北里大学感染制御研究機構

北里大学感染制御研究機構

  • トップ
  • 感染制御研究機構
  • 教育プログラム
  • ワクチン開発研究
  • 感染症研究
  • 創薬研究

創薬研究プロジェクト

トップ 創薬研究創薬研究プロジェクト

研究部門 : 研究プロジェクト

  感染症克服に関する研究は、総合的な視野に立ち基礎研究と臨床研究を有機的に連携させ、総合的に推進する必要があります。 さらに、その研究成果を産学連携により、ワクチン開発や抗感染症薬の開発に結びつけなければなりません。

  感染制御研究機構では、本学研究科・学部、附置研究所の学内共同と産学連携により、「ワクチン開発」と「創薬開発」の研究プロジェクトを展開しています。

 

創薬開発プロジェクト

  土壌などからの陸生微生物、海洋由来の水生微生物、和漢薬物などの植物などから生物活性物質の探索・構造解析、有機合成・最適化研究を行い、抗生物質や生活習慣病治療薬などの医薬品、診断薬、保健機能食品、農薬、試薬などの開発研究を推進しています。

  土壌などからの微生物約50,000株、和漢薬物などの植物や海洋由来の微生物などから生物活性物質の探索・構造解析、有機合成・最適化研究を行い、抗生物質などの抗感染症薬や生活習慣病治療薬などの創薬開発研究を展開しています。

  また、陸生微生物株約50,000株、海洋由来の微生物株約50,000株の微生物情報、微生物代謝産物を中心とした既知化合物データを統合したデータベース構築を推進しています。

  岩手県、釜石市の協力を得て、海洋バイオテクノロジー釜石研究所が保有する国内外の海洋微生物及び国内陸生生物由来微生物約25,000株を中心に、生物活性物質の探索、保健機能食品への応用、海藻類増殖促進剤等を含めた創薬開発研究を展開しています。