北里大学薬学部 関連リンク

北里大学薬学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進学・就職
  • 大学院案内

教育・研究の目的・方針

トップ教育・研究の目的・方針

薬学部

(1)人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

薬学部は、最新の薬学的知識・技能のみならず、豊かな人間性と高い倫理観を備え、社会における様々な活動に、「薬」の視点を持って積極的に参加できる人材の育成を目的とする。そのための教育研究上の目的は、 基礎と臨床を両輪としたバランスのとれた薬 学教育の展開、 倫理観を醸成する教育の推進、 コミュニケーション能力を修得させ る教育の推進、 基礎と臨床が一体となった研究の展開とする。

(2)学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

薬学部では、基礎と臨床を融合させた教育により、豊かな人間性とコミュニケーション 能力を有し、問題発見・解決能力を身につけて、最先端の研究分野から医療現場まで幅広い領域で活躍できる人材を養成することを目的としており、そのための学位授与の方 針は、 基礎または臨床薬学における高度な知識・技能を修得し、 豊かな人間性とコ ミュニケーション能力を身につけ、 高い問題発見・解決能力を持つこととする。

(3)教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

薬学部では低学年において、大学への導入教育、人間形成のための教育、一般教養教育に加えて早期体験学習を履修し、高学年に向けてより高度な専門科目が増えていくようにカリキュラムが編成されている。また、薬学科・生命創薬科学科のいずれの学科でも、必要とされる高度な知識と技能・態度の修得だけでなく、コミュニケーション能力の修 得や問題発見・解決能力の醸成を重視したカリキュラム編成となっている。

薬学科

(1)人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

薬学科は、高度化・細分化された医療の中で、医薬品の適正使用を通して、医療の質を 確保するための「薬の専門家」として活躍する薬剤師を養成することを目的とする。そのための教育研究上の目的は、 臨床薬学に関連した高度な専門教育と実務教育の充実、 医療人としての高い倫理観を醸成する教育の推進、 チーム医療に資するためのコミュニケーション能力を修得させる教育の推進、 医療現場における問題発見・解決能力 を涵養する教育の推進とする。

(2)学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

薬学科では、豊かな人間性を有し、薬の専門家として医療の現場で活躍できる薬剤師の 養成を目的としており、そのための学位授与の方針は、 薬学に関する高度な専門知識と洗練された技能を修得し、 医療人としての高い倫理観を有し、 チーム医療に資するためのコミュニケーション能力を身につけ、 医療現場における問題発見・解決能力を持つこととする。

(3)教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

6年一貫教育において、低学年では大学への導入教育、人間形成のための教育、一般教 養教育に加えて早期体験学習を履修し、高学年に向けて高度な専門科目が増えていくようにカリキュラムが編成されている。また、基礎教育および実務実習を充実させて薬剤 師に必要とされる知識・技能・態度を修得し、スモールグループディスカッションを多用してコミュニケーション能力を身につけ、倫理関連の講義・実務実習を通して医療人 としての倫理観を醸成し、卒業研究等を通して問題発見・解決能力を修得し、生涯学習 講座や学会への参加を通して自己研鑽の意欲を高め、実習や卒業研究での後輩の指導を 通して後進を育成する意欲を醸成するようにカリキュラムが編成されている。

生命創薬科学科

(1)人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

生命創薬科学科は、薬学関連領域における多様な人材需要に応えるため、薬剤師としてではなく、薬学の基礎的な知識・技能を基盤に、社会の多様な分野で活躍できる人材の育成を目的とする。そのための教育研究上の目的は、 最先端の研究を遂行するための基本的な知識・技能を修得させる教育の充実、 「考える力」(問題発見・解決能力)を涵養する教育の推進、 科学的なコミュニケーション能力を修得させる教育の推進、 科学的探究心を向上させる教育の推進とする。

(2)学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

生命創薬科学科では、生命科学・創薬科学等の分野における研究者を始めとして、薬学の知識をもって社会の様々な分野で貢献できる人材の育成を目的としており、そのための学位授与の方針は、 最先端の研究を遂行するための基礎的な知識・技能を修得し、 問題発見・解決能力を身につけ、 科学的なコミュニケーション能力を有し、 科学 的探究心を身につけることとする。

(3)教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

低学年では大学への導入教育、人間形成のための教育、一般教養教育に加えて早期体験学習を履修し、高学年に向けて高度な専門科目が増えていくようにカリキュラムが編成されている。また、講義・基礎薬学実習を通じて研究の遂行に必要とされる知識・技能を身につけ、卒業研究等を通して問題発見・解決能力およびコミュニケーション能力を修得し、濃密な研究指導を通して科学的探究心が身につくようにカリキュラムが編成されている。