研 究

Research

臨床薬学研究・教育センター

附属病院の薬剤師や医師など医療現場の専門家を中心に、学部での実践的な講義・実習、病院・薬局での実務実習を担う臨床薬学研究・教育センター。また中毒事故への対応、医薬品開発に必要な統計や臨床試験など、薬剤師の知識を生かした幅広い研究も行います。

臨床薬学(大講座)

薬物治療学Ⅰ(北里大学病院)
KEY WORD ▶ 病院薬剤師、チーム医療、病院実務実習、臨床研究
教授 厚田幸一郎 北里大学病院薬剤部長
准教授 菅原充広
講師 毛利順一
助教 春日井公美東山倫子堀井剛史川野千尋飛田夕紀赤嶺ちか江

厚田幸一郎 教授

厚田幸一郎 教授

新北里大学病院の環境を最大限に生かした診療、教育、研究を実践。

薬物治療学Ⅰは大学病院薬剤部の一員として薬物療法の安全確保と質の向上に努める一方、教育面では全病棟に学生実習室が完備された環境のもとで質の高い実務実習を支援し、チーム医療に必要な実務に役立つ教育を行っています。さらに研究面では医師や基礎薬学と連携した臨床研究に積極的に取り組んでいます。

KEY WORD ▶ サテライトファーマシー、チーム医療、専門薬剤師、病院実務実習
教授 松原肇 北里大学北里研究所病院薬剤部長
講師 井上岳
助教 井口智恵藤尾(伊藤)千裕宮下博幸

松原肇教授

松原肇 教授

チーム医療を通じた、生きた薬学教育・研究の実践。

北里研究所病院は本学の医療薬学に関する実習と教育、研究で重要な役割を担い、病棟ごとに病棟専任薬剤師を常駐させ、がん化学療法など専門薬剤師育成を支援するなど、チーム医療と病棟業務の推進・質の向上を図っています。こうした薬学の最先端を目指す北里研究所病院での病院実習は、とても貴重な経験になるでしょう。

薬物治療学Ⅳ(北里大学メディカルセンター)
KEY WORD ▶ 病院薬剤師、安全・安心な薬物治療、臨床教育、臨床研究
教授 尾鳥勝也 北里大学メディカルセンター薬剤部長
講師 渋谷清青木学一
助教 塩見めぐみ安藤航

尾鳥勝也教授

尾鳥勝也 教授

良質かつ安全・安心な薬物治療の提供を目指し、診療・教育・研究を実践

メディカルセンターでは『個々の患者に適した良質かつ安全・安心な薬物治療の提供』を目指し、日々業務を実践。薬物治療学Ⅳは病院内に拠点をおき、病院薬剤師業務を兼務し、薬剤師の視点から教育に当たっています。さらに基礎薬学と医療薬学の両面より医療現場の問題解決を目指した研究にも取り組んでいます。

医療安全管理学
KEY WORD ▶ 医療事故、薬物治療、有害事象、安全管理
教授 平山武司 北里大学病院薬剤部副部長
        (薬物治療学Ⅰ兼務)

hirayama

平山武司 教授

医療事故、有害事象などから医療安全を科学し、安全・安心な医療に貢献する

国民の医療安全への関心が高まる中、2020年に誕生した新しい教室です。相模原キャンパスにある北里大学病院を拠点として、大学病院での入院・外来診療に加え、地域医療、在宅医療を含めた医療全般の安全管理について、現場と連携した教育、研究、実戦に取り組んでいます。

地域医療薬学
KEY WORD ▶ 薬局薬剤師、薬局実務実習、地域医療、チーム医療
教授 吉山友二
講師 川上美好
助教 園部尭仁上田祥貴

吉山友二教授

吉山友二 教授

かかりつけ薬剤師として、地域医療・在宅医療に取り組む。

医療技術の進歩や医薬分業の仕組みにより訪れた「医療がコミュニティに戻る時代」。保険薬局学では、地域医療・在宅医療で重要度を増す薬局薬剤師に関する実習などを通じて、薬局における医薬品の適正使用と患者さんのケアを実践します。さらに、保険薬局と病院薬局との連携に関する調査・研究を行い、さらなるチーム医療の充実に取り組んでいます。

臨床薬学研究部門
KEY WORD ▶ 生活習慣病、活性酸素、トランスレーショナルリサーチ、有毒物質
講師:熊谷剛

熊谷剛

熊谷剛 講師

基礎研究の成果を臨床薬学に活かす。
トランスレーショナルリサーチの実践を目指す。

活性酸素は、糖尿病をはじめとした生活習慣病の発症や悪化、あるいは有毒物質の毒性発現の要因となることが知られています。この部門では、様々な病気の発症機構や有毒物質の毒性発現における活性酸素の役割を解明し、基礎研究での成果を新たな薬物治療法の開発などへ発展させる研究を目指しています。

臨床薬学教育部門
KEY WORD ▶ 実務実習事前学習、教育体制、臨床基礎教育、臨床薬学研究
教授 久保田理恵
講師 向井潤一(兼務)
助教 山田路子吉野祐梨佳岡村 央

久保田理恵 教授

久保田理恵 教授

本学の教育体制を生かした質の高い臨床基礎教育を。

本学は臨床での実務を兼務する教員が多く、隣接する医療現場を活用した教育が可能。本研究室ではその強みを生かし、臨床現場を反映した効果的・効率的な教育方法を検討し、質の高い薬学教育体制の確立を目指します。これまでの臨床経験をもとに臨床薬学に関わる様々な問題点の研究も行っています。

臨床薬剤疫学
KEY WORD ▶ 臨床研究 薬剤疫学 医療情報 薬物療法
講師 前田実花

前田実花

前田実花 講師 

医療現場で積み上げられた医療情報を源泉に、患者の視点から必要となる薬物療法の有用性、安全性、経済性に関するエビデンスを届ける。

薬剤疫学(pharmacoepidemiology)は、社会の要望に応えながら発展を続けてきた学問・研究領域で、臨床薬理学(clinical pharmacology)と疫学(epidemiology)を繋ぐ「橋渡しのサイエンス」とも呼ばれています。この研究室では、医療現場における薬物療法の課題や疑問に向き合い、医療情報を利活用した薬剤疫学研究を中心に、より良い薬物療法のあり方を研究します。

薬物動態学
KEY WORD ▶体内動態、TDM、人工知能、薬物濃度測定
准教授 小林昌宏
助教 友田吉則

小林昌宏

小林昌宏 准教授

薬物動態学を基盤に最適な薬物治療を指向する
― サイエンスとヒューマニズムの融合 -

投与された薬物の体内の動きを、時間の推移とともに定量的に表現するのが薬物動態学です。医療現場では、治療薬物モニタリング(TDM:Therapeutic drug monitoring)を通じて、患者さんごとに最適な薬物の投与方法を考えます。社会に貢献する実務、教育、研究を、サイエンスとヒューマニズムの両面から目指します。

医薬品情報学
KEY WORD ▶ ネット、医療の安全、医薬品情報の評価、薬物療法の適正化
講師 岩澤真紀子

岩澤真紀子講師

岩澤真紀子 講師

大学病院の環境を活かし、医薬品情報の適正使用による薬物療法の適正化、医療安全の推進を。

ネットの普及で、正確・不正確を問わず多様な医薬品情報が容易に入手できる今、医薬品情報の適正評価で薬物療法に貢献できる薬剤師の育成が急務です。当講座は北里大学病院内が拠点という環境を活かし、医薬品情報の適正使用による業務効率化、医療安全の推進、薬物療法の適正化などを目指して研究しています。

臨床医学(大講座)

臨床統計学
KEY WORD ▶ 臨床試験、国際基準、新薬開発、品質管理
助教 道前洋史牛渡愛

医薬品の開発に欠かせない臨床試験の“ 品質管理”。

新薬開発などに関わる臨床試験の結果を適切に評価するのが臨床統計。臨床試験は統計学のほか病気や薬物治療の専門知識も必要なため、臨床統計は薬学部の内容を大いに生かせる分野です。この研究室では日本での臨床試験の質・スピードが国際基準に適合するよう、適切な“品質管理”の研究と実践を進めています。

医薬開発学
KEY WORD ▶ 臨床試験、市販後安全対策、開発戦略、レギュレーション
教授 成川衛

成川衛教授

成川衛 教授

グローバルに行われる新薬開発に合わせた、世界基準の臨床試験を。

新薬が世に出るまでには多くの関門があり、中でも臨床試験は非常に重要な部分。近年は世界各地で同時に臨床試験を行う開発手法が増えています。世界のレギュレーション(規則)の動向をとらえた新薬の国際的な開発戦略と市販後安全対策のあり方を研究します。

生体制御学
KEY WORD ▶ 炎症の伝達、活性酸素、肺炎、薬の適応拡大
教授 鈴木雄介 
講師 喜来望(兼務)
助教 小林義和

鈴木雄介

鈴木雄介 教授

炎症メカニズムの解明をもとに、安全性の高い治療薬を検討。

この部門は生体内の情報伝達がテーマ。特に私は肺をターゲットに細胞レベルでの炎症の伝わり方を研究しています。肺炎は活性酸素が発症に深く関わるため、活性酸素の働きを抑える薬なら違う病気の治療薬であっても、肺炎に効く可能性は大いにあります。今後はそのような適応拡大の検証にも取り組みたいですね。