研 究

Research

基礎薬学分野

北里大学薬学部の基礎薬学分野の研究範囲は非常に幅広く、コンピュータを利用して薬を進化させる、微生物や植物などから薬のもとを探す、薬が効く仕組みを新薬開発や安全な使用方法に生かすなど、どれも医薬品開発と深く結びついているのが大きな特色です。

有機化学分野

医薬品化学教室
KEY WORD ▶ 分子触媒、省エネルギー、医薬品開発、環境調和型反応
教授 牧野一石
講師 山本大介嶋田修之
助教 腰塚正佳

牧野一石教授

牧野一石 教授

環境にやさしい、医薬品の化学的合成法の開発をめざして。

物質を安全に効率的に化学合成する技術は、現代の医薬品開発に欠かせない技術。私たちは有機金属錯体や有機分子を利用した人工酵素である「分子触媒」の開発で、従来は難しかった物質や医薬品をより簡単な方法で合成し、大量供給を目指します。しかもこれは省資源・省エネルギーな環境調和型の合成技術なのです。

薬品製造化学教室
KEY WORD ▶ 微生物・植物、有機合成、天然有機化合物、創薬
教授 長光亨
准教授 大多和正樹
助教 有馬志保

長光亨教授

長光亨 教授

有機合成の力で、天然有機化合物の強みを引き出す。

微生物や植物などから採れる天然の有機化合物を薬として使うには、効き目の弱さ、副作用の可能性といった「弱み」の克服が課題。この研究室では医薬品になる可能性を秘めた天然有機化合物の全合成を行い、さらに「弱み」を解消する改良を加えます。こうした創薬と深く結びついた化学合成の研究は薬学部ならでは。

生命薬化学教室
KEY WORD ▶ 創薬、鎮痛薬開発、受容体、コラボレーション研究
教授 藤井秀明
准教授 伊藤謙之介
助教 平山重人唐木文霞水口貴章

藤井秀明教授

藤井秀明 教授

薬の受容体における複雑な作用を解明し創薬の研究手法を新たなレベルに。

薬の作用する相手=「受容体」は、ON-OFFのように単純ではなく、もっと複雑に作用していると考えられています。例えば、モルヒネとオピオイド受容体の関係を詳しく調べれば、新たな鎮痛薬開発の可能性も考えられます。私たちは生物系研究室と協力し、新たな角度からオピオイド受容体の研究を進めています。

創薬情報科学分野

創薬物理化学教室
KEY WORD ▶ 医薬品開発、ドラッグデザイン、企業と共同研究、コンピュータ
教授 田中信忠
講師 山乙教之
助教 中込泉吉田智喜小澤新一郎

コンピュータを使い、薬のもとになる分子を短時間で論理的に設計する。

薬の候補物質は有効性を確認する初期段階で、有効なものは約1万種からその5%程度に激減。この手間のかかる部分をコンピュータ内でシミュレーションする「論理的ドラッグデザイン」を、当研究室では企業や学内外の研究機関と協力して研究。新しい医薬品開発の時間やコストの大幅な削減を目指します。

生物分子設計学教室
KEY WORD ▶ タンパク質の構造・機能、コンピュータ、バイオインフォマティクス、新規手法の開発
教授 志鷹真由子
助教 下山紘充清田泰臣

竹田−志鷹真由子教授

竹田−志鷹真由子 教授

生命現象を担うタンパク質の立体構造をコンピュータで解析する。

生命現象の主役であるタンパク質を詳しく知ることは、病気のメカニズムなどの理解に役立ちます。私たちはゲノム情報も含めたタンパク質構造情報を生命・創薬科学分野で活用するため、コンピュータを用いた新しい計算科学的手法を開発し、実験では観察しにくい現象を解析・予測するなど、次世代創薬に貢献します。

薬理・薬物学分野

薬理学教室
KEY WORD ▶ 慢性疼痛、シナプス、痛みの抑制、神経シグナル
教授 田辺光男
講師 内藤康仁岩井孝志
助教 渡辺俊尾山実砂

田辺光男教授

田辺光男 教授

慢性疼痛をシナプスレベルで研究して新規治療薬を目指す。

痛みは身体の異常を知らせるシグナルとなる一方で、神経などが傷ついたことで、治癒した後も痛む場合もあります。私はそうした病的な痛みを伝える神経シグナルをシナプス伝達レベルで研究。他の神経系疾患で使われる薬の転用も視野に、過剰なシグナルの制御などを通じ、痛みを抑制する薬の開発を目指します。

分子薬理学教室
KEY WORD ▶ 網膜、血管維持、血管形成、失明回避
教授 中原努
助教 浅野大樹森田茜

中原努教授.

中原努 教授

薬の効き方を知る薬理学の視点から生命のメカニズムを探り、創薬へ応用する。

薬の作用を知る薬理学は、生命現象から創薬まで幅広く関わる興味深い分野です。その中でも私たちは網膜の血管に注目して、血管が形成されて維持されるメカニズムを研究しています。新たに分かった血管維持のメカニズムから、網膜の血管が障害されて失明する事態を回避できる、新薬が開発できるかもしれません。

生薬学教室
KEY WORD ▶ 漢方薬、薬用ハーブ、アロマセラピー 、機能性食品
教授 小林義典
講師 白畑辰弥
助教 中森俊輔黄雪丹小西成樹

小林義典教授

小林義典 教授

薬用植物の品質や薬効を科学的に解明して、漢方や予防医学に役立てる。

東洋の漢方薬や中医薬、西洋の植物療法、アロマセラピーなどで利用される薬用植物を対象に、東洋医学総合研究所と協力して、化学成分の網羅的解析や薬効評価研究を行います。数千年前から植物を健康維持に使ってきた人類の知恵を、医薬品や機能性食品に上手に活用したいですね。

薬剤・分析学分野

薬剤学教室
KEY WORD ▶ 薬の吸収率、試験管モデル、小腸、マウス実験
教授 伊藤智夫
講師 奈良輪知也
助教 高野修平

伊藤智夫教授

伊藤智夫 教授

薬物の体内動態を予測して新薬開発と臨床使用に役立てる。

飲んだ薬は全身循環に入る前に、小腸や肝臓で一定量が代謝されます。そうした薬の吸収率をテーマに、私たちは試験管内の実験データから人体での吸収率を予測する研究、複数の薬を飲んだときの相互作用を予測する研究、マウスへの投与試験からヒトでの薬物動態を予測する研究などを行っています。

生体分子解析学教室
KEY WORD ▶ 革新的医薬品、脂質小胞、ドラッグデリバリー、D型アミノ酸
教授 加藤くみ子
准教授 片根真澄
助教 関根正恵斉藤康昭宮本哲也

加藤くみ子教授

加藤くみ子 教授

性質や機能が十分に分かっていない生体物質を分析し、得られた知見を創薬につなげる。

生体内には、性質や体内での働きがまだ十分に分かっていない物質がたくさん存在しています。例えば、タンパク質や核酸を介した細胞間情報伝達に関与する脂質小胞や老化等に関与するD型アミノ酸などです。当教室では、これらの性質や体内での動き・働きを分析しています。得られた知見は創薬に役立つと期待されます。

衛生薬学分野

衛生化学教室
KEY WORD ▶ 活性酸素、ビタミンE、抗酸化酵素、心不全
教授 今井浩孝
講師 熊谷剛
助教 幸村知子松岡正城

今井浩孝教授

今井浩孝 教授

生命維持からさまざまな病気にも関係する抗酸化酵素の役割を解明し、治療薬開発へ。

衛生化学は病気から生命を衛(まもる)仕組みを研究する分野。私たちのターゲットは活性酸素を消去し、生命を防衛する「抗酸化酵素」です。最近では細胞膜の主成分であるリン脂質の酸化が心不全や肝臓障害、男性不妊の原因になると解明。今後はその治療薬の開発、効果的な食材による予防法の開発も検討中です。

公衆衛生学教室
KEY WORD ▶ 予防医学、メチル水銀、細胞毒性学、浄化植物
教授 清野正子
准教授 高根沢康一
講師 浦口晋平
助教 中村亮介大城有香

清野正子教授

清野正子 教授

予防医学の観点からメチル水銀等有害重金属から身を守るサイエンスに従事。

公衆衛生学は人々の健康を守り、病気を未然に防ぐ「予防医学」に貢献する学問。この研究室では環境中のメチル水銀等が健康に及ぼす影響を細胞・動物レベルで調べると共に、それらを遺伝子組換え植物や微生物で環境から除去し、浄化する技術を開発しています。

生化学・微生物学分野

微生物学教室
KEY WORD ▶ 感染症、病原性、細菌、プロバイオティクス
教授 岡田信彦
講師 羽田健三木剛志
助教 伊藤雅洋須藤直樹

岡田信彦教授

岡田信彦 教授

細菌の「個性」を、薬の開発や感染予防に役立てる。

感染症の原因となる細菌の病原因子は、細菌が宿主に感染する過程で分泌されるタンパク質。私たちはこれらが持つ「細胞に接着する」「細胞膜を破る」などの「個性」を生かし、創薬まで視野に入れた感染症の予防・治療を研究中。さらに乳酸菌によるプロバイオティクス(人の健康に役立つ細菌)にも積極的に取り組んでいます。

微生物薬品製造学教室
KEY WORD ▶ 微生物資源、生活習慣病、創薬、感染症
講師 小山信裕
助教 大手聡小林啓介細田莞爾

微生物が作り出す機能分子から創薬へ。生活習慣病や感染症などの新薬開発にも貢献。

私たちは、微生物が生産する物質から新しい有用な機能分子をみつけ、その働きを調べています。現在、動脈硬化、脂肪肝、肥満、結核、多剤耐性菌、がんや骨などに関する創薬研究が進行中です。新しい医薬品開発をみすえた我々の微生物資源からの創薬研究は、研究者だけでなく薬剤師を目指す人にも大いに役立つと思います。

生化学教室
KEY WORD ▶ 細胞増殖、エピジェネティクス、遺伝子発現制御、シグナル伝達
教授 奥脇暢
講師 柴垣芳夫飯田直幸
助教 齋藤祥子

奥脇暢教授

奥脇暢 教授

遺伝子発現制御機構を分子レベルで理解し、疾患の原因解明と治療薬の開発に貢献。

遺伝子発現の異常は、多くの疾患の原因となります。本研究室では遺伝子発現制御の分子機構を、生化学、分子生物学、細胞生物学の手法を用いて研究しています。がん、炎症性疾患、ウイルス感染症などの原因解明と治療薬開発につながることを期待しています。

附属施設

薬学部附属薬用植物園
KEY WORD ▶ 生薬の基原植物、二次代謝成分、生育習性、遺伝子型
園長 小林義典
准教授 古平栄一
助教 石川寛

古平栄一准教授

古平栄一 准教授

生薬の国内での安定生産を目指して基原植物の研究や改良に取り組む。

漢方薬の原料となる生薬のほとんどは海外からの輸入に頼っていますが、資源の枯渇などにより価格が高騰しつつあります。高品質な生薬を国内で安定的に生産することを目指して、私たちは各種生薬の基原植物の生育習性を明らかにするとともに、二次代謝成分を指標とした品質評価、遺伝子型の解明による優良系統の作出に努めています。

医薬研究施設
施設長 牧野一石
助教 長井賢一郎
臨床薬学研究・教育センター
センター長 厚田幸一郎 
専任教員(助教) 向井潤一

関連施設

放射性同位元素研究室
KEY WORD ▶ 紫外線、光老化、免疫力、がん
室長 岡田信彦
講師 坂本光
助教 髙瀬 ひろか

坂本光講師

坂本 光 講師

免疫機能を変える放射線の働きを探り、病気の治療に役立てる。

紫外線は皮膚の免疫機能を変化させ、シミやしわ、がん、アレルギー症状などを起こすことがあります。私たちは皮膚細胞を紫外線に晒し、紫外線がどのように免疫力を変化させるかを調べています。私たちの研究成果が日光や紫外線による病気の治療、紫外線を用いた新たな治療法の開発に役立つことを期待しています。

化学系共有機器室
室長 岡田信彦
助教 佐藤倫子長井賢一郎
生物系共有機器室
室長 岡田信彦
実験動物施設

寄付講座

健康長寿ゲノム講座
特任教授 岡田典弘
薬剤師地域連携講座
助教 婦川貴博