北里大学感染制御研究機構

北里大学感染制御研究機構

  • トップ
  • 感染制御研究機構
  • 教育プログラム
  • ワクチン開発研究
  • 感染症研究
  • 創薬研究

病院感染制御担当者育成講習会

トップ 教育プログラム病院感染制御担当者育成講習会


☆☆☆☆☆ 大村 智特別栄誉教授 ノーベル生理学医学賞受賞 ☆☆☆☆☆

   病院感染制御担当者育成講習会は、ノーベル生理学医学賞を受賞した大村 智 特別栄誉教授がプロジェクトリーダーを務めた「教育研究高度化のための支援体制整備事業 『世界的感染制御教育研究拠点の強化整備事業』(文部科学省 研究拠点形成等補助金【平成21年度】)」で、感染制御研究機構釜石研究所と共に、初期の体制を整え基盤を確立しました。
   感染制御研究機構の体制と基盤整備にご尽力くださいました大村 智先生のノーベル生理学医学賞受賞を、心よりお慶び申し上げます。
   病院感染制御担当者育成講習会は、10,000人を超える受講された皆様に感謝すると共に、常に変化する感染症とその制御について、更に発展させていきたいと思います。

教育担当部門長からのご挨拶

  平成20年度から準備を始め、平成21年度より開催してまいりました 「病院感染制御担当者育成講習会」 は、2018年度で10年目を迎えました。
  平成21年度は6回(参加者 1,182人)、平成22年度は臨時講習会を含め8回(参加者 1,574人)、平成23年度は6回(参加者 1,314人)、平成24年度は6回(参加者 1,442人)、平成25年度は6回(参加者 1,556人)、平成26年度は6回(参加者 1,698人)、平成27年度は6回(参加者1,787人)、平成28年度は6回(参加者1,642人)、そして平成29年度は6回(参加者1,703人)、9年間で計56回(参加者総数 13,898人)の講習会を開催することができました。
今年度も会場の都合から、抽選で約300名の方を受講登録いたします。ぜひ、ご参加くださいますようお願いを申し上げます。

教育担当部門長 花木 秀明  

2018年度 病院感染制御担当者育成講習会

【 募集期間 】    2018年6月18日(月) 受付開始

【 受講登録 】    募集期間終了後、申込された方の中から、
               約300名を抽選でランダムに選び、受講登録いたします。

【 開催日程 】
     第1回     2018年 7月 28日(土) 
     第2回     2018年 8月 11日(土)  
     第3回     2018年 9月  1日(土)  
     第4回     2018年10月 13日(土)  
     第5回     2018年11月 17日(土) 
     第6回     2018年12月  1日(土)  

    北里大学白金キャンパスは、薬学部新校舎の建設のため、北里本館の取り壊し工事と関連工事を行っております。
   恐れ入りますが、誘導員の指示に従い工事箇所の迂回と、工事車両や足下に注意してお通りくださいますようお願いいたします。
   ※ お車での来場は、ご遠慮ください。
   ※ 都バス、東京メトロか都営地下鉄のご利用をお願いいたします。
    ≪ 白金キャンパス工事のお知らせ ≫ PDF [288KB]


開催の記録

   昨年度の病院感染制御担当者育成講習会で、9年間56回の開催となり、総計13,898名の方が受講されました。多くの方にお運び頂きましたこと、心より御礼申し上げます。
   医療における感染症と感染制御に関するこの講習会は、今後も引き続き実施したいと考えております。

【 講習会参加者数 】

年 度 1 2 3 4 5 6 7+臨時 平均
平成29年度 256 291 290 307 289 268 1,703 278
平成28年度 272 279 272 257 291 271 1,642 273
平成27年度 313 305 297 323 278 271 1,787 298
平成26年度 282 323 261 316 275 241 1,698 283
平成25年度 259 263 228 278 267 261 1,556 259
平成24年度 262 249 225 252 229 225 1,442 240
平成23年度 257 206 198 259 215 179 1,314 219
平成22年度 195 226 199 213 222 233 286 1,574 197
平成21年度 229 214 219 184 188 148 1,182 197

総計 13,898人     
 (推定) 平均 1,544人/年
 (臨時開催を除く 推定) 平均  242人/回

【 平成29年度講習会 講演テーマ 】

講 師 講演テーマ
第 1 回
( 7月 8日)
鈴木 克典
岡部 信彦
 地域連携で取り組む耐性菌対策
  感染症とワクチン
第 2 回
( 8月 5日)
高山 義浩
木村 利美
 在宅ケアにおける感染症と感染対策
  抗菌薬の体内濃度と効果の関係
第 3 回
( 9月 2日)
山岸 由佳
三鴨 廣繁
 コメディカルに期待する感染対策
  クロストリジウムを含む下痢感染症
第 4 回
(10月14日)
二本柳 伸
山元ひろみ
 感染制御にも必要な微生物検査のここがポイント!
  オムツ管理と汚物対策
第 5 回
(11月 4日)
残間由美子
舘田 一博

 感染制御における教育の重要性
  AMR対策アクションプラン
   −感染対策の視点で求められる行動−
第 6 回
(12月 2日)
藤木くに子
國島 広之
 看護師による消毒対象物と消毒方法
  感染制御の地域連携と感染対策

敬称略

【 平成28年度講習会 講演テーマ 】

講 師 講演テーマ
第 1 回
( 7月 9日)
矢野 邦夫

菅野 みゆき
 感染対策の重要ポイント
    〜CDCガイドラインより〜
  感染対策における看護師の役割
第 2 回
( 8月 6日)
八幡 裕一郎
加來 浩器
 アウトブレイク時の疫学調査のステップと実際例
  医療施設における実地疫学調査 〜気づきから介入まで〜
第 3 回
( 9月10日)
森兼 啓太
草地 信也
 SSIサーベイランス
  術後の感染対策
第 4 回
(10月 1日)
森下 幸子
舘田 一博
 在宅医療における感染対策
  ESBL、CREってなに?
第 5 回
(11月 5日)
山岸 由佳

三鴨 廣繁
 感染対策における環境整備の重要性
  MRSA感染症への対応 〜保菌者への対応も含めて〜
第 6 回
(12月 3日)
中山 哲夫
岡部 信彦
 職業感染症とワクチン
  感染症トピックス

敬称略

【 平成27年度講習会 講演テーマ 】

講 師 講演テーマ
第 1 回
( 7月11日)
堀   賢
袴谷 秀幸
 アウトブレーク対応の実際
  感染対策を考慮した病院建物設計と運用
第 2 回
( 8月 1日)
残間 由美子

照屋 勝治
 感染対策に関する職員教育
  −教えることは、学ぶこと−
  職員へ感染対策
第 3 回
( 9月 5日)
岡部 信彦
高山 陽子
 今後注目すべき感染症
  抗菌薬の適正使用のためのICT活動
第 4 回
(10月10日)
荒木 弥生
縣 智香子

 院内ラウンドの実際とそのポイント
  感染予防策のプロセスを計測する
−手指衛生・接触予防策の実施状況のモニタリングと介入−
第 5 回
(11月 7日)
鈴木 克典
舘田 一博
 院内感染と地域連携
  話題の耐性菌と効果的な感染対策・制御
第 6 回
(12月 5日)
藤永  聡
稲松 孝思
 医療機関における廃棄物処理について考える
  高齢者介護施設における感染制御

敬称略

【 平成26年度講習会 講演テーマ 】

講 師 講演テーマ
第 1 回
( 7月12日)
中山 哲夫
奥田 舜治
行武 俊行
袴谷 秀幸
 ワクチンによる院内感染コントロール
  隣接建物解体時の空調と感染対策
  環境感染対策はトイレから
     同  上
第 2 回
( 8月 9日)
草地 信也
市川 高夫
 周術期感染対策
  WHO手指衛生:5つの瞬間と教育・訓練法
第 3 回
( 9月13日)
矢野 邦夫
白石   正
 医療機関における感染制御の基本
  消毒薬の使用と管理
第 4 回
(10月11日)
松本 哲哉
大曲 貴夫
 院内感染関連微生物
  抗菌薬適正使用
第 5 回
(11月 1日)
平井 由児
平松 玉江
 医療器材関連感染
  院内感染対策に関する環境整備
第 6 回
(12月20日)
森井 大一
岡部 信彦
 院内・施設内感染関連法令
  新しい感染症の話題

敬称略

【 平成25年度講習会 講演テーマ 】

講 師 講演テーマ
第 1 回
( 7月13日)
中山 哲夫
片山 和彦
 ワクチンのメリットとデメリット−ワクチンと免疫−
  ノロウイルス感染
第 2 回
( 8月 3日)
松本 哲哉
小林   治
 院内感染関連微生物
  呼吸器系からの感染防御
第 3 回
( 9月 7日)
岡   慎一
國島 広之
 血液媒介感染対策
  院内感染ネットワーク
第 4 回
(10月12日)
樋口 ひとみ
大曲 貴夫
 院内感染関連微生物
  抗菌薬適正使用
第 5 回
(11月 2日)
二木 芳人
木村 利美
 真菌感染症の感染制御
  抗菌薬の使い方
第 6 回
(12月 7日)
金光 敬二
花木 秀明
 医療器材関連感染
  耐性菌の現状と対策

敬称略

【 平成24年度講習会 講演テーマ 】

講 師 講演テーマ
第 1 回
( 7月21日)
中山 哲夫
辻   明良
 世界・日本のワクチン事情 ワクチンの最近の話題
  洗浄・消毒・滅菌の基本と実際
第 2 回
( 8月11日)
石井 良和
岩田   敏
 感染症サーベイランス・微生物モニタリングの実際
  院内ラウンドの実際とそのポイント
第 3 回
( 9月 8日)
山岸 拓也
川名 明彦
 JANIS サーベイランスについて
  インフルエンザ感染対策 抗ウイルス薬の使用を含め
第 4 回
(10月 6日)
堀   誠治
長谷川 直樹
 抗菌薬の使い方 内動態を含め
  病院における結核対策
第 5 回
(11月 3日)
松本 千秋
田中 富士美
 アウトブレイクの対応の実際
  地域ネットワークの構築
第 6 回
(12月22日)
岡部 信彦
草地 信也
 感染対策における情報入手と活用
  周術期感染対策

敬称略

【 平成23年度講習会 講演テーマ 】

講 師 講演テーマ
第 1 回
( 7月 9日)
奥住 捷子
中山 哲夫
 細菌検査結果の読み方
  最近のワクチンの話題
第 2 回
( 8月 6日)
菅谷 憲夫
稲松 孝思
 これからのインフルエンザ対策,ワクチンと抗ウイルス薬
  老人施設での感染対策
第 3 回
( 9月17日)
大久保 憲
堀    賢
 感染対策 地域連携について
  オーディットツールを活用したICT活動
第 4 回
(10月 8日)
満田 年宏

大曲 貴夫
 感染予防のためのCDガイドラインの読み方
   −血管内留置カテーテル感染予防のガイドラインを中心に−
  抗菌薬 どう選び どう使う?
第 5 回
(11月19日)
満田 年宏

大曲 貴夫
 耐性菌の現状と対策
   −MDRP,MDRA,cMRSAを含めて−
  感染症の疫学調査
   −ケース・シミュレーションを通じて実地疫学調査を学ぶ−
第 6 回
( 2月18日)
小西 敏郎
大西 健児
 サーベイランスと感染対策
  腸管感染症と2次感染防止

敬称略

【 平成22年度講習会 講演テーマ 】

講 師 講演テーマ
第 1 回
 ( 6月19日)


加來 浩器

新井   智
 < 感染症の疫学調査 >
 - 災害医療の現場から院内感染対策まで -

  災害による感染症と国際協力
  感染症アウトブレイク時のICT活動と実地疫学調査
  災害と人獣共通感染症
第 2 回
( 7月24日)

中山 哲夫
多屋 馨子

庵原 俊昭
 < 院内感染とワクチン >
  ワクチンの効果と限界
  Vaccine preventable diseases (VPD) の
  サーベイランスと課題  −VPDの現状−
  院内感染予防とワクチン
第 3 回
( 8月 7日)
 

岡部 信彦
中川   聡
平田 泰良
廣津 伸夫

 < インフルエンザ >
 - 新型インフルエンザの基礎と感染対策 -

  新型インフルエンザ(パンデミックH1N1 2009)
  新型インフルエンザ(重症例への対応)
  北里大学病院における新型インフルエンザ対策
  インフルエンザウイルスの伝播
     −パンデミックにおける感染防御対策とその検証−
第 4 回
( 9月18日)

堀   誠治

木津 純子

堀   誠治
木津 純子
 < 抗菌薬の選択と使い方 - PK−PD理論と適正使用 - >
  PK−PDをふまえた抗菌薬の選択と投与法
       − 何が変わってきたか? −
  よりよい感染症治療をめざして
       − 何に注意したらよいか? −
  抗菌薬適正使用の実際
       − 事例をもとに考えましょう −
第 5 回
(10月16日)

岩田   敏
大西 健児
 < 腸管感染症 >
  ウイルス性腸管感染症と感染制御
  感染性腸炎と2次感染防止
第 6 回
(11月 6日)

満田 年宏

操   華子

森兼 啓太

 < 感染対策とガイドライン >
  カテーテル関連尿路感染予防のための
                   CDCガイドラインの要点
  感染予防と感染制御のためのガイドラインと
                   エビデンスの質的評価
  血管内留置カテーテル関連感染予防のための
                   CDCガイドラインの要点
第 7 回
(12月11日)


奥住 捷子
小栗 豊子
 < 細菌,真菌を中心とした微生物検査 >
 - 検体の採取・輸送・保存法,検査から結果の解釈まで -

  微生物検査のための検体の採取・輸送・保存法
  微生物検査の結果の解釈
臨 時
( 1月23日)

舘田 一博
石井 良和

 < 多剤耐性菌の対応と治療 >
  話題の耐性菌:オーバービュー
  耐性菌の検出と効果的な抗菌薬療法
  多剤耐性アシネトバクター、NDM1産生菌を含めて

敬称略

【 平成21年度講習会 講演テーマ 】

講 師 講演テーマ
第 1 回
 ( 8月 8日)
大久保 憲
草地 信也
 医療機関における感染制御
  周術期の感染対策
第 2 回
( 9月 5日)
清   哲朗
舘田 一博
辻   明良
 院内・施設内感染関連法令
  院内感染関連微生物
  洗浄・消毒・減菌の基本と実際
第 3 回
(10月17日)
吉田 正樹
松本 哲哉
 院内感染対策のシステム化
  抗菌薬適正使用と耐性菌感染症 (PK/PD, TDM)
第 4 回
(11月21日)
岡   慎一
川名 明彦
 血液媒介感染対策
  呼吸器感染対策
第 5 回
(12月12日)
岩田   敏
藤木 くに子
 ウイルス感染対策
  看護における感染対策
第 6 回
( 1月23日)
金光 敬二
稲松 孝思
 医療器材関連感染(カテーテル感染を含む)
  高齢者介護施設における感染管理

敬称略

問い合わせ先

北里大学 感染制御研究機構事務局

     病院感染制御担当者育成講習会 担当

〒108-8641 東京都港区白金五丁目9−1

  e-mail  kitaicd@kitasato-u.ac.jp

  Fax    03-5791-6132

お取扱時間  平日  9:00〜17:00

※ 祝日、大学行事関係の休日及び記念日、
   夏期・冬季休業中は、お取扱はできません。