北里大学感染制御研究機構

北里大学感染制御研究機構

  • トップ
  • 感染制御研究機構
  • 教育プログラム
  • ワクチン開発研究
  • 感染症研究
  • 創薬研究

ワクチン開発研究

トップ ワクチン開発研究

ワクチン開発部門

北里大学感染制御研究機構(以下、「本機構」という。)は、学内横断型の研究拠点として、本学の特色である感染症とその関連領域における教育研究を高度化し、国内外の学術研究機関との競争力を高めること、また「感染症の征圧」と「社会貢献」をキーワードに、新たなイノベーション創成を目標として実用化に向けた産官学における連携強化の推進を目指してきた。特に、感染症予防・治療ワクチンに関しては、感染制御研究の中核として新たな研究のタネ(ワクチンシーズ)や研究技術における本学独自の成果を積極的に掘り起こし、次世代の研究シーズとして実用化に向けた研究展開を支援すべき課題と位置づけている。
  このような趣旨に基づき、各年度研究期間において、新たな「ワクチンのシーズ」に係る研究課題を募集し、採択された課題の研究支援を行うため、研究費の助成を行い、個々の研究成果の進展に応じて、知的財産権の取得に係る課題解決や産官学連携等についても併せて支援する。