産官学連携,共同研究,研究成果,委託研究

北里大学研究支援センター

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 公的研究費等の管理運営
  • 講座情報
  • 助成制度
  • 産学連携・知的資産
  • 委員会等

EBMセンター

トップ 研究・産官学連携 研究室・講座情報 東洋医学総合研究所EBMセンター

東洋医学総合研究所

臨床試験部門 EBMセンター

担当教員

〔部 長〕 小田口 浩(兼任)  〔室長〕 若杉安希乃
〔上級研究員〕関根麻理子

研究分野の概要

EBMセンターの研究目的は,漢方医学におけるEBM実践に関わる諸問題を解決することにある。中心となるのはレベルの高いEvidenceの創出である。このため,種々の比較介入試験や前向き観察研究を企画実施している。
漢方医学に適した臨床研究デザインの開発,漢方医学領域におけるEvidence情報の集積,漢方医学関係者のEBMに対する理解を深めるための活動,漢方医学関係者の臨床研究倫理基準に対する理解を深めるための活動も実施している。

講座重点研究等主な研究課題

【講座重点研究等】

    1) 漢方医学的所見の診断,予後判定機能を検証する横断,コホート研究(文部科学省科学研究費・挑戦的萌芽研究)
    2) メタボリック症候群に対する漢方薬防風通聖散の臨床的有用性を検討する臨床試験
    3) 漢方薬の有用性を検証する臨床試験
    4) 随証治療の効果を客観的に評価する研究
    5) 鍼の有用性を検証する臨床試験

【学内共同研究】

    1) 患者血清中の蛋白及びペプチド発現に及ぼす「香蘇散」の効果を検討する予備試験(生命科学研究所・理学部)