あふれる薬物治療学の講義が行われました。米国の医療・薬剤師について実際の現場で学んだことで、日本の医療・薬剤師を客観的な視点から見つめなおすことができ、またアイオワ大学教職員や学生との交流を通じて、米国の文化や豊かな自然も直接感じ取ることができ、大変貴重な経験となりました。


こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。